第063回
漢の浪漫

風邪ひきまして。

iPod壊れまして。

世間様が冷たくて。

鬱。

気分転換でもしようと、買い置きしていた『グラディウスV』の封を切ってプレイ。

無茶苦茶ムズい。

VERY EASYで1−2で死ねる。

序盤のボス連荘攻撃に唖然呆然。ノーダメでクリアなんて絶対無理。

フォースフィールドが心の友。

上上下下左右左右×○じゃダメなのか?

リップルレーザー復活希望。

今回のイラストは『V』絡みで、『アヌビス』に出たビックバイパー。最高に格好良かった。なにせ変形する。過去『グラ』でのビックバイパーの形状を知っていると、その変形シーンで驚愕すること間違いなし。翼がアーなって、バーニアがコーなって、頭の部分がソーなって・・・・・・って言葉では到底説明出来ないほどに複雑に変形してくれやがるのです。もう無駄にカッコいい。機能的に見れば、ビックバイパーが人型になる事に意味があるのかな?とか考えるかもしれませんが、それは”言うは野暮”なのです。だって変形は漢の浪漫じゃん。

【 2005/06/04 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)