第038回
いろいろありました

先週末は祖父の1周忌がありまして、更新をサボってしまいました。本当はこの1周忌に参加する予定はなかったのですが、親がギックリ腰になった為に変わりに出てくれるよう頼まれたのです。仕方なく、先週土曜日にエッチラオッチラ仙台まで行って来ました。

その1周忌は生前に祖父が住んでいた家で行われたのですが、沢山人が集まるにしては部屋が狭かったので、部屋の中央にデンと置かれていたTVをコンセントを抜いてアンテナも外して隅っこの方に移動させたのです。これが後の祭りでした。その日の午前中にお坊さんに拝んでもらって、昼に皆で会食して、午後になって祖父の友人知人達が帰り始めると残るは祖父の血縁者のみとなります。そう、親戚20人近くで大宴会です。飲めや歌えの大騒ぎ。料理も外部の方にお願いして夜の宴会用に作って貰っていたので、エラく豪華で日頃食い慣れない刺身など大いに食しました。腹一杯で動けなくなったのは久しぶりでしたね。で、夜の11時ぐらいになってやっと皆落ち着いてきて、仙台在住の親戚達も帰り始めたので、一息付くかと言う事で先ほど移動させたTVを引っ張ってきて接続し直してスイッチを入れたら

新潟で大地震!

の報がどこのチャンネルでもやっていて、しかも震度6と言うではありませんか。地震の起こった場所もかなりの広範囲だった模様で、そこにいた親類一同ビックリして慌てて皆、家族や知人に電話をかけまくっていました。筆者も親に電話をしたのですが、関東でも震度3ぐらいの地震が3度程起きたという話で驚きました。何故電話でその事をこちらに知らせなかったのか聞いてみた所、繋がらなかったそうです。混線でもしていたのでしょうか? 逆に仙台でも地震があっただろうと言われたのですが、ちっとも気付きませんでした。騒ぎすぎ? 震度3近くあったらしいので、普通は気付くと思うのですが・・・。とにかく当方も月曜から仕事がありますから、日曜に東北新幹線が止まらない事を祈りながら即効で寝ました。次の日、朝の早い時間に祖父の家を出て、駅で新幹線が動いているのを確認したら、指定席も取らずにフォームに入っている電車に飛び乗って帰って来ました。イヤハヤ、色々な意味で大変な1周忌でしたね。この親類達の慌てぶりを見て天国にいる祖父も苦笑していたかもしれません。とりあえず皆、元気でやっている事は分かって貰えたかな?

さて、もう1つゲームと全く関係ない話ですが、今話題のiPodを買いました。簡単に言うと、携帯型のHDに音楽を一杯詰め込んで聞き倒しましょうという類のモノです。仕事の関係でiPodを見る機会が結構あって、実際に手に取ったら妙に欲しくなってしまいました。今まで通勤中はCDウォークマンを利用していたのですが、CD−Rにある程度圧縮した音楽データ(アルバム20枚分ぐらい)を入れて聞くにしても、結局飽きたらポイですからね。でまた違うアルバムを選んで焼くにも時間が掛かりますし。その点、携帯型のHDプレイヤーなら削除も書き換えもスムーズに行えますし、量も今回20GBのを購入したのですが、基本設定なら5000曲は入るらしいので(アルバム1枚10曲とすると500枚分?)、アレコレ何を入れるか悩む事もありません。

ただ、これは購入してから気付いたのですが、付属のヘッドフォンにリモコンがないのですね。最初デフォルトで付いているのかと思っていたら別途購入でした。今迄CDウォークマンでは手元のリモコンで曲の選択をしていたので、それからするといちいち鞄から本体を取り出して操作するのは実に面倒です。曲が大量に入る分選ぶ手間もかかる訳ですから、この辺の機能は初めから付けて欲しかった所。それと本体の色といい形状といい、そのままだと汚れが大変に目立つのですね。筆者のも1日で画面に小さなキズがそこかしこに出来てしまいました。おかげで、何故に店で本体の横にiPod用のカバーアクセサリーが大量に売られているのかが良く分かりました。仕方なく筆者も安い透明ケースを購入しましたが、これも最初からデフォで付属していても良いように思いました。やはりMacは機能やデザインは優れていても、売る側としてのサービス精神がどこか欠けているような気がしますね。横柄な印象が常に付き纏ってしまう。おそらくこの調子だと近い将来、HDプレイヤーの需要も他のメーカーに取られてしまうのではないでしょうか。それすらもMacらしいと言えばそれまでですが・・・。まずもって、定額売りは止めようよ・・・。

やっとゲームの話です。先週から注目ニュースがいろいろありました。

まずはあまり嬉しくないニュースから。『マブラヴ・オルタ』はやはり年内発売は無理でしたね。発売日は2005年4月28日ですか。筆者とっては、このサイトの過去日記にもあります通り、今年の3月に前作をプレイしていますから1年待てば済む話なのですが、発売日に買った御仁にとってはさぞガッカリされた事でしょう。あるサイトで『マブラヴ』のソフトを叩き割って公開している所がありましたが、気持ちは良く分かります。ただ、多分ナンダカンダ言っても、皆『オルタ』は買ってしまうのです。アゲというオオカミ少年に嘘をつかれまくった村人はこの少年の言う事に耳を貸さなくなるのが道理のハズなのに、このアージュ村の村人は、何度嘘を付かれても、それでも信じて待ってしまう心の広い人達なのです。買っちまうのです、出ればきっと。もちろん、心の隅には不信感も多分に内在しているハズですから、もし『オルタ』がクソだった時、それはそれは素敵な光景が見られるのではないでしょうか。CD叩き割るぐらいじゃ済みそうに無いだろ。

次に嬉しいニュース。やはり何と言っても『ジルオール』のリメイクが発売決定した事でしょう。筆者も昔、”頼み込む”サイト等で『ジルオール』の続編希望に票を投じた経験がありましたが、当時の『ジル』製作担当者が集まらない等の理由で、リメイクや続編は難しいのでは?と言うのが一般的な意見でした。コーエーも他のシリーズ物に感けていて、『ジル』まで手が回りそうにありませんでしたし。「女社長がリメイクに乗り気で無いから」なんて噂が実しやかに語られたりもしましたね。だいたい、あのコーエーからして、こんなにもプレイヤーの評判の良いゲームをスルーする方が不自然ですから、妙な噂が出たのも頷けるというものです。そして遂にリメイク発売決定。女社長がやっと折れてくれたのでしょうか?

『ジルオール』の続編希望が多かった理由は、製品版で日の目を見なかったシナリオが多数存在した事にあります。実際にどのようなシナリオがあったのかは分かりませんが、世界設定からキャラクターに関する事までいろいろと書き切れなかった部分があった模様です。筆者が特に切望したいのは、レムオン話についてですね。もし削除されたのがハッピーエンドだとしたら、是非リメイクで採用される事を希望します。PS版のままではあまりに不幸過ぎますよ。『ジル』の中で随分と存在感を出しているのに、そのわりにEDが存在しないのは彼ぐらいなものですし。ティアナとのラブラブEDでも許してあげます。ホント幸せになって欲しい。因みに筆者はアトレイア派。

『ジルオール』のリメイク決定以外にも嬉しい報がありました。『家族計画』のPS2移植決定です。正直、この作品の家庭用ハードへの移植は難しいと思っていました。内容も然る事ながら、この作品のHシーンは必然的なモノでしたから。ただ、今回の移植にはシナリオライターの山田一氏が参加するようなので、この辺りの改変は氏が担当するならば納得です。でもあの鉢巻が無くなるのは・・・。そういえば筆者はこの作品を『ギャルゲー批評』で扱っていませんでしたが、その理由は、なんとかして『絆箱』を手に入れてフルボイスでプレイしてから批評しようと思っていた為です。ただ、周知の通りその品数故になかなか市場に出回りませんし、出ても万単位の値段が付いていてとても手が出ませんでした。今回の移植では最初からフルボイスらしいので、念願かなって嬉しさ100倍です。なんてったって、青葉の声を北都南氏で聞けるのですよ! 寛の声が若本規夫氏ですよ!! もう想像しただけで鼻血が出そうです。発売は来年の冬らしいのでまだまだ先ですが、気合で待ちます。批評はその後ということで。・・・それまでこのサイトが続いていたらの話ですが。

ゲームプレイの感想は次回にでもします。今週はあまりゲームが出来ませんでしたし。ただ、現在『召しませ浪漫茶房』をメインでプレイしているのですが、ちょっと感じた事が1つ。この作品の主人公が驚くほどべらべらと喋るのです。それもフルボイスで。ここでギャルゲーファンとして思うのは、こんなにも主人公に性格付けをしてしまったら、プレイヤーは感情移入しづらくならないのかな?と。筆者は男ですから、この場合だと少女漫画を読んでいるような感覚でプレイ出来るのである意味OKなのですが、実際に女性ゲーマーがプレイしたらハッキリ言って詰まらない(思い入れが沸かない)のではないかと思ってしまうのです。ギャルゲーの主人公が喋ったらそりゃ興ざめするでしょう? その辺りどのように折り合いを付けてプレイしているのか聞いてみたいものです。

【 2004/10/30 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)