第039回
血を吐きながら続ける楽しいマラソン

前回の日記で『家族計画』の発売は来年の冬と記述したのですが、それはとある雑誌に発売時期が”2005年冬”とあったからです。普通こう書いてあると、2005年の11月から12月辺りに発売するのかなぁと思うではないですか。ところが、先日に出来たPS2版『家族計画』のサイトを見ると”今冬発売”になっていました。”今冬発売”と言う事は、2004年内は無理としても2005年の1月〜3月の間ぐらいに発売すると言う意味に普通は取ります。もちろん、OHPの情報の方が正しいハズですから、雑誌にあった”2005年冬”というのは今冬の意味だった訳です。実に紛らわしいですが、ただ実際に2005年の1月から3月あたりを日本語で言うとやはり”2005年冬”としか言いようがないですよね。春だとまだ早すぎますし(ゲーム誌に春発売とあったらだいたい3月〜5月ぐらいを想像します)。うーん、やっぱり日本語表記って取り方が難しい場合がありますね。”春”発売とか”冬”発売とかは曖昧すぎて、まるで発売日を誤魔化しているかのよう。例えば2005年4月28日ってぐらい漢らしく発売日を明言してくれれば問題無いのですがね。え?それは論外だろって? ごもっともごもっとも。

さて、今週は大量にゲームを購入してしまったが為にエラい忙しい(ある意味楽しい)1週間でした。では現在プレイ中のゲームについてアレコレ。

1)鉄拳 TAGTOURNAMENT & 鉄拳4

筆者が昔ゲーセンで格闘ゲーを1コインクリア出来たのは、『鉄拳』『鉄拳2』と『龍虎の拳』の3本だけでした。故に筆者にとって格闘ゲーと言えば『鉄拳』の事なのです。まだ最初の『鉄拳』がゲーセンにお目見えしたばかりの頃は『バーチャ2』の全盛期で、ハッキリ言って『鉄拳』の筐体に座っている人などほとんどいませんでした。おかげで、『バーチャ』のようなポリゴン格闘ゲーをプレイしたくても、対戦だと絶対勝てませんし、人も多いのでプレイが見られるのも恥ずかしいし・・・と思っていた筆者の如き引っ込み思案なヘタレゲーマーにとって、『鉄拳』は別の意味でタイムリーだった訳です。あと、『鉄拳』が『バーチャ』のような対戦の駆け引きを楽しむゲームというよりは、大味気味なバランスで殴りまくって相手を倒すタイプのゲームだった事も、性格的に合っていたようです。特に10連コンボなどはそれの最たるものでした。当時は必死になって10連のコマンドを覚えたものです。

因みに最初に使っていたキャラはニーナでした。掌握からのサブミッションが楽しくて楽しくて。良くやったのが、掌握→立逆脇固→裏閂鷹羽紋のコンボですね。最後まで決まるとホント気持ちが良いのです。まぁ対戦では滅多に出せませんでしたが。のちにPS版が出た時はうっぷん晴らしにCPU相手にこの技を掛けまくっていましたね。『2』が出た当初もニーナを使っていたのですが、のちに準使いに変更。理由は簡単。とにかくスピードがあって連続技に隙がなかったからです。ある意味、卑怯なキャラでもありました。上下の打ち分けが厳しく、相手にするとガードするのが大変なのです。特に泰山白鷺刈足は対人でもCPU戦でも非常に有効な技でした。これと翠連紫雲の連発でほぼ相手を倒せてしまう程です。おかげで対人ではかなり嫌われましたねぇ・・・。とにかく筆者にとって風間準というキャラが格闘ゲーでは一番好きなキャラになりました。『3』でもきっと活躍してくれるものと思っていたのですが、なんと『3』では闘神に襲われて行方不明になったとかで操作キャラにいないのです。おかげで、ショックのあまり『3』はほとんどプレイしていません。といいますか、清楚なイメージはどこへやら、一八の子供を拵えるあたり意外と豪胆な方でそちらのほうがある意味ショックだったかも。一応後にPS版は購入したのですが、いろいろとキャラをイジってはみたものの、他にこれといってシックリくるキャラがいなかったので、結局封印。以降、格闘ゲーに対する興味が薄れるとともに『鉄拳』の事もあまり気にしなくなってしまいました。

で、最近になって『5』の情報が雑誌に載るようになり、また、今週の水曜に『鉄拳TAG』と『鉄拳4』がtheBestで再販される事を知ってから、もう1度『鉄拳』にハマってみようかと思い2本まとめて購入。最初に『TAG』に関してですが、あの風間準がデフォで使えたので早速彼女でプレイ。まず嬉しかったのが、勝ちポーズなど一連の動きがほとんど『2』と同じだった事。ポーズの最後に両手を前後にチョチョっと出す、あれが好きだったのですよ。うーん、感無量。しかも泰山白鷺刈足と翠連紫雲でほとんどのキャラが倒せてしまったのも感無量(コマンド覚えていた自分にもビックリ)。ただ、ラスボス、アレはもしかしたら闘神に操られた準自身だったのでしょうか? 最初に彼女を選んだのはもしかしたら失敗だったかも?

続いて『4』ですが、正直『TAG』とそれほど見た目が変わらなかったので拍子抜け。PS2ではこのクオリティで限界なのでしょうか? キャラクターもたいして魅力的なのがいなかったので、モノは試しとクリスティを選択。ところがこのキャラが実に面白い。実際、○と×ボタン(つまり蹴り)しか出していないのですが、それだけで勝ててしまうのです。操作していて驚くのですが、あまりにトリッキーな動きを凄いスピードで繰り出すもので、相手CPUもほとんどガードが読めていない感じです。とにかくこちらの攻撃がバシバシと当たるので、思いがけずストレス解消になりました。このキャラ良いかも。久々に技コマンドを覚えてみようかな。

2)エースコンバット04

今まで『1』〜『3』はプレイ済みの末端ACファンとしては、いくら購入を忘れていた(!)とは言え、『4』をスルーして最新版の『5』をプレイするのは不誠実だろうと思い、同じく水曜に購入。序盤プレイしての感想ですが、操作感覚が『3』とほぼ一緒だったのですぐに慣れる事が出来て好印象。クオリティは思ったよりも大した事ありませんでしたが、それでもPS時代の作品と比べれば本物により近くなりました。尾翼の稼動などは結構感動モノ。地上のグラフィックもリアリティが増した分、より”空を飛んでいる感覚”が強く感じられました。それと、話もなかなかに面白いです。『3』からACにストーリーが導入されたのですが、個人的には盛り上がる以上に邪魔に思えたもので殆どすっ飛ばしていました。『4』の場合はメインストーリーに第三者的な立場でプレイヤーが絡むといった感じなので、ストイックな印象が強くそれほど邪魔に感じません。逆にこのストーリーに出てくる少年の行く末が気になりますね。あとYELLOW13も。

3)魔界戦記ディスガイア

これも水曜に廉価版が発売されたので購入。以前こちらの日記で積みゲーの1つとして『ファントム・ブレイブ』の事を取り上げましたが、あれはもう勢いでダンジョン師にダンジョンを作らせて、そこで各メンバーのレベルを100まで上げて即効でストーリーを進めてEDを見ました。故に感慨もあまりありませんで、評価もイマイチといった所。それもあったので、大して期待せずに『ディスガイア』の方もプレイしてみましたが、ストーリーは断然コチラの方が面白いです。ギャグ調メインはこのキャラ絵にはあっている気がしますし、そのキャラも性格にちょっとずつ毒が入っていてソコが妙に笑えます。システムも単純明快なSRPGなので、『ファントム』の如く戦闘でアレコレ悩む必要がないのも好印象。ただ少々ジオパネルが複雑そうな感じがします。それはこれから攻略情報を仕入れて打開するとしましょう。

4)碇シンジ育成計画

これは先週購入したソフト。某所の評価ではifモノのエヴァ作品としては遊べる方らしいです。まぁ筆者はLASさえ堪能できればなにも言う事はないのですが。こちらも触りだけプレイしましたが、3D戦闘になると家のパソコンの劣悪環境の為か動きが異常にロースピードになって、見ていてイライラするのです。もっと早く殴れや!と・・・・・・あいや、アスカがいれば何でも許しますよ、アチキは。

5)ウルティマ・オンライン 武刀の天地

なにもこの時期に拡張バージョンを出さなくてもいいのに。今回和風テイストの徳之諸島が追加されて、日本人プレイヤーには嬉しい限りなのではないでしょうか。とりあえずアップグレードして徳之諸島を探訪してみましたが、早々に5回ほどヌッ殺されました。フェイム激減です。硬いし痛いしなんなんだよもう・・・。

6)Wind −a breath of heart−

なにかギャルゲー分が足りなくなってきたのでついでにこれも水曜に購入。今更DC版。筆者は主にギャルゲー情報を『電撃G’smagazine』から収集しているのですが、この雑誌に付録漫画が半年前ぐらいから付いていて、そこにこの『Wind』のマンガも連載されていました。結構面白い上に妹のひなたというキャラにも好感が持てたので、実際にどんなゲームなのかネットで情報収集する事に。すると、とあるサイトで妙な言葉が引っかかりました。ゲーム業界用語事典というサイトなのですが、ここに『Wind』に関連する用語として”問い詰め”という言葉がピックアップされていて、読むとなかなかに興味深い話が載っていました。完全なネタバレなので読んではいけなかったのかもしれませんが、当方としては逆にコレを読んだが為に購入に踏み切ったとも言えます。ギャルゲーファンとしてはコレを見ない訳には参りませぬ。ホントにこんな事をしてくれるのか、これから確認すると致しましょう。

7)召しませ浪漫茶房

案の定、1回目プレイは大失敗に終わりました。最初から男どものハートは射止める気は更々無く、とにかくお店繁盛に重点を置いてプレイしたのですが、最終月になってもランキングは20位そこそこというテイタラク。お菓子は殆ど作れない、店も2段階目までしか改築出来ない。畑は枯れる、採取に出かけても何もゲット出来ない等、悪循環の塊みたいな1周目でした。やはりある程度男どもと仲良くなる必要があったのでしょうか? 一人だけ道明寺兄からレシピを貰ったのですが、もしかしたら他のキャラからも貰えたのかも? 結局、レシピを貰わない事には、一からお菓子を作るのにも限界がありますし、高いお菓子が作れない分経営も立ち行かなくなりますからね。でも、意外と男どもの好感度をあげるのも難しそうな気配です。柏にはそれなりに良い返事をしていたはずなのですが(誕生日プレゼントもあげたし・・・春本だったけれど)、結果は然り。うーん、思ったよりこのソフト、難易度が高かったです。攻略サイトを探して情報収集してから2周目に挑んだ方が後々苦労せずに済みそう。まずもって目標はランキング第1位。男攻略は二の次という事で。

あ、そういえば吹月葵って娘、好み直撃でした。最近、ギャルゲーでもこんなに分かりやすい高飛車キャラ珍しいですし。攻略できねぇかなぁ・・・ってレズゲーになっちまうか。

という感じで、とても楽しい、ある意味地獄のマラソンプレイが開始されました。この中で幾つクリア出来るのか、自分でも見物であります。結果はオイオイ。

【 2004/11/06 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)