第013回
どちらの眼鏡っ娘に

久方ぶりの更新になってしまいました。理由はイキナリの職場移動で、環境の変化に付いて行くのに時間が掛かっている為です。当分、こちらの更新は1週間に1回ペースになりそう。いやしかし、通勤片道1時間半ってどういう事よ?

さて、今週は期待と不安が微妙に入り混じったエロゲー新作が2本同時に発売されました。『Quartett!』と『リアライズ』です。『Quartett!』の方は、『北へ』や『白詰草話』等で有名を馳せた大槍氏の淡い絵柄が特徴。大槍氏が立ち上げたLittlewitchの作品では過去に『白詰草話』がありますが、発売当時の評価を見ますとややシナリオがパワー不足だった模様で、新作ではその辺りの充実が期待されています。筆者は昔DCで発売された『北へ』しかプレイしていませんが、やはりあの繊細な絵には魅かれるモノがありましたし、氏のイラスト集や同人誌も何冊か購入する程にハマりましたから、本作に対する期待はかなりあります。情報では攻略対象キャラは3人という事になっていますが、その中で一番好感持てそうなのがスウファという眼鏡っ娘

片や、Leaf脱退後に新ブランド”プレイム”を立ち上げた高橋・水無月コンビが放つ第1弾が『リアライズ』。延期に次ぐ延期でファンをヤキモキさせましたが、とうとう発売まで漕ぎ着けました。何と言ってもLeaf時代に2氏がメインで製作した『雫』『痕』『To Heart』は名作中の名作ですから、新作に対する期待の程も大きいのですが、それと同程度の不安もあります。なにより気になるのが、高橋氏のシナリオが世に出るのが久しいが為に、そのブランクの間に質が低下していないかという事。実は『まじかる☆アンティーク』という作品のとあるキャラのシナリオを高橋氏が担当していたのですが、個人的にはあまり出来が良い様には思えず、流石に全盛期の勢いは無くなったか?と首を捻ったものでした。更に今ではKeyやニトロプラス、TYPE−MOONなどと言った、高い完成度を誇るシナリオ重視型のゲームを製作する会社が頭角を表している昨今ですから、この群雄割拠の中でまた一花咲かせるのはなかなかに難しい事のようにも感じます。水無月氏の絵の変化も気になり所ですが、やはり作品のメインはシナリオですからね。高橋氏の奮起に期待。この新作『リアライズ』が、『雫』や『痕』のようなプレイヤーの度肝を抜く作品である事を切に望みたいものです。プレイ前の個人的一押しキャラは芝浦八重という眼鏡っ娘

さて、どちらの眼鏡っ娘に軍配があがる事やら。

一応2本とも購入しましたが、まずは『Quartett!』の方からプレイしてみる事にします。感想は来週辺りにこちらにて。ただ、ノンビリしていると来週には大本命の『クラナド』がやってきますからね。暇を見つけてパパッと済まさないと。それと、この2本を購入する前にPS2の『ファントム・ブレイブ』というゲームをやっていました。これに関する感想も後日こちらでしていく予定です。ランダムダンジョン入りまくりで、いつEDが見られるのか検討もつきませんが。因みに今回のイラストはこの『ファントム・ブレイブ』に出てくる商人です。眼鏡っ子繋がりと言う事で描いてみましたが、何故に「一粒三百米」なのか、寝ぼけ眼で描いた筆者にも良く分からないのありました。”¥”って字がアレに見えたのかなぁ?

【 2004/04/24 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)