第054回
素敵無敵の貴子さん

先週末に『処女はお姉さまに恋してる』、通称『おとぼく』を購入。その日の夜からプレイを始めました。

最高。

当サイトの特集ページにあります「ギャルゲー批評」で最高評価である☆マークを付ける事が確定しました。感想自体は後日にて当該ページにアップします(まだ2人しかクリアしておりませんので)。とにかく凄い作品です。是非ギャルゲーファンを自負している方、プレイしてみてください。貴子さんに惚れる事、間違い御座いません。

スゲー・・・スゲーツンデレだよ、貴子さん!

早く他のキャラがクリアしたいのに、貴子さんストーリーに見惚れてしまってそれ所ではありません。貴子さんをクリアすると漏れなく、普通のツンデレキャラでは満足出来なくなる危険が御座います。正直、ツンデレがメインと言われている、きゃんでぃそふとの新作『つよきす』でもこれに迫れるのか不安一杯。ってか、たぶん無理。もちろんそれでも買いますが・・・。あー、誠に貴子さんは罪。存在自体が罪。「きゅうぅぅぅぅぅ〜」は卑怯過ぎる。素晴らし過ぎる。ほっぺ膨らませて袖を掴む貴子さん。破壊力満点。ダメ。モウダメ。オレダメニンゲンニナル。タカコサンタカコサンタカコサンタカコサンタカコサンタカコサンタカコサンタカコサン・・・・・・。

今回のイラストはもちろん貴子さん、モディリアーニ風。どこが?と言われるとちょっと辛い。似てネェしな。

○ライトノベル読了記 3/14〜3/18

◆ 乱破GOGOGO!

最低ランク更新。『ばとる・おぶ・CHUCHU』より酷い。1冊で完結だった分、金銭的ダメージは少なくて済みましたが、コレを読んだ時は正直ライトノベル買うのを止めようかと思いました。今、ラノベの世界は人手不足なのでしょうかね? この程度の作家に1冊本を出させる程に。とにかく、物語の背景やキャラに付随すべき設定を端折り過ぎていて、さっぱり愛着が持てないのです。おそらくメインヒロインであろう静刃に対しても、終始痛々しさしか感じないのだから相当問題。こんな中身空洞な上っ面だけ今風ラブコメキャラで綴られても、かえって有り勝ちなドタバタ劇が寒々しく見えてしまう。なんだか批評するのもアホらしくなってきた。最後に言える事。帯にある島本和彦氏はいい面の皮だったろうなぁと。

◆ ご愁傷さま二ノ宮くん

1巻読破。物語の構成や設定の造り方はとても巧く、文章も読みやすく深みもあります。だけれども筆者はこの作品、大嫌いです。ここ最近ラノベを読み続ける中で、趣味趣向の面で合わないと感じた初めての作品でした。主人公の姉ちゃんとヒロインの兄ちゃんが最低最悪。ここまで登場キャラに頭にきたのは久しぶりかも(敵キャラならいざしらず、とりあえず身内だしなぁ)。しかも主人公がこの両キャラにハッキリと面と向かって反抗しないものだから、ストレスが溜まる溜まる。ヒロインには一応好感は持てたのですが、こちらもあまり自己主張するタイプでは無い様なので、結局、インパクトの強い姉ちゃんと兄ちゃんばかりが目に付いてしまって、総体的に見ると嫌悪感が先走る事に。うーん、まぁこれは個人的趣向の問題ですし、他の幾つかの批評サイトを拝見した所、大抵は好意的な評価が付いていたので当方の意見が少数派なのは確かでしょうが、なにか釈然としないのですよね。最近、姉ゲーで夢見過ぎていたのかなぁ・・・。

◆ うさ恋。

1、2巻読破。動物好きな方、動物を飼っている(昔飼っていた)方、うさぎが好きな方、『うさぎは寂しいと死んでしまう』と本気で思っている方、読んだら大変な事になります。鬼のように萌えまくり。ロリキャラ嫌いの筆者をここまで萌やすとは、凄まじいパワーです。確かにあざといと言えばあざといのです。どの媒体でも、動物を絡めるとやはりなにかと感情移入しやすいですしね。ただそれを巧みにラブコメノベルに昇華せしめたこの作者の手腕に素直に敬服いたします。話の魅せ方も絶妙。2巻のラスト、七色の玉でサッカーをする所が特に好きですね。この作品の最も根幹の部分があそこに凝縮されているように思えて、なんだかジーンとしてしまいました。真雪ちゃん、一緒にサッカーがしたかったのね・・・。いやほんと素晴らしい。ちょっとラノベに不信感を覚えていた所だっただけに、余計に当作品が輝いて見えました。早く続きが読みたいものです。この作者の他の本も読んでみようかな。

◆ いぬかみっ!

5巻読破。何故か5巻だけなかなか見つからなかったのですが、秋葉でさっくりゲット。やはり秋葉はラノベにも強かった。最近、ラノベ批評サイトをよく閲覧するようになったのですが、そのなかで「おおっ!」っと思ったのがこの『いぬかみっ!』の批評。もう既に言われまくっていた事のようなのですが、この作品を『うる星やつら』と比較するサイトが山程あって、それを見て当方も即「なるほど」と頷いてしまいました。確かに『うる星』とは言い得て妙。嫉妬に狂っての電撃がしゃくちな訳ですな。啓太の女好きもそう思うとあたるっぽい無駄な足掻きかも。ただ、もちろんそっくりパクっているとは思いませんよ。特にようこにはまだ明かされていない過去設定があるような感じなので、その分ミステリアスで思慮深い印象があります。5巻の肝は死神とのバトルですが、ラストのようこには震えましたね。やっぱり彼女にはなにかありそうだなぁ。とにもかくにも、5巻も面白く読ませて頂きました。この作者は文章が読み易くてグー。6巻も近々発売になるようなので、楽しみに待ちたいと思います。これは筆者の願望ですが、いぐさも啓太の犬神にならんかなぁとか思ったり。だいじゃえんモノだけれど。

◆ オーパーツ・ラブ

嬉しい事に(この作者にとっては嫌な事でしょうが)、2ndシーズンから3ndシーズンのSP本まで計8冊を古本屋で安い値段で手に入れられました。おかげで今週の後半は『オーパーツ』まみれ。結果、好きなラノベシリーズ物の1つにこの作品を必ず挙げる事に決定。いやもう『サザエさん』よろしく、いつまでもこの展開を続けて欲しい。もちろん、当方はイプ様愛好家でございますから、獏×イプ様でラストを飾るならそれでもOKなのですが、もうちょっと亜弐やみーこや玖実やアヌさんやパッティがいる、ついでに親父さんが偶に絡むような”ほのぼの家族”も堪能したい所であります。小泉は心底いらねぇ。とりあえず購入した8冊のうち3ndシーズンの1巻まで読みましたが、一番面白かったのが2ndのラスト3巻目。イプ様を復活に導いた獏に乾杯。「おまえだけが来てくれた」と言うイプ様もめっちゃ良いです。そのままくっつけ、ちくしょい。今回イプ様を貶めたツタンカーメンは、シリーズ通しての敵になりそうな気配。でもアンさんがいるので強烈にムカつく敵になる訳でもなさそうで、このシリーズにはその方が合っている気もします。偶にチョッカイを出す感じが良いかな? イプ様がきっとその都度活躍するでしょうし、そうなるとイプ様ファンにはツタンカーメンは良いお得意さんかもしれませんな。頑張れ、イプ様! って事で今週の『オーパーツ』の感想はこんなもので。続きは来週。

◆ ベルガリアード物語

知人に復刊されたと聞いて驚きつつも即、書店に行って1巻購入。中身はまだ読んではいませんが、おそらく昔とそう変わっていない感じ。それよりもやはり気になったのが表紙の激変振り。昔からのファンにとっては、この近年のオタク媒体にありがちな爽やかイラストでもOKなのでしょうか? 2001年にこの本を読み始めた筆者からすると、おおやちき氏の絵の方が違和感を覚えたくらいですが、それでも読み続けていけばこれがデフォルトになってしまうものです。その眼で今回の復刊した表紙を見ると、ポルおばさんの若過ぎる且つ美人過ぎる顔に好感が持てるような、「なんか違う」と少なからず思ってしまうような複雑な心境でした。とりあえず、ダーニク許さん。ネタバレになりますから余り大声では言えませんが、とにかく許さん。くそー! 他はまぁそれなりだったでしょうか。今回イラストになっていない、シルクや次の巻以降に出てくるセ・ネドラがどんな風体になるのか楽しみではありますね。特にセ・ネドラはですね、某『エヴァ』のアスカみたいな感じが良いなぁとか思うのですが・・・ダメ?

【 2005/03/19 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)