第046回
写真ネタやめい

あけましておめでとうございます。

他所様のイラスト系サイトを見るとほとんど新春絵が飾られていて華やかでございますが、筆者の所では寂しいかな写真ネタでございます。今年はもうちょっと気合入れて更新する予定なのですが、いきなりコレでは気合も不発くさいかも?

上の画像ですが、『ウルティマ・オンライン』での1月1日午前0時0分30秒ぐらいの風景です。『UO』では毎年、年末になると神社が何処かしらに建てられます。で、年が変わる時間になるとそこにワラワラ人が集まって、0時0分になった瞬間に「あけましておめでとう」と文字を打つ訳ですが、皆が一斉に入力するものだから(ついでに魔法やら花火を打ちまくる人が続出するので)ラグが発生して若干文字が遅れて表示されるのですね。だからこの画像もジャストタイムから30秒ぐらい遅れて撮りました。筆者にとっては正月の風物詩になっております。

すみません、もう1つ写真ネタ。こちらの卓上カレンダーを見て「あっ」って思った方、どれぐらいいらっしゃるでしょうね。コレ、『ときめきメモリアル3』の発売と同時期に出た攻略本に付属されていたカレンダーなのです。2002年の1月から始まり、2005年の3月で終る、つまり『3』のプレイ期間をそのまま本物のカレンダーに仕立て上げた物なのですね。とにかく3年分ありますから、かなり便利なのでこの期間ずっと机の上に置いて使ってきました。でも、それも今年3月で終わりです。出来ればこれと変わる丁度の時に『4』が出て欲しかった・・・。しかし、もし本当にコナミが『4』を作っているとすれば、流石にそろそろ情報が開示されてもおかしくないように思うのですが、はたして? 『ガールズサイド』は『2』が出るのになぁ。

さて、去年は積みゲーをほとんど消化しきれず不満の残る1年でした。今年こそはなんとか処理したい所ですが、もう既に怪しい気配が漂っております。とりあえず『双恋』はロリキャラ以外はクリアしました。が、昨年末に『ToHeart2』が出ていた事をすっかり忘れていたもので、たぶん明日にでも購入に走るでしょうし、ギャルゲー消化率も一向に下がる気配がありません。アクション系も『決戦III』が思いのほか難度が高いもので、時間がかかって『MGS3』まで手が回りませんし。その『決戦III』ですが、正直微妙な出来。力押しでのボタン連打がプレイの殆どを占めている為、緻密な戦略システムを期待していた者としては少々がっかり。キャラクターは個性的かつ魅力的に仕上がっていますし(帰蝶は期待に違わず萌へる!)、ストーリーもここまで史実と相反していれば逆に清々しいばかりですが、それらの良さを軽く一蹴してしまうほどに戦闘部分が練り込み不足の為、プレイ時間を鑑みれば途中で飽きてしまう可能性が大きいのです。なにかもう少しプレイヤーの興味を繋ぎ止める工夫が欲しかった所ですね。筆者はもちろん帰蝶の為に最後まで『決戦III』プレイする所存ですが、他に面白いゲームが出た場合、後回しにしてしまうかもしれませぬ・・・。

それとかなり前に話題にした『beatmaniaIIDX 6thstyle』ですが、意外とプレイ時間を割いています。相変わらず、ビギナーモードとドリルモードのみのプレイですが、ビギナーに関しては隠しを除けば59曲中57曲クリアしました。ちょっとづつですが難しいと思っていた曲がクリア出来るようになって、それが実に実に快感なのです。最初見た時はビギナーでも絶対クリアは無理だろうと思った「ABSOLUTE」が攻略出来た時は、思わず小躍りしましたね。後は「COLORS」と「GET ON BEAT」の2曲だけになったのですが、この両曲に共通しているのが、同時押しに他のボタンが絡むパターン。筆者はどうもこれが苦手のようで、いつも同時押しの方に気を取られて押し間違えてしまうのです。あと微妙にテンポが変わる(バーの間隔がちょっとずつズレている)曲も苦手。これらを克服出来る日は来るのだか・・・。一応この『6th』のサントラを買って通勤中に聴いていたりもするのですが、この努力が実ってアーケードモードも楽にクリア出来るようになるのが今年の夢の1つですね。

他にも積みゲーはゴロゴロあるのですが、これらが年末に急増した最大の原因は実は『魔界戦記ディスガイア』にあります。これはゲームが溜まっている時に買うブツではありません。イヤハヤおっそろしくハマります。なにせ合間を見つけてのプレイで既に90時間も遊んでいるのですから。こんな殺人級のゲーム、忙しい人は買ってはダメですよ。特に物事にハマりやすい人は要注意ですよ〜。もし間違って買っちゃっても、アイテム界にはクリアするまで行っちゃダメですよ〜。4章から先進まずに80時間も入り浸っている、筆者みたいになりますからね〜。新作の『ファントム・キングダム』が出るまでにクリア出来るのか心配心配。

新作についてちょっと触れたので、2005年に買う予定のゲームをファミ通を見ながら以下に列挙してみました。

絢爛舞踏祭
影牢II−ダークイリュージョン
モンスターハンターG
ラジアータ ストーリーズ
川のぬし釣り ワンダフルジャーニー
ランブルローズ
家族計画 〜心の絆〜
ウィザードリィ 〜前線の学府〜
ジルオール インフィニット
ファントム・キングダム
この晴れた空の下で
天外魔境III NAMIDA
Killer7
ファイナルファンタジーXII
鉄拳5
ワンダと巨像
サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜
サクラ大戦V 〜さらば愛しき人よ〜
イースIII 〜ワンダラーズ フロム イース〜
イースIV 〜マスク オブ ザ サン−ア ニューセオリー
イース −ナピシュテムの匣−

PS2のみでも結構ありましたね。積みゲー、たぶん消化しきれないなコレでは。『イース』系が多いのは、今年は『イース』の年になるような気がしたもので。まぁオンラインゲー化は蛇足だとは思いますけれど。列挙した中で特に期待しているのが『Killer7』です。また51ワールドが楽しめるのかと思うと嬉しくてなりません。昔、別サイトで『シルバー事件』と『花と太陽と雨と』の用語集を作っていて頓挫した事があったのですが、もし『Killer7』がこれらの作品と多少なりとも関わりがあったとしたら、また気合を入れて用語集を作り直す予定。確か『Killer7』のムービーにサンダンスがいたような気がしたのですが・・・。

言い訳臭くなりますが、『ランブルローズ』はですね、別に疚しい気持ちで買いたいのではないですよ? 今のコナミの3D技術を見てですね、『ときメモ4』でイカにイカされるのか、見たいだけなのですよ? ほんとそれだけですよ? ウソジャナイヨ?

・・・今年もどうぞ宜しくお願いします。

【 2005/01/02 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)