第111回
難しい戯画の評価

前回の更新でギャルゲーに染まりまくっている事を書きましたが今週も前回同様、ギャルゲー”しか”プレイしていませんでした。とくに戯画にどっぷりとハマってしまい、写真のような感じに。本当、ギャルゲーで癒されたい人にお奨めできるメーカーです。ただ、総体的評価は『ショコラ』も『パルフェ』も普通止まりなのがなんともレヴュアー泣かせ。ピークレベルの高さは折り紙付きなのですが、それも全体からするとほんの1部分だけで、残りはかなり平坦なノリが延々と続く感じで、総評すれば結局「普通」になってしまうのですね。後にもあまり残らないし。ビジュアルファンブックを読む限りでは、このバランスの悪さも丸戸氏の作風(確信犯?)でもありそうなので、1極集中型ギャルゲーの展開は今後も続くのかもしれず、当サイトの「ギャルゲー批評」で最高評価を付ける日は永遠に来ない可能性も。ただ、丸戸氏は好きなライターの1人なりましたよ。人の死で泣かす誰かさんよりよっぽど泣かす展開を書かせたら巧いと思う。

今週は「ギャルゲー批評」に『夜明け前より瑠璃色な』を追加しました。興味がありましたら是非覗いてみてください。来週は『パルフェ』を載せる予定でしたが、『フォセット』の「里伽子抄」がとにかく気になるので、『この青空に約束を−』をクリアして「里伽子抄」もクリアしたらアップいたします。間違いなく暗いストーリーでしょうが、あのEDに繋がる話なら見ない訳には参りませぬ・・・。ですので、『この青空に約束を−』の感想の方が恐らく先に載ると思います。現在プレイ中ですが、来週までには全キャラクリアしてGW前に感想をアップしたい所です。しかし、まさか会長の声があの方とはとはとは。

『君が主で執事で俺で』の体験版もプレイしました。正直、体験版の段階では『つよきす』体験版の方が面白かったのは確かですが、今回は執事モノという事でまだ未知数な部分もありますし、現段階でも値段分は確実に楽しませてくれる事が確定できましたので、あとはただ発売日をひたすら待ち続けるとします。巷でも評判みたいですが、九鬼揚羽は確かに攻略したい。したいなぁ。

【 2007/04/15 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)