第037回
買ったら切ないもの

第34回の日記で、もし『召しませ浪漫茶房』を購入したら事と次第をこちらに載せると書きましたが、正直あの時は気持ち的にも買う買わないは半々でした。ただ、先々週のファミ通で思いのほかこのソフトの点数が高かったもので(ついでに臨時収入があって少々懐も温かだったので)、後は発売日にゲーム店に行って買う踏ん切りが付くかどうか。これだけがモチロン、最大の問題だった訳ですが・・・。

で、木曜日の仕事帰りにゲーム店によった所、レジの真ん前の棚に他のソフトに混じって『召しませ浪漫茶房』が置いてありました。手にとって見ると横帯に『女の子専用恋愛シミュレーション』とご丁寧に書いてあって、「なんで女性向けだとこんなお断り入れるんだよ、ギャルゲーに”男の子専用”なんて銘打つか!?」などと憤りつつ、この1文のお陰で冷や汗率20%増。ただ、初回限定なのか箱カバーになっていて、中にソフトと一緒に冊子が付いていました。こういうちょっとしたオマケでもエラく好感を持ってしまう性質なもので、先ほどの一文の件を差し引いても購入はOKかなと思い切ってお店のレジの人にソフトを差し出しました。

レジの人、困った顔しないで・・・。蔑んでくれた方がまだマシだったよ・・・・・・・・・。

あくまでネタなんだよ。ネタネタ。そんなマジになって買った訳デハナクチョットシタキマグレダッタンダヨシンジテオクレヨ〜。

なんとも切なくなってきたので、買うまでの状況説明はこんなもので。後は買った証拠を画像でアップしておきました。一応、女性向け恋愛ゲー初購入記念です。ふふふ・・・。プレイ感想は次回にでも。

『召しませ浪漫茶房』を買った上に再来週までに欲しいソフトが3本あったりするもので、慌てて『九龍』クリアしました。クリアタイムは78時間。こんなにもプレイ時間をかけたのに、クリスマスイベントはたった2人にしかおきませんでした。七瀬さんと取手くん。気合入れて好感度を上げた白岐さんには軽くスルーされてしまいました。やはりクエストにハマり過ぎたのが1番の問題だった気がします。それと、感情入力を少し甘くみていたのも原因かもしれません。今月末に完全な攻略本が発売されるようなので、出たら白岐さん1本槍で2週目をする事にします。あと、そこかしこでイマイチと言われているラストの展開ですが、筆者もこれはあまりに味気ないと思いましたね。あれだけキャラゲー色が強いゲームなのですから、もっと細かくその後の主人公達について言及しても良かった様な。おまけディスク程度の続編は是非作って欲しいものです。

因みに筆者の中では、葉佩タンはEDの後、七瀬さんを連れて新たなトレジャーハントに勤しんでいる事になっています。だってあのクリスマスイベント見たらさぁ。

【 2004/10/16 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)