第047回
意外と楽しい『ToHeart2』

新年早々痛い事が起きました。以前、こちらの日記でもネタにした事があるのですが、筆者は『電撃プレイステーション』という雑誌を創刊号から欠かさず購入してきました。が、とうとうその連続購入記録も291冊でストップになってしまいました。理由は、電撃が増刊号として12月3日に発売した『電撃PSP』に292号の連番が振られていた為です。まさかコイツが292号だとは全く気付かずに買わずにスルーしていた所、年が明けて書籍の整理している時にこの番号のある雑誌が欠けている事に気付きました。調べてみるとそれが『電撃PSP』である事が分かり、慌てて1月3日に秋葉原を探し回ったのですが、結局見つからず。ネットで電撃屋(電撃系書籍の通販を行っている)に飛んで在庫を確認しましたが、こちらも既に品切れ状態でした。後日、地元やら会社周辺の書店も見て廻りましたが発見する事が出来ず、新年そうそう大ショック。『電撃PSP』ってぐらいですからネタ的にもタイムリーですし、値段も300円と普段より若干安めだったので、雑誌自体の売れ行きも良かったのかもしれません。在庫が無くなるのも分かりますよ。とはいえ、これだけは言わせて欲しい。何故に増刊号に連番振るよ電撃ぃ!? 前にもこんな事があったが、いくら関連があるとは言ってもタイトルの違う雑誌に連番を振るのだけはやめてくれ! もうショックで買う気無くなったよ!! 何年買い続けてきたと思っているんだバカヤロー・・・。

と、やさぐれ風味の筆者をも一瞬にしてハッピー気分に叩き込んでくれるのが、現在プレイ中の『ToHeart2』です。先程までサラっと他のサイトの当ゲームに対する評判を見ていましたが、「ややイマイチ臭い」、「手放しでは褒められない感のある」、「ビミョーに低評価」、な感想を述べている所が多い気がしました。中でも、シナリオに対する不満がやはり少し目立っていたでしょうか。まだ全てのキャラを攻略した訳ではないので、全体的評価の点で何とも言えない所がありますが、現時点でハッキリ言える事が2つだけあります。

るーこ萌え!

由真萌え!

の2つ。正直、この2人のシナリオに関してはなんの不満も持たないどころか、久方ぶりにゴロゴロ転がれる、超絶なる萌えっぷりが体験できました。特にるーこ。最後泣いたぞコンチクショー! 確かに少々不思議な終り方ではありましたが、ネタバレを避けて言えば、あれは”るーこのうーとして生きる固い意思”だと思いました。それでも嬉しかったなぁ。はなさへん! はなさへんよ〜!

それと由真ですが、こちらもビックリするほど萌えましたね。恐らく『こみパ』でちゃん様に転んだ方なら、間違いなくど真ん中ストライクだと思います。無駄な張り合いを一心不乱にこなすうちに情が移る展開は、流石はアクアプラス、巧さを感じます。それと最後に由真が言う”秘密”の意味が最初は分からなかったのですが、某大手掲示板でそれの解釈を読んでなるほど納得、更に萌え度がUPしました。食堂でマズいって言ったのはそういう理由だったのか・・・。

そのうち他のキャラも含めて、こちらの日記かギャルゲー批評の方でキチンとした感想を述べます。実際、まだ4人しかクリアしていませんし。巷では委員長が一番人気のようですが、はたして上記2人よりも萌えられるのか実に楽しみです。全体的な評価も後日に行う予定ですが、4人クリアの段階でちょこっとだけ言わせて貰うと、「前作の作風は忠実に、加えて、新たな『ToHeart』の世界を構築する事にも成功した作品」と見ています。荒削りな部分も確かに存在しますが、大局で見ればアクアプラスはそれでも相当頑張ったと思いますね。前作でメインを張ったあの3人が居なくてもこれだけのモノを作ったのですから、自信を持っても良いハズ。結構、復調の兆しが見えてきたかもしれませんよ?

そういえば作画監督の欄に渡辺明夫氏の名前がありましたが、まさか、ぽよよん☆ろっく氏が『ToHeart2』に参加していたのでしょうか? ううーん・・・?

【 2005/01/08 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)