第003回
エロゲーに関して、その2

前回の続きから。『To Heart』にハマってエロゲーに関して好感を持ち始めた筆者が次に購入したのが、同メーカーが過去に出した『痕』というゲーム。当時から名作と謳われていましたし、『To Heart』と同じ高橋&水無月コンビが製作に参加していたというのも購入の決め手でした。プレイして戦慄を覚えました。とんでもなく面白かったのです、『To Heart』を軽く陵駕する程に。

なにより面白かったのがシナリオです。この作品にはほとんど萌えはありません。逆に猟奇猟辱表現がバンバン飛び出す、かなりダークな内容になっています。個人的にこういう作風には嫌悪感を覚える方なので、パッケージを見た時から「途中でプレイを中止するかもしれないなぁ」と思っていたのですが、気付いてみればエンディングまで一気にクリアしていました。とにかく設定が凄い。プレイヤーを物語に惹きこむこの強烈な牽引力には、もう脱帽する他ありません。物語の奥に潜む謎が4人のヒロインのストーリーの中に巧みに織り込まれていて、その謎を追う内にいつのまにやら『痕』の世界にどっぷり浸っている感じでした。その謎も伝承モノやらSF系統まで、よくもまぁこんなに沢山の要素を1つの作品に詰め込んだものだと呆れるばかりのスケールのでかさ。それでもほとんど矛盾点がなく、ただただプレイヤーを魅了する為の要素の1つになっているのですから恐れ入ります。もちろん、物語を語る上では最重要の要素であるヒロイン4姉妹も、実に魅力的なキャラに仕上がっています(個人的に長女の柏木千鶴は今でも筆者の中で最強最萌キャラです)。確かに先ほど言った”猟奇猟辱”や”死”と言うものがヒロインの身に降りかかる事があるのですが、基本的にはバッドルートでのみ、その要素が絡んでくるといった感じで、ヒロインを必要以上に穢していないのには好感が持てました。説得力のあるストーリー展開のおかげもあって、嫌悪感を突き抜けて納得している自分がいましたし。まぁ、梓はちょっと貧乏クジを引いた印象ではありましたが・・・。

この『痕』プレイで強く感じたのは、エロゲーの可能性です。まず間違いなく『痕』はその作風故にコンシューマに移植される事はないでしょう。それだけにこの18禁にのみ許される表現の幅の広さは、ゲームの面白さを引き立たせる一つの”武器”に成り得ると言う事が良く分かりましたね。ただ、この幅の広さが逆にエロゲー製作の上での難しさに直結しているとも言えます。大半のエロゲー作品が即物的且つ画一なのも、結局はその難しさ故に妥協点を低めに見積もってしまう、エロゲー製作者の限界を如実に表しているような気がしてなりません。もしかしたら、コンシューマよりもシナリオ部分ではより有能な人材が必要なジャンルなのかもしれませんね。それこそ直木賞とか取ってしまうぐらいの。かなり前ですが、『家族計画』という作品をやりました。素晴らしい作品でした。恥ずかしい話、感動のあまり鼻水出しながら泣きました。恐らく、この作品もコンシューマには移植されないでしょう。そしてそれがやはりこのジャンルの強みなのですね。これを書く程の高いレベルのシナリオライターがもっともっと増えたら、現状よりも魅力ある市場に成り得る(且つゲーム業界全体の底上げにも繋がる)と思うのですが、どうでしょう?

次回は最近プレイしたエロゲーについての感想なんかを一発。しかし、いつまでエロゲーネタを引っ張る気なんだろう・・・。

イラストは『痕』のヒロインの一人、柏木初音ちゃんです。もちろん反転しています。いや〜、あの「嘘つけ、このアマぁ!ジャンプして見ろぉ〜!」は名言ですよね?

【 2004/03/12 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)