第017回
アンパンにだってアンコは沢山入っていて欲しい

もう5月末になるというのに、相変わらず片道1時間半通勤に慣れない筆者です。もうちょっと当サイトの更新頻度を上げたいのですが、平日は疲れてしまって、最近は帰宅して1、2時間『CLANNAD』系のファンサイトやらSSサイトを眺めている内にそのままバタンキューです。ほんと体力無くなったな・・・。

昨日、生まれて初めて『TECH GIAN』という雑誌を買いました。所謂、”エロゲー情報誌”です。手にとってビックリしたのですが、コレ、1150円もするのですね。「エロだからって足元見やがって!」などと憤りつつ、結局購入。家に帰って読んでみると更に驚愕な事実が。広告ばっかり。ソフトの記事が、広告と広告の合間にチョロっと載っかっている、そんな感じなのです。これで1150円はやはり高いと言わざるおえません。アンパン買って来て割ってみたらアンコがちょっとしか入っていなかったら、普通怒るでしょう? ・・・お、怒りませんか? うーん、エロゲーを愛好するという事は心が広くないとイカンとみえる。

で、なぜこのような馬鹿高い雑誌をイキナリ購入したのかと言えば、別に『CLANNAD』の攻略記事が見たかったからでは無く、姉ゲーで一世風靡した”きゃんでぃそふと”の新作『姉、ちゃんとしようよっ!2』の体験版が入っていたからです。3月の日記にも書きましたが、筆者はこの作品の前作である『姉、ちゃんとしようよっ!』に激ハマった人間です。KeyやLeaf、TYPE−MOONの作品以外でファンブックやら小説を購入したのはこちらが初めてです。それ程に面白かったし、続編である『2』に対する期待も相当なものだったりします(今年の前半期で1番楽しみにしています)。今回もこの雑誌に『2』の体験版が付くと知って、速攻で飛びついた訳です。

プレイしてみた感想ですが、やはり至る所でクオリティアップしていました。背景画しかり、キャラCGしかり、音楽しかり。特に音楽は力が入っていますね。イベント時に流れるメロディは、前作よりもマッチ感があり聞き応えもバッチリでした。主題歌も最近メジャーデビューしたKOTOKO氏が担当しているだけに、軽妙なポップで『姉しよ』の世界観を見事に表現しています。昨日、ちょうどOHPでデモムービーが公開されたので、興味のある方は見てみると良いかと。

一番気掛かりなのが、やはりキャラ固有のストーリー。体験版では残念ながらその辺はあまり触れられていなかったのですが、雑誌のインタビュー記事ではCD−ROM2枚組にしてシナリオのボリュームアップを図っているそうなので期待したいと思います。特に要芽姉様ファンとしては、前作がちょっと萌え込みが足らなかった気がするので、本作では萌えもモチロンですが、話的にも幸せなハッピーになっていると良いなぁと夢見ていたりします。帆波が結構キーになるのでしょうか? 新ヒロインでは歩笑ねーたんが株を上げそうな気配。

という『姉しよ2』の体験版感想でした。一応買ったついでで『TECH GIAN』を隅々まで読んでみましたが、気になったのはLeaf新作の『Tears to Tiara』と”みるくそふと”という所の『夏ノ空−カノソラ−』の2本ぐらいでしょうか。『Tears to Tiara』ですが、もしこれを『うたわれるもの』を作った製作陣が担当しているなら問答無用で買います。関係なかったら様子見。もう1本の『夏ノ空−カノソラ−』はメーカー名も初めて聞いた所なので購入のきっかけとしては少々薄いのですが、メインヒロインらしい姫宮桜子というキャラになにやらPingとくるものが。このメーカーが過去に出した作品の評判でも調べて見るとしますかね。

しかし、今回のイラストはちょっと怖すぎますね。杏ファンの方ゴメン。

【 2004/05/22 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)