第100回
グダグダ100回目更新

かなり間が開いての今回の更新、なんと100回目です。よっしゃ記念に何か特集でも組もうとヤル気になって「その前に全ページの誤字脱字のチェックからだ!」と調べ始めた所、ほぼ全てのページに間違いを発見してそれを修正している間に3週間たってしまいました。更新サボリの言い訳としては最低ランクですね。頑張ります。

サボっている間に気になった事を幾つか。まず、我が家のネット環境が今月末でADSLから光に変わります。正直、今の環境でもそれほど体感的に不満を覚えた事は無いのですが、職場で光にしている人が増えてきて「やっぱ光っすね」とか言われるとヘーとか思ってしまって、ちょうどタイミング良くNTTからの移行を薦める宣伝電話があったもので、あっさりOKを出してしまいました。うちは無線LANを使っていて現在のADSL8Mサービスだと実際の速度は3Mぐらいにまで落ちてしまうのですが、光にすると無線LANを間にかましても50Mぐらいは出るのだそうで、単純に約16倍の通信スピードになります。凄いですね。普通にネットサーフィンをする分には大して以前とは変わらないかもしれませんが、映像が絡むとそのありがたみを痛感できるかも。特に最近、YouTubeなる動画ポータルサイトをちょくちょく見るようになったので、光にすれば途中で動画が止まる事も無くなってストレスを感じずにすむかもしれません。開通は今月末ですが、一体どれだけ速度が速くなるのかそれを楽しみに待ちたいと思います。

今サラッと話題に出したYouTubeですが、コレは凄いサイトですね。昔見たアニメやドラマなどのOPやEDが大量にUPされているので、思わぬ目の保養になりました。それと音楽アーティストのライブ映像やPVなど貴重と思われる動画もゴロゴロあるので、ファンにはたまらないものがあります。筆者は戸川純氏の大ファンなもので、氏のライブ映像を狂喜乱舞して魅入ってしまいました。ついでに過去に出演されていたウォシュレットのCM(めちゃくちゃカワイイ戸川純氏が見れます!)までUPされていて、これにはビックリを通り越して唖然呆然でした。生粋のファン恐るべし・・・。ただし、もちろん著作権が無視された現状を全て良しとしている訳ではありません。中には外国製とはいえ日本のアニメでまるまるUPされているものがあったので、これでは関連業者も流石に無視できなくなってくるでしょうし、最悪、著作権が絡む画像が一斉に削除される事もありえるかもしれません。ただ、動画による資料性を高めたという意味でYouTubeは今後のネット関連に多大な影響を残しそうな気はします。良い悪いを含めこれからのYouTubeの展開に注目です。

全く話が変わりますが、この3連休の初日にCSのSuper! drama TVというチャンネルで「まるごと40時間宇宙大作戦ベスト」という特集が組まれて、かの初代スタートレックのTV版が一挙に15話も放送されたのです。しかもファンによる投票で上位に入った15話という事で、トレッキーという程では無いにしてもTOSのファンとしては見逃せない特集でした。おかげで16日はずっとTVに張り付いていた訳ですが、やはり面白かったです。カークとスポックとマッコイの3人のやり取りが微笑ましいぐらいに魅力的。カークの声を担当していた矢島正明氏も言っていましたが、「冷静沈着なスポックと激情家なマッコイ、2人それぞれの意見を聞いてカークが最終的な決断を下す」という非常に明確な役割分担が出来ていた所が面白さの秘訣だったのは確かでしょうね。”三人寄れば文殊の知恵”を体現しているお三方でした。そういえばスポック役のレナード・ニモイ氏がインタビューに答えていて、放送当時は視聴率があまり良くなかったのだそうです。本当にコアなファンによってここまで盛り上がった作品であったとしみじみ語っておられました。確かに地味な印象がマイナスに働いている可能性は否定できません。派手な戦闘シーンはほとんど無く、内容の8割ぐらいは船内でのやり取りに終始していますから、一見しただけでは面白そうとは感じないでしょう。ただ、内実は主役3人を含めた乗組員達の非常に深い人間ドラマが堪能できるので、そこに面白さが見出せればハマるのも時間の問題だと思います。なかなか他人に薦めるのが難しい作品ですが、日本人に非常に向いているドラマだと思うので、SFモノでもOKと言う方、暇な時にでも借りて見てみるのは如何でしょうか?

今回の写真はうちの犬。わん。

やっとゲームの話。最近は次世代機の話題が頻繁にネットや雑誌に載るようになりました。そろそろ本腰をいれてどれを買うか検討すべき時がきたのかもしれません。今、筆者の手元にある資料から判断するに、まず1番に買うであろう機種はXBOX360です。スタードダッシュにまたもや失敗したX箱ですが、徐々にではありますがソフトラインナップの充実も見て取れるようになりました。筆者が一番に気になっているソフトは『カルドセプト サーガ』なのですが、他にも『地球防衛軍』や『A列車でいこう』の新作もあってシリーズファンとしてはなかなかに魅力的。他にも未知数ですが『FF』で有名を馳せた坂口氏の新作もありますから、長期的にみれば買ってそのまま埃をかぶるという事も無さそうな気配です。少々ギャルゲー色が薄いのが玉に瑕ですが、『アイドルマスター』辺りが頑張ってくれれば今後盛り上がるかもしれず、期待は持てます。少なくとも前機種よりはゲーマーライクなハードになっていると思うので、11月の『カルドセプト サーガ』の発売と同時期に金と時間に余裕があって、マイクロソフト側でアホな不祥事でも起こさなければ購入に踏み切ろうかと思っています。

正直、Wiiは買う予定は無いのですが、1つだけ須田51氏率いるグラスホッパー・マニファクチュアの新作で『HEROS』という作品がラインナップされていて、これだけで購入すべきか思案中です。前作『Killer7』では少々ガッカリされられましたが、先日『Killer8』で再プレイをした所、「カーティス絡み以外はやっぱ面白いなぁ」と思うようにもなりました。結局、解説本を買ってもさっぱり内容は把握できませんでしたが(余計混乱したと言うべきか)、もう須田ゲーはプレイヤーの想像の斜め上に行くこと前提でプレイするモノなのだと自己補完しました。そう思うと『花と太陽と雨と』に比べれば分かりやすい作品だったかもしれません。さてこの『HEROS』ですが、ムービーを見た感じですと『Killer7』寄りの作品と見て取れます。バイオレンス加減など相変わらず。これでもし『Killer7』と少しでも関わりがあるのだとしたらハードごと購入に踏み切るかもしれませんが、発売元が違うので関連付けは難しいかも? 出来れば今度こそサンダンスに出て欲しいのですが・・・。他にWiiでは気になるソフトが無いので、買う買わないは『HEROS』の展開次第という事になるでしょう。

最後にPS3ですが、やはり値段がネックですね。機器の初期不良もかなり出そうですし、購入するとしても来年後半辺りにズレ込みそう。サードパーティの参入数や現状のソフトラインナップからして頭1つ他機種よりも抜けているだけに購入はほぼ間違いの無い所ですが、ハードの値段とSCEの企業体質が変わらない限りすんなり購入に踏み切るのも躊躇われます。何か1つか2つサプライズなイベントでもあると気持ちも少しは変わるかもしれませんが・・・。PS3で一番期待しているソフトはやはり『モンスターハンター3』ですね。いったいどんな進化を遂げているのか本当に気になります。内容によってはネット環境を整えてシリーズ初のオンラインプレイも辞さない覚悟です。ちょうど光に変更しますしね。もう『2』以上にごっついモンスターが大量に出てくれる事を期待します。他にはPS3で是が非でも欲しいソフトは特に無く。やはり来年後半辺りか『モンスターハンター3』が出るのと同時に本体を買うのがベストでしょうかね。

未来の話はこれぐらいで、現在プレイ中のゲームの話。実は溜まりに溜まっている積みゲーはそのままに、新たに購入した『テイルズ オブ レジェンディア』というRPGをプレイしています。更新が滞ったのもこれをやっていた為でもあります。因みに過去に『テイルズ』シリーズは最初の『ファンタジア』を1時間ばかりプレイして投げたきりなので、ほとんど初心者みたいなものです。しかも後から知ったのですが、この『レジェンディア』はシリーズファンからするとあまり出来が良い方ではないらしく、某大手掲示板でも専スレが荒れ模様だったそうです。なのになぜ本作を購入したのかと言うと、これをプレイするちょっと前にアニメ『神秘の世界エルハザード』を見たからです。ご存知の方もおられるかもしれませんが、キャラデザが中澤一登氏ですね。で、「そういえば中澤氏が絡んだRPGが昔、発売された気がするなぁ」と調べてみたらこの『レジェンディア』がひっかかりました。とりあえず秋葉原に行って中古で幾らぐらいで販売されているか調べた所、1800円というクソゲーラインぎりぎりの値段で売られていました。その隣には『FF12』が中古3000円ぐらいで置かれていて、どちらを買うか数分悩みましたが、結局『レジェンディア』を買うことに。中澤氏の絵もありましたが、見た感じ40時間ぐらいで終る手頃なゲームに見えたのも選んだ理由です。ところが実際にいまプレイ時間が40時間に達しようとしていますが、まったく終る気配がありません。ちょろっと攻略サイトを見ましたが、本編全7章にキャラクタークエストが何本かあって総プレイ時間は約70時間と書いてありました。現在6章中盤ですが、後30時間はプレイしないとEDに到達できない事になります。詐欺だ。いや悪いのは先の読めなかった筆者に有るのですが・・・。

さて、今の所の『レジェンディア』の感想ですが正直微妙です。まずシャーリィという大ボスのおかげで始終シラケ気味になるストーリーが大問題。この展開にするならば序盤からシャーリィの心根を丁寧に描写すべきだった所を、メインストーリーに少し絡むぐらいでサラッと流す程度だったものだから(しかもシャーリィ自体が敵側にさらわれまくるので味方キャラとの絡みが異様に少ない)、プレイヤーはシャーリィの気持ちを汲み取る事が出来ず、メルネス化でかえって反発する結果に。セネセネもシャーリィ一筋ならばここまで拗れなかったのでしょうが、メルネス化を助長する為とはいえ、ステラをポッと出したばっかりに話が煩雑になった印象でした。おかげでプレイヤーの多くはヒロインに据えたいのはシャーリィよりもクロエでしょうし・・・・・・なんだかシャーリィが可哀想になってきた。言える事は、最初からメインヒロインをハッキリと固定すべきだったという事でしょうね。

他に気になったのが戦闘部分。ほとんど格闘ゲームのノリで敵をバカスカ殴るシステムなのですが、ご丁寧に敵側も回避をすれば反撃もしてくるので、こちらのヘタさを差っ引いても数が数なだけに思った以上にストレスがたまりました。味方の連続攻撃も途中で止まってしまう(もしくは空振る)事が多く、後半になれば敵のHPも上がってくるので自然と長期化してしまって余計イライラする始末です。『テイルズ』ファンにとってはお馴染みのシステムですし慣れてもいるのでしょうが、初心者の当方にとっては少々辛い戦闘部分でした。

その他は今の所は大して文句も無く。人によっては寒いギャグがプレイの妨げになったようですが、筆者は思いのほか笑えたので無問題です。逆にノーマがいたおかげで投げずにプレイがし続けられたとも言えるかもしれません。「やったね親父〜」が妙に好きです。ウィルの突っ込みも面白いし、クロエのヤキモチもかなり可愛いですし、その点で戦闘勝利後の寸劇は『レジェンディア』の目玉の1つかもしれませんね。とりあえずもうちょっとで本編が終了するので、話の全体的な感想はその時にでも。キャラクエを含めるとEDまであと30時間ですか。積みゲーはいつになったら消化できるのかなぁ。

【 2006/09/18 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)