第052回
SCPH−70000我が家に立つ

とうとう新型PS2を購入してしまいました。感想。

薄い!

販売店で何度も見てはいたのですが、実際に自分の家に置いてみるとその薄さがよりセンセーショナルに感じられました。薄すぎだろ、ホント・・・。ソニーが技術の出し惜しみをしていたとしか思えませんよ。兎に角この変化には驚愕しました。2万近くの出費は確かに痛かったですが、ある意味納得。

ただ気になったのがトレイの開き方。以前のPS2はトレイが前面にスル〜っと飛び出す仕様だったのですが、この新型は旧PSと同じく上部にパカっと開くタイプでした。つまり、縦置きにするとソフトを出し入れするのが面倒になってしまったのです。それと、詳細は上に貼り付けた写真を見ればお分かりになると思いますが(昔のデジカメで撮って補正をかけたので綺麗ではありませんが)、蓋が上(縦置きだと左側)に開く分スペースをそれだけ取らねばならなくなって、本体の薄さの意味が無くなってしまうのです。仕方が無いにしても、縦置き派の筆者には少々残念な所ではありました。そうとは知らずに縦置きスタンドを本体と同時購入してしまったので、今も縦置きのままですが、もしこれから購入を考えている方がおられたら、素直に横置きにする事をお奨めします。

ところで、そろそろ次世代ゲーム機の話題が雑誌の記事に載るようになってきました。筆者が今もっとも期待しているのがX−BOXの台頭です。PS2の新型を買っておいてなんですが、SCEに危機感を持たせないと結局これまで同様、殿様商売がいつまでも続いてゲーム業界自体がまるで発展しない状況に陥る気がするのです。個人的にはゲーム機を”家電品”と捉えるSCEの姿勢もあまり好きではありませんし。任天堂はもう昔の勢いは無く、DSもPSPに押され気味ですし、据え置きのゲームキューブは見る影もありません。サードパーティにも逃げられる現状では、お子様向けのゲームで活路を見出すしかなく、到底SCEを打破するに至るとは思えません。そうなるとやはり資金面では潤沢なMSのX−BOXの存在が、次世代機でSCEのライバル候補一番槍と言う事になりそう。ハード面は前回の二の轍は踏まないと息巻いている通り、より日本人向けにコンパクトにしてくる可能性は高いでしょうし、機能的にもそれほどSCEに引けは取らないでしょう。次世代機が世に出るタイミングでサポートにより力を入れれば、以前のマイナスイメージの払拭にも繋がるハズ。ソフト面でも、最近話題になった元スクウェアの坂口氏がX−BOXでRPGを出すと明言した事もあり、以前にも増して有能な製作者がMS陣営に転がり込む事も予想されます。多額の金を融資してソフト開発の後押しをするとも言われていますし、意外とSCEよりも早くソフト供給が充実してしまうかもしれませんね。様々な点で楽しみな次世代機の今後の展開。とにかく一人勝ちの様相はゲームファンとしては絶対に打破して頂きたいので、X−BOXの頑張りに期待します。

もしもの話、NECが次世代機戦争にPCエンジン(FX)の後継機で参戦とかなったら心の底から応援するのですが、ぶっちゃけアリエナーイ。

ゲームプレイの方ですが、相変わらずモクモクと『ラジアータ』の3周目をプレイ中。それと同時に前回ちょろっとだけ言及した、『Pure×Cure』もやっていました。プレイ自体は先日終了して、今回の更新の前に特集ページの『ギャルゲー批評』に感想をアップしました。なかなかの良作です。詳しい感想は該当ページにて。プレイの順番からすると『双恋』『To Heart2』の批評が先に書き上げるハズだったのですが、いろいろありましてこれまた後日に。その『To Heart2』ですが、先日ファミ通から攻略本が発売されました。最近のファミ痛の攻略本は特にピンとくるものがありませんでしたが、これはなかなかに充実しています。書き下ろしイラストが少ないのが難点ですが、これだけシッカリと攻略されていれば文句もありません。EDのCGが網羅されているのも好印象。ディレクターの鷲見氏がFDについてちょろっと言及していましたが、実現する事を心から希望します。それと今度は『双恋』に関してですが、続編製作が決定したそうで。タイトルは『双恋島』。なんといいますか、即物的なタイトルが素敵。システムの充実とかシナリオの充実とかはこの際期待しないので、とにかく個別キャラのシナリオがそれなりの尺幅になっている事を希望。淡白でもこの際良し。長く浸らせてくれい。

ギャルゲーばかりでなんですが、期待しているPCゲーが2本。1つは巷で大人気の『処女はお姉さまに恋してる』。ツンデレの厳島貴子に惚れたので(人気投票で1位ときたもんだ)、市販でもそろそろ普通に手に入る頃でしょうし、機会があれば(もしかしたら来週にでも)購入しようかと。もう1つはこれから発売予定の新作ですが、Littlewitchの『少女魔法学リトルウィッチロマネスク』。OHPを見た限りではギャグメインっぽいのでかなり期待しています。今回はFFDはやらないのかな?

・・・本当は『A列車でいこう7』を買う予定だったのですが、バグだらけらしいので購入を見送り、その分の浮いた金でギャルゲーでも買おうかと。ああああああ、ナにやってんだよアートディンク・・・。

最近、こちらの日記でライトノベルについて言及する事が多くなったので、それならと更新ページの下にその週に読んだ本の感想を書いていく事にしました。飽きっぽい性格なので恐らく2ヶ月ぐらいで消滅するとは思いますが。

○ライトノベル読了記 2/28〜3/4

◆ ばとる・おぶ・CHUCHU

全巻読破。ここ最近読んだライトノベルでは最低の作品でした。あのオチには憤りしか感じません。とにかく前半にあった設定がほとんど意味無いものになっているのが痛い。結局、吸血っ娘と痴話喧嘩している以上に緊迫感はありませんでしたし、そうなると「この学園の存在する意味って何?」とひたすら疑問符出まくり状態に。ラストのばあさん連中がノコノコ出てくる必要性も判らんし、朱堂って出番それだけか!と。この行き当たりバッタリな結末からするに、もしかしたら途中で打ち切りにでもなったのでしょうかね? その方が納得。この程度の作品に3000円も払ったのかと思うとホント情けなくなってきますが、これも1つの経験と思って同じ轍を踏まないよう気をつけます。イラストで判断するのは早急であると・・・。

◆ GOSICK

既に2巻まで読んでいたので残りの3、4巻を読破。正直、「しまった」と思いました。基本はヴィクトリカと久条くんが様々な事件を解決していく所謂、”ラブ(コメ?)探偵モノ”なのですが、それだけだと非常に面白いのです。最高級評価を与えるに十分の価値がこの作品にはあるのです。ただし! ヴィクトリカと久条くんの関係がコレ以降発展するには超強大な障害が1つ存在していて、それが為にどうしても構えて読んでしまうのですね。もちろん、それは2巻の”占い”にあります。最初コレを読んだ時はそれほどの強制力は無いように思えたのですが、4巻まで読んでこの判断を覆さざるおえなくなりました。この作者はたぶん、占いを成就させるでしょう。当方はアンハッピーが読みたくてライトノベルを齧り始めたのではないので、ある程度話の先が見えて自分に合わなければスルーすれば良い話なのですが、これは普段の推理劇や2人のやり取りの面白さがある為に捨て置く事も出来ません。そして恐らく嫌な展開を見るハメになるのでしょうね・・・。「しまった」と思ったのはこの為です。これこそ占いの呪いではないのか?

◆ 伝説の勇者の伝説

5巻まで、外伝は1巻まで読破。かなり暗い話です。良い人がバンバンゴミのように死んでいきます。この作者はリアリティとご都合主義のバランスについてあとがきで言及していましたが、それこそこの作者の”ヘタ”な部分だと感じますね。リアリティ自体が借り物にしか見えない為に説得力が無く、物語の土台がえらく空虚な印象がしてしまうのです。例えば、銀河英雄伝説とベルセルクとスレイヤーズを読んだ事がある人にとっては既視感以上のものを感じないでしょう? 読書量が豊富な人なら尚更です。話の切り口がこの程度では、既視感を意識させないで読者に世界観を刷り込むのは無理。リアリティ準拠のシリアス物はこの作者には合わないような気がします。ギャグメインの外伝を書いている時点で、これは自明の事でもあるのでしょうが。・・・少々キツイ事を書いてはおりますが、それでも5巻まで読んだのは、物語のメインの流れに絡んだり離れたりする主人公とヒロイン(ヒロイン?)の存在にあります。彼らの弄り方次第では面白くもツマラなくも如何様にも料理出来そうで、それだけがこの本に対する興味を繋ぎ止めています。6、7巻を首尾よく古本屋で手に入れたので、この2冊が今後もこのシリーズを読み続けていくかの鍵になりそうです。

【 2005/03/05 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)