第010回
楽しんだ者の勝ち

現在『式神の城II』で七転八倒している筆者ですが、期同じくして4月から『絢爛舞踏祭』というアニメが始まったり、同名のゲームが発売予定だったりで、本年はアルファ・システムサーガが一盛り上がりしそうな予感。筆者も久しくこの世界と乖離していたので、ちょっとした復習の意味も込めて、これまでのアルファ作品に関して、媒体単位で(その資料性の有無も絡めて)特集してみようと思います。実は筆者も深い部分まではよく分かりませんで、突っ込みどころ満載かもしれません。

☆ゲーム

幻世虚構精霊機導弾

アルファ・システムのPSデヴュー作。『ガンパレ』発売後に本作が『ガンパレ』と世界観でリンクしている事が分かった途端、中古店でほとんど見かけなくなりました。もちろん筆者も当時は必死になって探しましたよ。ガンシューティングなのでガンコン必須。設定等を度外視にしてもなかなか面白いゲームでした。今プレイするとなると見た目が辛いかもしれませんが、一応資料としては1級品確定なのでファンなら買い。

ガンパレード・マーチ

言わずと知れたアルファの看板ソフト。まずこれがお手元にないと話になりません。筆者はコレ発売日に買ったクチなのですが、最初はギャルゲーだと本気で思っていました。カップリングを自由に創造出来るという意味でも、恋愛要素は本作の売りの1つにはなっていましたし。ただそれは表層的なものであって、内実はどえらく奥深い、言い様によっては跡付け臭いアルファ・システムサーガの始まりであった訳です。なんといっても、この作品自体が”第5世界への干渉用ソフト”だと言うのですから、ビックラタマゲタ。

式神の城

アルファ・システムサーガは基本的に7つの平行世界で成り立っていて、『精霊機導弾』は第4世界、『ガンパレ』は第5世界、『式神の城』は第6世界が舞台になっています。本作自体にはそれほど他の作品との関連性は顕在化していませんが、実はこの複数世界に関与している存在として田神という人がいて(奥さんの方)、本作でもプレイヤーキャラで登場しています。メチャ強力なので、筆者みたいなSTG苦手な人には大助かり。でも第6世界が細分化しているのってこの人のせい? PS2版ではこの田神が最初から操作できますし、付属しているSideStoryは資料性が高いので、購入を考えている人には安い中古が出回っている今がチャンス。

式神の城II

今、筆者が必死こいてプレイしています。こちらもPS2版を購入したのですが、前作と違いコンティニューが無限ではないので実に辛い。ストーリーさえ追えれば十分なのですがねぇ・・・。本作には『ガンパレ』に出ていた新井木と同一人物と思われる、ニーギ・ゴージャスブルーというキャラがいます。何故彼女が第6世界にいるのか?の理由が本作でも語られるとは思いますが(前作のSSでもちょっと触れられていた)、それを見る為にはまず先に進まねばならない訳でありまして。こーなったらVERY・EASYにするぞ、結構マジで。

絢爛舞踏祭

アルファの新作。今年発売予定になっています。『ガンパレ』が発売されてから意外と早くに新作の製作発表がありましたが(『NEW』と呼ばれていた)、コレの事でしょうかね? 情報ではアルファは今この作品に全力投入しているそうですから、それだけに期待が持てますね。『ガンパレ』発売から約4年経っていますし、そろそろ『ガンパレ』並にセンセーショナルなゲームがプレイしたかった所。ジャンルはなんでも良いので、どこかしら恋愛要素が加味してある事を希望します。

☆CD関連

ガンパレード・マーチ

『ガンパレ』発売後、ソフトデータの中に本編で使われなかったCGが幾つか存在する事が分かって、一時期ファンの間で話題になりました。公式発表では没シナリオに使われるハズのCGで、正史とは一切関わりがないモノとされました。その没になったシナリオを元に製作されたのが『ガンパレ』のドラマCD(夢散幻想〜英雄幻想までの計8枚)です。よって正史のみを追う方には無用の品ではありますが(ソフトに付属している『月刊ガンパレ』は資料性若干高し)、『ガンパレ』本編に出演していた声優がそのまま起用されているので、声に思い入れのある方は聞いてみるのも一興です。個人的には夢散幻想2がお奨め。速水に殴りかかる舞に萌え。後にキャラクタードラマCDなるものが2枚ほど出ていますが、筆者はまだ未聴。

式神の城

ドラマCDが1枚出ています。筆者未聴。あまりハッキリとした記憶はありませんが、確か『式神』系のグッズはどれも資料性が高いという文句を見た覚えがあるので、ファンなら購入はデフォかもしれません。

☆書籍関連

幻世虚構精霊機導弾

『ワールドガイダンス』という本が1冊出ています。これを見るに跡付け世界とは言え、大元の世界観はほぼこの時期に確立していたのかもなぁと思わせるモノがあります。あと芝村裕吏氏がいかに準竜師にクリソツであるかも良く分かります。そこに資料性を見出すかはファン次第。

ガンパレード・マーチ

電撃から発行された『電撃ガンパレード・マーチ』は第1級資料。但し、今では少々色褪せた感もあります。ブータの件もそうですが、気になったのが新井木で、お相手は若宮だったのと違うのか?という疑問がついぞ離れず。所詮、レベル4以上は神の御心次第って事なのでしょうか(穿ち過ぎ?)。それでもファンなら間違いなく確保して置かねばならない品です。『電撃PS』での通販のみだった為に、書店では手に入りません。現在は『電撃オンライン』というサイトで購入可能(のハズ)なので、購入希望ならあたってみると良いかと。他にも書籍では小説や漫画が幾つか出ていますが、資料性としては乏しいらしいので無理して買う必要はないでしょう。榊涼介氏の小説は『ガンパレ』そのものに面白さを見出している人にはかなり楽しめる内容です。結構ファンかも。

式神の城

『I』『II』ともに公式設定資料集が出ています。小説も何冊か出版されていますが、どれも未読な為詳しくは不明。ただ上にも書きましたが、『式神』系は皆資料性が高いらしいので買って損は無いものと思われます(特に海法紀光氏の小説はアルファのお墨付きらしい)。筆者も『II』が一段落したら一通り購入しようと考えています。漫画はイマイチという噂ですが。

その他

やはり今年1月に発売された『アルファ・システムサーガ』は、ファンなら必須書籍でありましょう。筆者は未購入。立ち読みはしたのですが、なんだか思っていたのと違うなぁという気がして・・・。

☆アニメ

ガンパレード・マーチ 〜新たなる行軍歌〜

正史とは一切関連性の無い、キャラだけ間借りしたパラレルワールド。筆者は全話見てかなり憤りを覚えましたが、この作品から『ガンパレ』に入った所謂”アニメファン”には好評だった模様。確かにクオリティは高かったように思います。但し! 舞の描き方がちっとも納得出来ないのです、ファンからすると。壬生屋もいきなり死んでしまうし・・・。ゲームに思い入れがある人ほど辛い作品だと思います。レンタルで十分。

絢爛舞踏祭

4月から始まった新アニメ。2chで得た情報なので鵜呑みには出来ませんが、アルファ側は資料だけ文面で提供して後はノータッチだそうです。なので厳密に言うとこれもパラレルになる可能性はありそう。それでも『〜新たなる行軍歌〜』よりはアルファ世界寄りなので、ファンなら楽しめそうか。顎が割れた来須にはビビりましたが。

ガンパレード・マーチ2(仮)

秋から始まる予定だそうで。アルファ・システムはやはりノータッチの模様。『〜新たなる行軍歌〜』とも関連がない? まったく情報無しなので2chで得た知識のみですが、『絢爛舞踏祭』となにかしらリンクしているという噂です。かなり不安。『ガンパレ』世界をこれ以上穢さないでおくれ。

☆その他

やはりオフィシャルHPは情報源としては最良。『ガンパレ』発売当時は他の平行世界に関する小説がいくつか掲載されていたのですが、現在は『ガンパレ』以外だと『男子の本懐/女子の本懐』のみ。『ガンパレ』に関しても以前は『〜のガンパレード』シリーズが掲載されていたのですが、現在は『Return to Gunparade』と『ガンパレ外伝』、『ソックスハンター外伝』のみ閲覧出来る状態です。『Return to Gunparade』は『ガンパレ』の集大成的な意味合いがありそうなので、まずは他の媒体に触れてから(少なくともゲーム版はクリアしてから)読んだ方が楽しめると思います。結末がいつになるのかは見当もつきませんが、おそらくハッピーにはなると思われるので、楽しみにそれを待つとします。『水素の心臓』等の世界もいつかは他の媒体で日の目を見る事もあろうかと思うので、総じてのんびり待つのが吉ですね。もちろん、その前にアルファが潰れなければの話ですが。

という感じでアルファ作品を特集してみました。上に挙げた品で資料性の高い物から購入していけば、初心者でも直ぐにこの世界に溶け込めると思います。あまり寄り道するとお金がいくらあっても足りませんしね。最後に、このアルファ・システムサーガに触れる上での正しい態度を一言でいえば、跡付け世界を笑って済ます広い心を持つ事。楽しんだ者の勝ち。

【 2004/04/05 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)