第044回
サラソウジュノハナノイロ

やっと『星界の戦旗』の最新刊が出るそうで。前のIII巻が出たのが調べた所2001年の3月だったので、3年9ヶ月待った事になります。長すぎる! 『紋章』のストーリーすら忘れてしまいそうです。まさか尻切れで終らすつもりでは?などと懐疑的にもなりましたが、まぁ出るのが決まって正直ホッとしました。12月21日は即効で買いに行く所存です。・・・しかし、サムソンさんのいない『戦旗』はどうなのだろう?

ゲームの話。最近『Fate/stay night』のアンソロ買ってきて思ったのですが、FDって本当に出るのでしょうか? もう本編発売から1年近く経ちますが、OHPを見てもなんの音沙汰も無し。これでは『Fate』を出して以来、何らかの新作情報の開示すらしないTYPE−MOONに不安と不満を感じずにはいられません。確かに『Fate』はエロゲー史上稀に見る売り上げを記録した訳ですが、だからといって1年近く何もアクションを興さないでも会社としてやっていけるものなのでしょうか? 少数精鋭が逆に裏目に出ないか心配です。講談社版『空の境界』も思ったよりブレイクしたようには見えなかったですし、グッズの売り上げもソフトあってのモノダネですからね。何と言いますか、もう少し企業的に元気のある所を見せても良い様に思います。ニトロプラスでも見習って欲しいもの。何故ここでニトロを例に出すのかと言いますと、『デモベ』のPS2版を通販で購入したのがキッカケなのでしょうが、ここ最近ニトロから『Nitro+ Direct』称する宣伝メールが毎週のように送られてくるのです。正直、ここまでせんでも・・・と思わないでもないですが、エロゲーメーカーでこの企業努力は賞賛モノですね。実際、来月発売の『天使ノ二挺拳銃』は買う気になっていますし、『機神飛翔デモンベイン』もめちゃくちゃ楽しみにしています。やはりある程度コンスタントに情報を開示してくれればファンとしても期待が持てますし、付いていきますよ。TYPE−MOONだっていまや押しも押されぬ一流メーカーになったのですから、この辺りもう少し考えて欲しいものですね。ネコミミモードじゃあ誤魔化されんぞ、わしは。・・・とは言え、『Fate』のFDをこれから出すとしても、タイミングを少々外している気もするしなぁ。

さて、今回のイラストを見ていろんな意味で眉を顰めた方がいらっしゃる気がしますが(ニテネーモン)、もう何度もネタしているほど積みゲー溜まりまくりの現状で、つい『双恋』買ってしまいました。いや、もうゼンッゼン買う気がなかったのですが、先週のファミ通でなんとあのギャルゲーソフトに辛い点を付ける事で有名なカミカゼ長田氏が、この『双恋』に8点を付けたのですね。流石にこれには驚いて、電撃G’smagazineのバックナンバー引っくり返してソフト情報を見たのですが、やはりそれほど面白いようには感じられず・・・。しかし「あのカミカゼ氏が8点だしなぁ」などと気になりだしたら止まらなくなって、木曜の会社帰りには秋葉原に立っている自分がいました。今月まだ買うソフトがあるのに。

で、昨日半日ぐらいプレイして白鐘姉妹をクリア。きちんとした感想はギャルゲー批評に載せますが、うーん正直8点は大げさかなぁという気がしないでもありません。イベント前後で話の整合性が取られておらず、矛盾点を多数確認出来たのがまずマイナスポイント。それとメインキャラ以外のデザインがあまりにおざなりでこれにも違和感を覚えました。最近のギャルゲーは背景の奥行きにも力を入れて表現するメーカーが増えてきましたから、それからするとヒロイン達を盛り上げるべき様々な要素が欠落しすぎているのですね。これはもうちょっと改善すべき点であったと思います。

ただし、流石は『シスプリ』のメディアワークスです。萌えポイントは的確に突いて来ます。特に沙羅は巷で人気あるのが頷けるほど萌え転がれました。あそこで泣くとはコンチクショーメ! 双樹も、いつもは沙羅に引っ張って貰っていつつ、肝心要の所では沙羅より意思の強さを垣間見せる気丈さがあって、この辺りも実に好感が持てました。他の双子と違って、姉妹の性格が180度違うというシチュエーション故に、2人の仲の良さがよりクローズアップされて良い印象が持てたとも言えそうですね。こうなってくると後の双子は性格からして似通っているように思えるので、逆にストーリー的にどう膨らませるのか気になる所ではあります。次は千草姉妹でもいってみましょうかね。なんでも一番人気が無い姉妹らしいですが。

来週は『MGS3』が出ますな。買わなきゃ。はぁぁぁ・・・。

【 2004/12/11 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)