第012回
アンソロ紀行

今回はアンソロ本について。昔は好きな作品の同人誌を買う為に、即売会やら秋葉原をエッチラオッチラ歩き倒したものですが、最近は体力の減退と共にそれが億劫になってきました。そこで以前より目を付けていたのがアンソロジー本。1冊で複数の同人作家さん(プロの方も含む)の作品が読めますし、一応市販されていますから、ちょろっと仕事帰りに近くの本屋にでも寄れば買えてしまう手軽さです。値段もだいたい900円ぐらいと、人気の同人誌を1冊購入するのとあまり大差無いですしね。同人誌は親切な販売店では見本などを置いてはくれるものの、基本的に購入するまで内容は分かりませんし、1冊の値段が大凡500円以上と高額な為、二次創作を楽しみたくてもイマイチ入り込めない方もいるかと思います。そういう方にとって、アンソロジー本はこの世界を知る良いキッカケになると思います。有名作家の名前を覚えるのにも有効ですね。

但し、アンソロ本にも弱点はあります。作家さんのレベルが一定では無い為に、面白い作品とイマイチの作品の差が激し過ぎるのです。特にアンソロの場合、基本は短編で成り立っていますから、数ページで描きたい内容をキチンの纏める力量がないと幾ら絵に力があってもボヤっとした作品になりがち。また、二次創作ですから作家の嗜好性が如実に反映されるので、読者の希望とあまりに乖離した作品になっている場合も少なくありません。限られた設定のみで他の作家との差別化を図る必要があるのですから、自らの描きたいモノと読み手の望むモノとの妥協点をどの辺りで見繕うか、その匙加減たるや、オリジナル作品を生み出すよりもきっと難しい事なのでしょう。その為に、読者の意向にかなり近い形で作品を仕上げ且つ、絵とストーリー共にハイレベルな作家さんを複数抱える事が、アンソロ本出版会社にとって死命になっている訳です。最近、その事を考えるのに非常に好例な出来事がありました。『Fate/stay night』のアンソロ本4社同時出版です。『Fate』自体が1月末に発売された作品ですし、そのアンソロ本をたった2カ月でしかも4社同時に出すとなると、作家さんも大変ですしその作家さんを招致する出版会社側もそれは苦慮した事でしょう。ただ、それだけに作家にとっても出版会社にとっても力の見せ所でもあった訳です。逆に、ここで出版された4冊を比較すれば、優良アンソロ本を出す出版会社がどれか自ずと判断出来る、消費者にとって絶好の機会でもありました。以降でその4冊の批評を軽く致しますが、一応これは筆者の感想ですので、信憑性もヘッタクレもない一ファンの意見として軽く読み流してください。

これでも『月姫』のアンソロ本を現時点で41冊購入している盲目的TYPE−MOONファンだったりするもので、『Fate』の同時出版されたアンソロ本4冊もイッキに購入しました。まず大前提として、今回の4冊はどれもネタバレ規制が掛かっていて、作品を掘り下げる程に内容の濃いモノが無いという事を考慮に入れます。その上で批評しますと、

●スタジオDNA

やはりDNAがダントツで面白かったです。元々『月姫』の時から定評がありましたが、作家陣が実に充実しています。おそらくDNAは武梨えり氏を手放さないでしょうね。これだけ制作期間の短い中で”萌え”にまで追求する手腕には恐れ入ります。最近頭角を表しているしとね氏のギャグのキレも凄まじく、恋愛モノも個人的に4冊の中で一番萌え転がった華原七海氏の作品もあり、諸作品のバランスの点から言っても、1冊のアンソロ本としての出来は突出していると思います。4冊の中から1冊だけ購入したいという方がおられるとしたら、まずもってDNAをお奨めしますね。

●宙出版

次点は悩み所ですが、やはり宙出版です。『月姫』アンソロ本を最初に出した会社ですし、出版冊数も群を抜いているだけに、ファンにとっても安心の出来。ただ、作品の半数が少々メリハリに欠け、それ以外の半数が異常なほど個性的だったりするもので、全体の出来としては今ひとつ。読む人もかなり選びそうな感じです。作家さんですが、掛け持ちとは言え桐原小鳥氏のカラーはアピール度が高いです。カタセミナミ氏と高橋むぎ氏が士凛モノでなかなか良い作品を描いているので、士凛派は買っておいて損はないかも。しかし一番笑ったのが、たぽ氏の2ページというのはどうなのでしょうね・・・。お金に余裕がある方にお奨めします。

●FOX出版

おそらくTYPE−MOON作品のアンソロは、こちらでは初だと思うのですが? 初だとしたら相当に頑張りましたね。これだけ有名作家を集めたのですから、今後の展開も実に期待が持てます。個人的にも他のギャルゲー同人で有名を馳せた方が多数いらっしゃったもので、嬉しさと懐かしさが込み上げてきましたよ。ただ、ページ数のわりに紙質が硬い為に非常に読み難いです。それに妙な匂いもするし。値段も4冊の中で一番高いので、初参戦にしてはアピール度が弱めではありました。全体的にギャグ寄りなので、これをメインに趣向している方には丁度良いかもしれませんが、筆者のように恋愛モノも楽しみたい御仁には少々物足りないものがあります。バランス再考を希う。たぽ氏は最高。

●エンターブレイン

4冊の中では一番出来がイマイチ。イラストで有名作家さんを起用して誤魔化して、漫画の内容では質量共に今ひとつ感が拭えず、とにかく失望感が大きかったです。作家さんは実力派が揃っているのですが、どちらかというと内容重視を旨とするタイプが多いように見受けられるので、今回のようなネタバレ規制が掛かっていたが為に思うように力が出せなかった、という感じもします。『月姫』アンソロの方も、出だしは不調ながら続刊する事で隠れた名作も産み出してきましたし(個人的に3巻は全『月姫』アンソロの中でも3本指に入ります)、『Fate』も今後の展開に期待したいものです。

以上です。とにかくDNAのアンソロ本はどの作品のモノでも安定した出来ですので、アンソロ愛好家、初心者共にお奨めします。もちろん、いろいろな出版社の本を買ってみて比較検討出来れば最高ですけれど。昨年でしたか、以前はアンソロ出版界の老舗中の老舗でありましたラポートが潰れたという話がネットで流れました。昔、こちらの『エヴァ』や『ナデシコ』のアンソロ本を買い漁っていた身としては実にショックな事件でしたが、近年出版された『月姫』アンソロの出来を見て、「これはちょっとなぁ」と首を捻っていた事も確かでした。やはりどんな媒体であろうとも(それがある意味”他人の褌で相撲を取る”二次創作アンソロであっても)、質量ともに充実していなければ生き残れない時代なのですね。もちろん消費者側も、それをキチンと見極めて良い悪いを真摯に突きつけられる目を養うべきだとも思うのです。駄作アンソロを出させない為に。

【 2004/04/13 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)