第055回
文明開化のおとぼくがする

DVDで『アイ、ロボット』購入。簡単な感想ですが、なんとも微妙な終り方。ネタバレは避けるにしても、とりあえずアレを見る限り、人間とロボットの今後の関係に暗雲が立ち込めそうな予感がしてしまうのです。丘に立つサニーが実に恣意的。もっとこう、スッキリ爽やかに終らせる事は出来なかったのでしょうかね。共存がテーマならまだ納得なのですが・・・。好きなシーンはやはりサニーのウィンク。信頼の意味、確かにあるのかもしれませんね。

写真の画像ですが、プリンタとHD、ほとんどタダ同然で手に入れてしまいました。いや、知人に譲って貰っただけなのですけれど。特にプリンタが手に入ったのが嬉しかったです。いちいちネットの情報を紙にメモするのが面倒でしたから。結構使用感があったりしますが、それでも昔に所有していたプリンタよりも印字スピードが速いので、総合すれば貰い得だったように思います。でも今出ているプリンタはもっと早いのだろうなぁ・・・。HDの方は旧PS2と交換で手に入れました。当方にばかり有利な取引だったように思えて少々気が引けましたが(PS2、実はCD−ROMの読み込みが甘くなっていたのです)、知人の方はこのHDを買って直ぐにDVDレコーダーを購入した為にコチラが要らなくなったらしく、ゲーム機を1台も所有していない事もあってすんなり取引が成立しました。さっそく手に入れたプリンタをラックに設置。なんだか我が部屋が多少なりともハイソ風味になったような? あとで返せ!って言われないか心配、心配。

ゲームの話。今週は仕事から帰れば『おとぼく』を起動して貴子さんシナリオを拝見するという、所謂”毎日が貴子さんデー”でございました。いんや素晴らしい。他のキャラを攻略する気がまったく起きぬ程に・・・。批評を書くのは間違いなく来月にずれ込みそうです。このソフトに関して言いたい事が山程あるのですが、それを吐き出すのはもうちょっと貴子さんに浸ってからと言う事で。

実は『おとぼく』プレイの合間に『ファントム・キングダム』もやっていたのですが、やはり『おとぼく』が頭から離れませんで、魔導師(♀)に”たかこさん”、ヒーラーに”しおんさん”、リーダーの戦士(♂)に”みずほさん”と名前を付けてしまいました。”みずほさん”で容姿が男の”戦士”では確かに合わない様に思ったのですが、魔法使い達を守りつつ(ココ重要)、先頭を切って戦うキャラだと今の所”戦士”しかいませんで、仕方なくコレを選択。瑞穂さんは漢の中の漢でございますから、これでもOKと言えばOKなのですが、うーん・・・物足りない。例えば、『ディスガイア』にいた天使兵が『ファントム』の中にも存在したら間違いなく転生させるのですが、今の所そのような情報もありませんし・・・。いっそ攻撃力の高いデスサーベルにでも・・・違うか。

○ライトノベル読了記 3/22〜3/25

◆ 約束の柱、落日の女王

とても評価が難しい作品です。物語の転がし方と言い、文章の巧みさと言い、ベタ褒め級の素晴らしさです。キャラクターも良い味だしています。特にクリムはここ最近に読んだラノベのヒロインの中でもダントツに好感が持てましたし。ただ、それ故に気になったのがラスト。この作者がハッピーエンドと言っている以上、このEDはハッピーなのでしょう。批評サイトを見てもハッピーエンドと解釈した方がかなりいらっしゃいました。皆さん大人です。因みに筆者は未だにガキンチョのような駄々っこハートの持ち主でありますから、その価値基準で物申せば、絶対に、絶対にハッピーと解釈する事が出来ないのです。さいっあくのバッドエンドですよコレは。カルロに去られたクリムを思うと・・・・・・胸が痛え。

◆ 真実の扉、黎明の女王

上記作品の続編。正直、納得がいかない。端的に言ってストーリーが面白くないのです。物語の背景設定にまるで深みが無く、キャラクターも本作ヒロインのクレアを含めて薄味。なんだかイヤイヤこの作者が続編を書いたのでは?と思うぐらいに、前作との温度差があります。極めつけは、個人的に一番やって欲しくなかった○○ネタを使った事。これが為に、前作より1枚も2枚も質が落ちたように思うのです。○○ネタは使い所が難しいが故に、それ相応の力量が作者に求められる訳ですが、コレを読んだ限りではやはり分不相応であったと言う他ありませんでした。そう、クリムを蔑ろにしているとしか思えない程に。○○ネタを見るといつもいつも声を大にして言いたいのが、クレアじゃないんだよ!と、クリム自身に幸せになって欲しいんだよ!と・・・言いたい。歴史を捻じ曲げてでも、カルロにはクリムの元に帰って欲しかったなぁ。小じんまりした作品になるぐらいなら、冒険する意味でのブレイクスルーはあっても良かったのでは? 兎に角、作者はまだこの話の続きを書く気でいるようですが、筆者が付き合えるのは此処までです。惜しい。

◆ 召しませ福を はっぴぃセブン

1巻読破。川崎ヒロユキ氏と言えばあかほりさとる氏が即座に頭に浮かびます。いや本当によく似ている。読みやすい、言い換えれば底の浅い文体といい、お約束を外さない、悪く言えばありきたりな設定といい、流石に師匠が同じなだけはあります。因みに、この本を読んで「結構おもしろいかも」と思った筆者も、この作者に負けず劣らず底が浅いのかもしれません。ただ、1巻だけではまだなんとも言えないので、続きを読んで次回以降の更新でちゃんとした感想を述べる事にします。あ、1つだけ。自分の書いた文章に自ら突っ込みを入れるのは止めて欲しい。実に痛い。

◆ オーパーツ・ラブ

3rdシーズン読破。おそらくこのシーズンの評価も九十九に好感を持てるかどうかにかかっていると思いますが、筆者は否定派。グロさと腹黒さをかなりハッキリと描写している為か、彼女の持つ愛嬌がただ空回りしているようにしか思えないのです。語尾を延ばす口調も後半になるとイライラしてしまいましたし。もう少し早い段階で亜弐との友情を強く表現しておけば、感じ方も変わってきたかも知れませんが・・・。結果的に『オーパーツ』のシリーズ中、御退場になって良かったと思った始めてのキャラになってしまいました。ゆうきりん氏も流石にキャラ造詣に煮詰まってきましたかね? こちらの希望としては、無理にキャラを増やす事よりも今居るキャラをもっとイジって欲しいものです。イプ様はもちろんですが、もう少し玖実さんにも活躍の場があれば良いなぁと。4ndではその辺りの展開が幾らか増えている事を期待します。しかし、そろそろ既刊分が読み終わってしまいますな。それでは余りに寂しいので、早く新刊が出るよう祈るばかりであります!

◆ ゼロの使い魔

最新4巻ゲット即読破。ホレ薬は卑怯。萌え転がって大変でした。体中にキスマークって・・・うきょー! もう通常時でもこのぐらいラブっていれば無問題なのですがねぇ。結局、薬の効果が切れて一悶着があっても、ナンダカンダ言ってラストでは寄り添っているお2人でした。よき哉。とはいえ、このホレ薬ネタの破壊力の為にインパクトが薄くなった事が2つ。1つはタバサの身の上話。本書で彼女の過去が明かされる訳ですが、正直、これは1冊でまるまる扱うべきネタだったように思うのです。それぐらい興味深い話だったのですが、それを変に4巻の中に収めようとするから印象が少々ボケてしまいました。勿体無い。それともう1つは、OHPの予告でも『泣かす』と豪語していたウェールズ王子ネタ。こちらも急ぎ本書で解決しなくても、もうちょっと先の巻に引っ張っても良かった様に思うのですが。妙にあっさりラストに持っていかれるもので、結局泣く程感動する訳でも無く、盛り上がりにも欠けた結末でした。兎に角、急ぎ足が目立った4巻ですが、もしかして次の巻辺りで締めようとか考えていたりするのでしょうか? せっかく良い感じに盛り上がってきたのですから、もう少し各イベントをじっくり書くぐらいの余裕はあって然るべきだと思います。最低10巻は続いて欲しい。

◆ 陰からマモル

最新5巻ゲット即読破。表紙裏のカラー口絵が全てを物語っています。ぶる丸×耳之介ネタで後2冊ぐらい出して貰っても全然OKですよ? 正直、人間様の方はメインヒロインがしっかり固定されていない為か、結局5巻を読んでも散漫な印象は相変わらずでした。これでメインがゆうなとか言われても納得しかねるなぁ・・・。愛里にもフラグが立ってしまって、今後どうコレらの関係にオチをつけるのか、逆に気になってもいますけれど。椿、マジ頑張れよな・・・。

【 2005/03/26 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)