第028回
あきらめたら

決勝に近づく程に盛り上げっているサッカー・アジアカップですが、ヨルダン戦とバーレーン戦の奇跡的な勝利が話題の原動力になったのは間違いない所。仕事場でもこの話題で持ち切りでした。ただ、筆者はイマイチ会話の輪に入り込む事が出来ません。なぜなら、この2試合とも途中で「もう日本は負けたな」と早合点してTVを切っていたからです。例えば、ヨルダン戦だとPKをイキナリ2人が外しました。対するヨルダン側は2連荘で決めてくるし、これでは普通は負けると思いますよ。次のバーレーン戦も、後半40分過ぎで3−2で負けていましたから、今迄の日本のイメージからすると負ける確立が高いですよね。故に自然とTVのリモコンに手が伸びて、「日本ダメダメだなぁ」と溜息混じりに電源を切ってしまった訳です。もちろん次の日の新聞を読んだ瞬間は、驚いたと言うよりも即座には勝利が信じられませんでした。特にヨルダン戦は凄すぎ。筆者が電源を切った直後に、PKを蹴るサイドが変更になる事態があったとは。しかもその後にGK川口が4連続PKセーブ! 心底TV消した自分を恨みましたね。諦めが早すぎます、ホント。「あきらめたらそこで試合終了だよ」はやはり名言ですね、安西先生。今日の決勝は最後まで見る事を誓います。

さて先週から『ザ・ナイトメア・オブ・ドルアーガ』を始めたのですが、実はこちらも少々早すぎですが、諦めムードが漂っております。単品のローグ系作品と見ればそれほど出来が悪い訳では無いのですが、『不思議のダンジョン』と銘打つには少々緻密さが足りない様子。前情報として”自分のLVは死んでもそのまま”と言うのと”武器防具を鍛える事が可能”の2点を知った上で購入したのですが、やはりこの2点の併用は大味感しか生まない印象でした。結局、武器での攻撃がメインになっている以上、武器合成を繰り返しての力押しプレイで何とかなってしまいますし、その武器も銘を入れておけば死んでも無くなりませんから、自らのLVが据え置きなのも合わせると倒れた時の失望感がまったく無いのです。加えて、敵のLVを自分のLVと均等にする事でバランス調整をしているので、これだとイマイチ強くなった実感が沸かず、育成意欲も減退気味に。後、これは個人的な意見ですが、画面を3Dにしたのも疑問です。斜め見下ろしの3Dゲーは、よほど気をつけて画面構成をしないと見辛くなりがちですが、このゲームも視点が低い上にフィールドが一様に狭い事が拍車をかけて、思った以上に見辛い印象です。一々視点回転するのも面倒ですしね。ロードが長い上に読み込みが頻繁にあるのも辟易。せっかくの岡崎氏のデザインも、3Dになってほぼ意味無いモノになっているのも残念です。これならいっそ、2Dにした方が良かったように感じてしまうのですが・・・。とにかく、『シレン』シリーズにあるようなハラハラ感は一切無く、ただ淡々とプレイをしている印象しか持てない作品でした。筆者が『ドルアーガの塔』をプレイした事が無いと言うのも低評価になっている一因かもしれませんが、それにしても、その元となったゲームの世界観を強く意識し過ぎた結果、『不思議のダンジョン』の名に見合うもので無くなってしまったのはあまりに勿体無い事です。もうちょっと独自の趣向を凝らしても良かったように思うのですが、それではファンが許さないのでしょうか?

マイナス意見ばかり書いていますが、なら何故に購入したのかと言えば、やはり『不思議のダンジョン』と銘打たれていたからなのですね。そのうちこちらでネタにしようと思っていたのですが、もう『シレン』シリーズの大ファンなのです。『アスカ見参!』以降、新作が無く欲求不満が溜まっていたもので、つい『不思議のダンジョン』の名が付いたこのゲームにフラフラっと。・・・どちらかというと、更に欲求不満が高まった気もしますがね・・・。いや、諦めたらダメだ。もう1週間は頑張ってプレイする所存なり。それにつけても、『シレン』の新作がやりてぇ。今ならデビルカンガルーにも笑ってスルーする心の余裕があるぞ!

【 2004/08/07 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)