第110回
椅子とギャルゲー

久しぶりの更新です。まずは言い訳です。本当は2月から再開すると前回の更新で書きましたが、2月序盤はとあるゲームにハマって更新する暇が無く。2月の下旬以降から3月一杯までは仕事の方が年度末進行でどえらく忙しくなって残業、休日出勤が重なって更新できませんでした。もしかしたら当サイトの更新を待っていた方が1人ぐらいはいるかもしれませんのでここでお詫びをいたします。すみませんでした。

写真は最近買った椅子です。仕事が忙しくて精神的に疲れた時に自分へのご褒美のつもりで購入しました。座り心地がとても良く今後も重宝しそうです。

さて、2月序盤にハマっていたゲームというのは360ソフトの『あつまれ!ピニャータ』です。これ、某有名ラジオDJが大絶賛していたそうですが、確かに非常に良く出来たソフトでした。宣伝ムービーの変にアメリカナイズされた破天荒さを見て買い控える方もいらっしゃるかもしれませんが、実際はピニャータを仲間にしたり子孫を増やしたりしながら農耕をしてお金を稼いだりする実にノンビリとした牧歌的ソフトでした。ピニャータ自体のデザインも日本人でも十分に受けいれられる程度の可愛らしさがありますし(一部疑問なのもいますが)、土地を自分好みにアレンジ出来る自由度の高さも気に入りました。360ソフトとしてはある意味珍しいタイプのゲームですが、ドンパチACTゲーばかりプレイしていて疲れた360ユーザーには、箸休めのつもりでちょろっと触れてみるには気分転換にもなる丁度良いソフトだと思います。因みに一番好きなピニャータはスワナナ。性格が非常に分かりやすい。

上にも書きました通り、3月入ってからずっと忙しい毎日だったのですが、とにかく精神的に疲れていた為か安易なハッピーが見たくて本当に久しぶりにギャルゲーを時間の合間にプレイするようになりました。で、最初に白羽の矢を立てたギャルゲーが積みゲーと化していた『ショコラ』だったのですが、攻略サイトを見ながら全キャラクリアした所、もう『CLANNAD』以来と言って良い位に泣きまくりでした。本当に凄い作品でした。総体的な評価はあまり高くはありませんが、とある2名のキャラの為だけにプレイする価値は十二分にあります。未プレイの方に強くお奨めします。ついでにこれまた本当に久しぶりに「ギャルゲー批評」ページにこの『ショコラ』の感想を載せましたので興味のある方はご覧になってみてください。あと、3月にプレイ完了したギャルゲーがもう2本ありまして、『夜明け前より瑠璃色な』と『パルフェ』なのですが、その感想も次回更新かその後ぐらいに追加する予定です。ついでに次にプレイするのは戯画つながりで『この青空に約束を−』か別メーカーの『あまなつ』辺りを予定。積みゲーとなっている『キミキス』もプレイ再開したいですね。

そんな訳で久方ぶりに脳内がギャルゲーフィーバーと化している筆者ですが、4月からはまたこちらの更新もちょろちょろ行っていきますのでどうぞよろしくお願いします。

【 2007/04/08 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)