第001回
『Fate』の感想

本日より更新を開始します。内容は日々のゲームプレイを日誌風にタラタラと書いていこうかと。ヘタレ絵付き。更新頻度はだいたい1週間に3回ぐらいが目安です。どうぞよろしく。

さて、今現在プレイしているゲームはありません。やりたいゲームはもちろんあるのですが、とあるゲームをクリアしたばかりで、その余韻に浸っていると言った所です。そのゲームとはTYPE−MOONが商業参入1発目に出した『Fate/stay night』。もともと同人時代から『月姫』等で有名を馳せていましたから、ファンにとっても今作に対する期待は大きかったと思うのですが、その期待を裏切らない素晴らしい完成度でした。特にCG等のデザインからシステム回りまで、『月姫』とは比べ物にならないほどクオリティがアップしていました。剣戟の表現の仕方など実に秀逸。

ただ、ストーリーがちょっと散漫な印象でした。全体的なバランスが取れていないと言いますか、ぶっちゃけ桜シナリオの存在が浮いてるように感じられるのです。もちろん聖杯戦争の明確化と言う意味で無くてはならないシナリオだったとは思いますが、他のヒロインのシナリオに比べると燃える展開はありませんし内容も地味。加えて、それを引っ張るべきヒロインである”桜”というキャラにほとんど魅力が感じられないのです。物語中盤移行、彼女の裏面にある利己的且つ排他的な性格をかなりしつこくプレイヤーに植えつけてくるので、悲劇的な面がほとんど生かされずに、感情移入し辛い結果になってしまいました。ここまで汚れ役に徹するキャラも珍しい。エンディングも少々取って付けた様なご都合主義っぽい終わり方をしていて、大団円と呼ぶにはあまりにお粗末という気もしましたし。なまじ他のシナリオが勧善懲悪的な分かりやすい話であっただけに、それらと同列に配されたおかげで話以上に印象を悪くしてしまったのは、全体の出来から見ても実に勿体無い部分でしたね。個人的にはクリア順が固定だったのも疑問。

1発目更新で描いたイラスト(下)は、この作品のヒロインの1人である遠坂凛嬢です。購入前はとにかく一押しキャラでした。前作『月姫』でも遠野秋葉にダントツで萌えまくった人間としては、印象が非常に近しい遠坂凛に萌えるであろうと予想するのは自然な事。そしてその予想通り、素晴らしいシナリオのおかげもあってかなり萌え転がったのですが、1番ではありませんでした。そう、筆者がこの作品で一番好感を持ったのはセイバーでした。理由は極めて単純。セイバーのラストがハッピーエンドではなかったからです。人によってはアレをハッピーと断言する人もいるでしょう。確かに綺麗な終わり方ではありましたから。ただ、それでもダダっ子のように申し上げれば、2人の幸せなシーンが見たかったと思うのです。桜シナリオが終わって大団円を見た後も、その事だけが心に残ってました。逆に遠坂凛の話は誰が見ても明らかな程、大ハッピーエンドでした。もう大満足でした。故に、筆者の中では”終わっている”のです。完結してしまっている。なもので、今『Fate』というゲームが終わって、余韻に浸っている間に考える事と言ったら、セイバーの事のみ。そして、ファンディスクをTYPE−MOONが作ってくれて且つ、その中にセイバーGOODがあるのを祈る事のみ。そういう意味では『月姫』で悲しい終わり方をし、『歌月十夜』で補完された遠野秋葉を『月姫』の中で1番に選んだのは、筆者にとって必然だったのかなぁと思わないでもありません。とにかくTYPE−MOONさん、FDお願い。

【 2004/03/06 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)