第015回
Keyの作品に☆を付ける日

『CLANNAD』先程クリアしました。感想は今週末か来週にでも特集ページの”ギャルゲー批評”で詳しく述べたいと思います。

その”ギャルゲー批評”ですが、筆者がこのサイトを立ち上げる前に、別の場所で4年間運営したHPでも掲載していた物です。そもそも、以前のHPを始めようとした動機が「ギャルゲーの批評サイトがやりたかった」からだったりするのですね。だから以前のサイトでは他にもいろいろな特集ページを作ってはいたのですが、この”ギャルゲー批評”だけは気合の入り様も違っていました。ある意味、4年間の運営の集大成がこの批評の中に詰まっていたと言っても過言ではありません。まぁ見ての通り、それ程大した物でもないのですが。こちらのHPを立ち上げた時、この”ギャルゲー批評”だけそのまま移行させたのも、思い入れの強い結果だったりします。

この”ギャルゲー批評”で筆者は総評の横に5段階評価のマークを付けています。詳しくは該当ページをご覧になって頂きたいのですが、その中でも最高評価として付けているマークが☆マークです。コメントで”神”などど言っていますが、要はシナリオ、グラフィック、システム、遊びやすさ、エンタテイメント性、どれを取っても最高級の作品に与えているモノです。もちろん、そう易々と付けられる評価ではありません。以前のサイトで4年の間”ギャルゲー批評”を書く中で、最高評価である☆マークを付けた作品は、たったの3つしかありませんでした。

『痕 〜きずあと〜』
『ときめきメモリアル』
『サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜』

以上の3つです。個人的な好みも多分に内在しているので、この3作品に対してそれ程の評価をしていない方もいるかと思いますが、筆者の中ではほぼ”神ゲー”です。特にプレイヤーを楽しませるという意味での”エンタテイメント性”を最も評価で重視しているので、それからしても以上に挙げた3作品は満点に近い出来でした。未プレイの方、もしいたら強くお奨め致します(上2つは今プレイするには少々辛いモノがありますが)。

さて、ここまで引っ張っておいてナンですが、実はKey作品に今まで☆マークを付けた事がありませんでした。かの『AIR』でさえ付けませんでした。理由はあのオチにあります。上にも書きました通り、評価では”エンタテイメント性”を最も重視する性質ですから、あのプレイヤー置いてけぼり”投げっぱなしジャーマン”なEDには到底高い評価を与える事が出来ません。もちろん、その他の部分では間違いなく神レベルだとしてもです。それと、少々恥ずかしい話なのですが、筆者が無類のハッピーエンド愛好家である事も評価を下げた原因でありました。これは評価する者の態度として良いのかどうか迷う部分ではありましたが、やはりADVと言う”ゲーム”なのですから、『痕 〜きずあと〜』のようにハッピーに行ける道だって用意すべきだったように思うのです(作品の雰囲気からしても)。筆者が『AIR』の批評ページでこの作品の事を「大いなる失敗作」と書いたのも、この辺の考えが起因しています。とにかく1Keyファンの見地からしても、いろいろな意味で勿体無い作品でした。

そしてほぼ3年強の月日が流れて新作『CLANNAD』が発売されました。筆者はこの作品に☆マークを付けます。最高でした。死ぬほど泣けました。そして、ハッピーでした。詳しくは今週末か来週にでも”ギャルゲー批評”に感想を載せます。ありがとう、Key。

【 2004/05/05 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)