第022回
私と一緒に来てください

今週の月曜に『イノセンス』見てきました。前回の日記で『攻殻』にハマったと書きましたが、そのハマり方も驚くほど深かったとみえて、品川のIMAXシアターという所でまだ『イノセンス』が上映中と知るや、仕事帰りに突貫する熱の入れよう。よく考えたら前作の映画版はまだ見ていなかったのですが、一応原作本は読んでいますし、きっと勢いで理解出来るだろうと踏んで視聴しました。

で、見終わっての感想ですが、押井氏の作品にしては分かり易かったのではないかと。無駄に格言を乱発させて小難しくしてはいましたが、中心ラインはしっかりしていたと思います。但し、その物語の核となる部分の取り方が、人によって違ってくる可能性はあります。端的に「人間と機械(人形)の在り方に言及している作品」と見なす意見が恐らく主流でしょうし、そう取らないと当作品の意義自体が成り立たなくなる気はします。ただ、それでも筆者がまず思ったのが、これは『バドーの失恋物語』なのだろうなぁと。上映中はその様な考えは筆者の妄想に過ぎないと戒めつつ見ていたのですが、EDロール中にCMで良く耳にした『Follow me』という曲が流れた時に、その『Follow me』の訳が『私と一緒に来てください』とあったのです。その瞬間に、もう筆者の頭の中では『バドーの失恋物語』という捉え方しか出来なくなっていました。実際、冒頭で素子に関してトグサからぽろっと言及された時から、バドーが何かに囚われたまま彷徨している人物にしか見えませんでしたし。もし本当に『私と一緒に来てください』というのがバドーの心根の言葉だとしたら、これほど切ない話はありません。だって、バドーはこんな言葉、絶対に口にはしない人物だと思いますから。素子も然り。その様な言葉を、劇中では無くED曲で流す押井氏は、直接的では無いにしても少なからずロマンチストなのかなぁという気がしました。まぁ、原作に無い恋愛模様を絡めた時点で、そうなのだと踏むべきなのでしょうが。犬はその為の照れ隠し?

さて、今回も『スパロボMX』のプレイ感想と行きたかったのですが、ほとんど進んでいません。なんと申しますか、やる気が異様に減退中。クリア出来るか心配になってきた・・・。なので、今回はもう1つ話題にしようと思っていた『エヴァ』について。実を言えば、『スパロボMX』は購入を見送る予定でした。新規参入キャラは大して魅力があるようには思えませんでしたし、小隊システムが無い事に対する失望もありましたし。実際にプレイ意欲が減退している現状からすれば、購入すべきでは無かったのかもしれません。ただ、それでも購入に踏み切ったのは『MX』に『エヴァ』が出ていたからです。そう、筆者は今でも心のどこかで期待しているのです。あの「気持ち悪い」で終わる結末以外の可能性を。正直に言ってしまえば、LASな展開を。だからこんな、ほとんどストーリーに面白みも無い『スパロボ』でも、『エヴァ』が出ると分かれば買ってしまう訳です。もちろん、『エヴァ』がメインのゲームもほとんどプレイしてきました。購入していないのは、発売後にクソゲーの名を欲しいままにしていた『鋼鉄のガールフレンド2』ぐらいなものでしょうか。GAINAXもファンの足元をみてからに。ただ、漫画版の『鋼鉄のガールフレンド2』は結構読めます。丁度、昨日2巻が出ていたので買ってきたのですが、ここのアスカは最高です。「代わったげれば良かった」なんて台詞を吐くとは素敵過ぎます。シンジの写真100枚買うアスカ、も、萌へるなぁ〜。

・・・・・・あれ、なんの話がしたかったのか忘れてしまった。ま、そのうち『エヴァ』ゲーに関してまとめて感想なぞ書く予定なので、詳しくはその時にでも。

しかし、やはり気になるのが貞本エヴァの今後ですよね。アスカに対する精神攻撃が始まった辺りから雑誌も単行本も読まないようにしているのですが、ホント先が気になってしょうがない。一応、「気持ち悪い」で締める結末がきても心が砕けないように準備はしているのですが、果たして。

【 2004/06/26 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)