第092回
すなおなままで

今回もイラストを書かずに写真ネタ。ネタと言いますか最近買ったブツを公開しているだけですが。ライトノベル関連が多いのは最近ラノベ熱が粛々と復活してきたからです。新しい職場にも慣れてきて少しは心に余裕が出来たのかもしれません。とにかく読みまくり。最近のお気に入りは『神曲奏界ポリフォニカ』と『SHI-NO』。『神曲奏界ポリフォニカ』はツンデレ風味のヒロインを出す辺りお約束な感も否めませんが、背景設定に独自の世界観を醸し出していて、同作家の作品『まじしゃんず・あかでみい』よりは読み応えがありました。主人公達の学生時代の事が知りたくてPC版にも手を出したぐらいですから、かなりハマったくさいです。ただ、少々キャラ絵が原作のイメージと乖離している気がちらほらり。それ以前に、もう少し顔の表情を書き分けて欲しいかな。贅沢か? とにかく今後の展開にはそれとなく注目していく所存です。因みに積み重なった本の一番下にあるのが『まじしゃんず・あかでみい』の漫画版。こちらは原作のイメージにピッタリの絵なのですが、元の原作がボヤっとしている分、総体的に地味になっている印象があります。個人的に難儀な作家さん認定。

『SHI-NO』はあざとさを微塵も感じさせない話の妙が素敵。純愛系ミステリーとは言え、最終的にこの2人がくっ付かなくても結構許せそう。でも付かず離れずのスタンスは止めないで欲しいな。

下から2番目にある『マジカノ』はアニメ版がなかなか面白かったので買ってみました。まぁエロイ事エロイ事。アニメは随分マイルドになっていたのですね。ここまでお約束だと返って好感が持てますが。ただ新品で買うほどでも無かったので、2巻以降は古本屋で手に入れる予定。

最近お気に入りのお菓子はハッピーターン。あの甘しょっぱいのが最高です。

さてゲームの話。先週更新を休みましたが、もちろん『つよきす』と『キミキス』をやっていました。ただ『キミキス』の方は少し触れた程度で止めています。ADV系ギャルゲーに慣れすぎたのか、好感度を上げる作業に言い知れぬ倦怠感を覚えてしまったのです。攻略対象キャラと会う度に毎度同じ話題を振る事に興醒めしてしまい、何時の間にやら素に返っている自分に気付きました。思ったよりも牽引力に乏しい、言い方を変えれば、プレイヤーに必要以上のヤル気を強要するゲームと認識せざる負えません。もちろん個人差はあると思いますが、今の当方のテンションではプレイすればするほど冷めざるおえないので、しばらく保留にします。ネットの評判はかなり良いようですし、テンション高めの時にプレイすればきっと楽しめるハズです。たぶんおそらく。・・・・・・まさか、最初に狙ったのがうどん娘だったのがいけなかったのか?

一方『つよきす』ですが、こちらは嬉しい誤算でした。オマケ程度だろうと思っていた素奈緒シナリオの出来が素晴らしかったのです。激烈に萌えました。PS2版はPC版でのエロ部分をほとんどキスシーンに差し替えられているので、キャラによっては弱体化(?)していたりするのですが、素奈緒の場合はオリジナルキャラである分、キスシーンでも十分萌え転がる事が出来ました。花火のシーンなぞ最高です。後ろの席のヤツと入れ替わりたいぐらい。PC版では明かされなかったレオのトラウマを上手に消化しつつ、それを見事に素奈緒とのカップリングに結びつけたタカヒロ氏の手腕に乾杯です。ある意味、ツンデレゲーとは一線離れた感じだった『つよきす』に満を持して現れた、正統派ツンデレの見本のようなキャラ(ストーリー)なので、この手の属性がある方になら問答無用でこのPS2版をお奨めします。若干狂気の世界が垣間見たい方にはPC版も良いかもしれませんが・・・。この出来ならば、新会社でのタカヒロ氏の次回作にも大いに期待が持てそうですね。

上記2本の他にプレイしていたのは『三国志11』。なんだかんだ言ってプレイし続けて、やっと上半分を占領した感じになっています(上画像参照)。曹操軍を駆逐するのにえらく手こずりましたが、攻城兵器を投石や木獣まで鍛えた所、アッという間に城の耐久度を減らしてくれるもので、随分と戦闘時間の短縮になりました。ただ、あまりに強すぎてバランスを壊している気もしないでもないので、ギリギリの戦闘を楽しみたい方には敢えてお奨めしませんが。しかもこの攻城兵器は敵を倒しても所属武将を捕縛する事が出来ないので(攻城兵器でなくても本作は敵武将を捕らえる確立が異常に低い)、逃げられまくって今では西2国に追い遣られた曹操軍にそれぞれ30人程度の武将が待機していて鬱陶しいったらありません。中には諸葛の孔明さんもいて、偽報をかけられまくって大変です。こちらは領土が広がった分、内政等で武将の頭数が必要になってくるのですが、上記理由で戦闘に勝ってもほとんど敵武将を味方にする事が出来ないので、内政の行き届いていない国が結構出てきてしまいました。筆者の腕ももちろんあるのでしょうが、やはりどこかプレイヤーに対する配慮が欠けている気がしますね。本作は「捕らえた武将に義兄弟や縁故、夫婦の間柄の人間が敵陣地に存在すると忠誠度がほとんど下がらない」システムを採用しているので、なおの事、武将を仲間にする機会(在野武将や下野した武将も含めて)を増やして欲しかった所です。牢屋に入れても一向に下がらない忠誠度には感服するよ、ホント・・・。

【 2006/06/03 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)