第032回
斜陽のRPG

最近ソファの安いのを買ってきて、座りながらゲームしたり音楽を聴いたりしています。ちょっと前までは床に直に座ってアレコレ作業していたもので、本当に楽。座る位置が少し高めなので、冬になってコタツを出した時にはちょっと合わない感じですが、いっその事このソファが入るぐらいゆったりしたコタツでも買い換えようか思案中。なにせ今ある家のコタツ、20年ぐらい使っているヤツだし・・・。

さてゲームの話ですが、なんだか今年の年末商戦はイマイチ盛り上がりに欠けそうな気がしますね。大作RPGが軒並み来年に発売がズレ込む感じですし。だいたい、スクウェアとエニックスが合併してしまったので、『ドラクエVIII』と『FFXII』が同時期に発売される可能性が皆無になりましたから、どちらかの発売日をズラす必要上、売り出す時期がかなり後送りになってしまいそうな気配。個人的には早く『FFXII』がプレイしたい所ですが、今の雰囲気だと『ドラクエ』の方が先に発売されるでしょうし、そうなるとその煽りでヘタすると『XII』が市場にお目見えするのは来年の夏辺りになってしまうかも? 最近のRPG不作続きの現状からすると、大作RPGの発売が来年になってしまうのは、ゲーム業界全体にとってもあまり良い事のようには思えないのですが。やっぱりTVゲームの肝はRPGなのですから、もっとコンスタントに大作モノが発売される環境をユーザーとしてはメーカー側に求めたい所ですね。うちの日記もネタに困り気味ですしねぇ、最近。

そのRPGですが、どうもここ2、3ヶ月の間に発売されたシリーズ物のRPGは、ネットの評判を見る限りでは概ね不評の様子。シリーズ物の利点は、固定ファンによる購買が見込める為、出来が平均点でも或る程度は販売数が稼げる事にありますが、あまりにお粗末だと返ってアンチを生む諸刃の剣でもあります。最近では『ゼノサーガEPII 善悪の彼岸』がアンチを大量発生させた好例になってしまった模様。筆者は『ゼノ』シリーズはプレイした事がないので詳細は不明ですが、前作とは製作者が変わってしまった為に、前作にあった謎がほとんどスルーされてしまっているのが問題になったようです。ボリュームもかなり少ないらしく、ファンだったら不平不満が出てしまうのも当然かといった印象です。シリーズ物と言いますか”続き物”であれば、やはり前作のイメージを壊す事は絶対にやってはいけないと思うのですが、どこか固定ファンを舐めていた所があったのではないでしょうか?

別のゲームですが、完全なシリーズ物で鳴物入りで発売された『幻想水滸伝IV』もイマイチ評判がよろしくありません。こちらのシリーズは筆者も『III』までプレイしているもので、発売前から注目していたのですが、今回はストーリーが”海”を中心に展開する為か、見た目がだだっ広い海ばかりで非常に地味。それをわざわざポリゴンで表現しようとするもので、奥行きが無くリアリティの欠片もありません。キャラデザを『I』の人に戻してしまったのも個人的に不満。『II』『III』の石川史氏の洗練された絵が好きだっただけに、どこか垢抜けない河野純子氏の絵が更に見た目の地味さに拍車をかけている感じがしました。結局、『IV』は発売日には買わずに様子見する事にしたのですが、この様子見は残念ながら最良の手だった模様です。評判を斜め読みする限りでは、エラく内容が薄いらしく、加えて『ゼノII』と同じくボリュームも少なめだとか。この作品の肝である人集めも、イベントの少なさ故に絡みが殆ど無いらしく、その存在意義を問う声が高まりそうな気配です。『III』の時も発売直後は非難轟々でしたが、今回のは更にそれの上をいっていますね。ファンとしては悲しい限りですが、批評サイトで「『II』が一番面白かった」なんて台詞も流石に見飽きましたし、コナミもこのシリーズを続ける気があるならば、相当強烈なテコ入れをする必要がありそう。と言いますか、コナミも『幻想』が所詮は中堅RPGだって事に早く気付け。変に力を入れようとするからこうなる。

もう1つ、シリーズ物と言えると思いますが、『女神転生シリーズ』の流れを汲んだ『デジタル・デビル・サーガ〜アバタール・チューナー』も前評判からするとイマイチだった様子。去年発売された『女神転生III』の出来が素晴らしかっただけに本作に対する期待も大きかったのですが、本作に仲魔がいない事や悪魔合体が出来ない事が分かった途端、様子見する事に。ただ発売されてしばらくネットでの評価を見ていたのですが、シナリオの短さや結末の中途半端さが批判の対象になってはいるものの、全体的な評価はだいたい半々に分かれている印象でした。おそらく里見直氏に対する今迄の見方如何によって良い悪いが付いている感じです。筆者は『ペルソナ』シリーズは全て網羅している程の大ファンだったりするもので、意外とプレイしてみるとハマるかもしれません。でも本音を言えば、里見氏には本流に近づくよりは『ペルソナ』シリーズにずっと関わっていて欲しいです。この方は良い意味で”青臭い”学園モノをやらせた方が味が出る気がするので。とりあえず、今年は上に挙げたように大作RPGがありませんし、年末あたり暇になるようならば『アバチュー』やってみようかと思っています。

という感じでイマイチ元気がないRPGですが、今週のファミ通を見ていたら面白そうな新作RPGが1本記事になっていました。『ラジアータ・ストーリー』という作品。スクエニから出るそうですが、かのトライエースが関わっているので色々な意味で話題になりそう。個人的にはヒロインのリドリーに萌え。意外とヒロイン格ではこういう”ツンデレ”系は珍しいかも? ほんとこの娘の為だけに買い決定って感じですが、アノ意味深な広告を見る限りでは、もしかして途中で死・・・・・・・・・いやじゃぁ〜(『FFVII』の誰かさんがトラウマになっている)。

【 2004/09/04 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)