第018回
忘れないけど忘れるわ

『CLANNAD』の人気で少々影が薄くなった『Fate/Staynight』ですが、先日やっと人気投票の結果がOHPで発表されました。順位は予想通り、セイバーの1人勝ちでしたね。それよりもやはり気になったのが、シナリオを書いた奈須きのこ氏のキャラに対するコメント。現在”二学期”と称されているFDでセイバーのハッピーシナリオはあるのか気になって仕方が無かったのですが、その結果は

「セイバーグッドエンドは予定されておりませんが、」

・・・セイバーグッドエンドは予定されておりませんが・・・・・・だとぅ!

終わった。筆者の中で『Fate』という作品が文字通り”終わった”瞬間でした。やはりTYPE−MOONファンだったら、『月姫』で言う所の秋葉のようなフォローがセイバーにもあると思うではないですか。だから、何とはなしに「まだ『Fate』という作品は終わっていない」と考えていた訳ですが、原作者がこう発言したのですから、セイバーシナリオはあれで御終いなのでしょう。涙を呑んで”結末した”と判断するしかありませんね。もしFDできのこ氏の言う「その代わりに、彼女が温かに過ごせる二学期がある事を、」の発言が実現したとしても、それはもう原作である『Fate』とは逸脱した、他のキャラも全員存在しているようなご都合主義的パラレルワールドで語られる気がしますし。・・・正直がっかり。

もちろん、これからも『Fate』のアンソロ本やら同人誌は買っていくでしょうし、おそらく発売されるであろうFDも購入しますよ。ただ、やはり『月姫』に対して今でも持っている作品愛好熱は、『Fate』にはもう感じません。ある意味TYPE−MOONのファンの見地から惰性で今後も関連商品を購入していく気がします。この扱いは、今回のきのこ氏の発言にも起因するのですが、元々の出来として『Fate』が『月姫』レベルの作品では無かったという事でもあります。問題なのは、これは最近アンソロ等を読んでいて確信を持ったのですが、ヒロインがいまいちパッとしないのですね。読み物としては十分キャラ立ちしていても、ギャルゲーとして見ると恋愛対象としては魅力不足なのです。だからアンソロ作家さんもほとんど恋愛ネタを使わない(使えないと言うべきか)。特にセイバーなどはハラペコ話ばかりで、まるで添え物のようです。原因はあの結末にあると思うのですが、今回のきのこ氏の発言でほぼハッピーは皆無となりましたから、おそらく今後もセイバーに対する扱いは悲しいかな、ハラペコ止まりでしょう。そうなると後2人のヒロインの内、桜はネタ的に難しいとして、やはり凛が今後もアンソロや同人などでメインを張る事になると思います。ところがこの凛にも問題があります。これは今後の当サイトの日記で扱おうと考えていたネタなのでここではサラッと語りますが、ようするにカップリングとして”士凛”と”弓凛”の二派が存在するという事です。今回の人気投票で「種は同じでも違ってしまった存在だと思っていただければ幸いかと。」とのきのこ氏の発言で、ほぼこの二派は分断したと言って良いでしょう。以前の日記でも触れましたが、カップリング論争は排他的なのです。筆者は士凛派です。弓凛が絶対ダメとは言いませんが、気持ち的に受け付けないのですね。だというのに、アンソロ本では弓凛ネタの多い事多い事。結局、アンソロ本を買ってきて読んでみると、筆者の好きなセイバーはハラペコネタばかり、しかも凛の絡み相手は弓ばかりという、決して本の出来自体は悪くないのに詰らないアンソロ読んだ方がよっぽどマシ状態になっている訳です。なんでこんなヤヤコシイ設定にしたんだ、きのこさんよー。

なんだか最後は愚痴ばっかりになっていますが、素材の素晴らしさが、俗な言い方ですが”萌え”に直結していないのがとにかく歯痒いのです。「気持ちよく萌やして欲しい」という欲求が満たされない以上、筆者にとって『Fate』は普通の良ゲー止まりです。実に勿体無い事です。今回
、士凛のイラストを描きましたが、これはそんな欲求の産物です。そして、おそらくもう二度と『Fate』のイラストは描かないでしょう。何故なら、終わってしまったのですから。ただ、今はこんな感じ方をしています。

あなたの事、忘れないけど忘れるわ。

これは宙出版からつい先日発売された『Fate』アンソロ2にある、荒木風羽氏の作品で凛が吐く一台詞です。短い作品ですが、凄くハッとさせられました。凛らしい台詞ですよね。今、筆者が『Fate』に抱いている心情にも近い気がします。うん、『Fate』の事、忘れないけど忘れるわ。

【 2004/05/29 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)