第002回
エロゲーに関して、その1

HPを立ち上げてからジオにカテゴリ登録したのですが、カテゴリ自体があまり細分化されていない為、結局”テレビゲーム”の欄に登録しました。にもかかわらず、いきなりエロゲーネタもないだろうって気もしますが、メインでプレイしているPS2が故障中なので仕方無し。当分プレイプライオリティもPCが上になっている感じです。

そんな訳で、計らずもエロゲープレイに邁進している昨今なのですが、元々はエロゲーは好きではありませんでした。第一、値段が高い。内容も大半のソフトはあからさまに即物的でゲーム性も皆無ですから、プレイ時間を考慮に入れれば消費者側からするとコストパフォーマンスが悪過ぎるのです。これを買うお金があったら、普通はコンシューマソフトの方を買いますよ。中古なら3本ぐらいは買えますし。エロ目的でもエロビデオレンタルしてくれば安く済みますしね。

ところがそんなエロゲー軽視論を打破するソフトが現れました。ギャルゲーファンなら誰もがご存知であろう『To Heart』です。このソフトの情報を最初に知ったのがPSへの移植が決定した時だったのですが、キャラを一目見て瞬時に「プレイしてみたい」と思いましたね。それぐらい当時の水無月氏の絵は魅力的でした。気になっていろいろと調べてみると、元のソフトがエロゲーである事が分かりました。やはり最初は上記理由で買うのを躊躇しましたし、移植が決定しているのですからPSで発売されるまで待てば良かったのですが、それでもどうしてもプレイしたいという気持ちに抗う事が出来ず、情報入手から2、3日後には購入に至っていました。因みに初エロゲー購入です。

買って良かった。とにかく面白かった。なによりストーリーに重点を置いて作られており、エロゲーの冠が付いている割にエロが恋愛の延長上として最低限付与されている程度だった事に好感が持てました。俗な言い方ですが、萌えました。後にPS版もやりましたが、極論すればエロはいらんのですよ、話が面白ければ。ただし、”萌え”を追求しようと思えば、ライトではあれ恋愛込みのHシーンは必要だなぁと考えるようになりましたね。この作品に保科智子というキャラが登場するのですが、この娘の良さを知ろうと思ったらPS版じゃ物足りないのです。あのHシーンが無ければ! く〜たまらん

ちょっと壊れてきたので、続きは次回に。今回のイラストは『Fate』のイリヤお嬢様です。某所で鬱SSを読んで気分どん底状態で描いたので、ちょっと暗め。確かにイリヤシナリオがあったとしても、あまり明るいハッピーにはならなかったのかもなぁ・・・。

【 2004/03/09 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)