第112回
GWに自作PCを造ろう

そろそろ訪れるゴールデンウィーク、皆さんはどう過ごすか予定はたっていますか? 筆者は身内の事情で遠出をする事が出来なくなったもので、おそらくずーっと家に引きこもっている確立100%です。寂しい限り。ただ、せっかくまとまった休みがあるのに家で燻っているだけというのもどうかと思いまして、今年頭ぐらいから考えていた自作PCの製作に本腰をいれようかと。とはいえ、何ぶんハードに対する知識はこれっぽっちもございませんから、暇な時に上の写真にありますように自作関連の本を読んで勉強中です。・・・さっぱりわからんちん。

誠に不安一杯の自作PC製作ですが、とりあえず20万前後ぐらいの予算は組めそうなので、これで今年の夏に発売予定の『モンスターハンターフロンティアオンライン』のハイモードが問題なくプレイ出来るぐらいのPCが造れればと淡い期待を抱いています。2Gのメモリーとか積んじゃうよ〜。もし予定通りに自作PCを組む事が出来ましたら、その辺の製作事情も含め当日記のネタにしようかと思っています。

さてゲームプレイの方ですが、つい先程『この青空に約束を−』をクリアいたしました。おそらく来週にはこの作品のレヴューを「ギャルゲー批評」のページに載せる予定ですが、軽くこちらで全体的な感想を。端的に言えば、「偉大なる佳作」の称号が本作品にはピッタリではないかと判断しました。そうですね、例えれば「全科目の平均点は70点は取るものの、突出した点を稼ぐ科目もない」という感じ。前作『ショコラ』『パルフェ』のように「平均点は赤点スレスレでも1科目だけは学年トップ」みたいな極端さが無くなって、普通なら出来そのものは褒められるべき完成度なのに、比較対象が対象なだけに何故だかとてつもなく物足りなく感じてしまうのです。おそらくヒロインの一極化に対する周囲の意見を鑑みて、ライターの丸戸氏が出した1つの答えが『この青空に約束を−』だったのかもしれません。結論からするとこの試みは若干失敗だったように感じましたが、今後の丸戸氏のシナリオ製作にはある意味、必要なプロセスだった気もします。バランスの悪さを今は少しづつ調整している時期なのではないかと。ですので、丸戸氏のライターとしての真の力が見られるのは次の作品辺りになりそうな、そんな予感がします。6人クリア後にプレイ出来る「約束の日」の演出を見るにつけ、その期待は大きく膨らみました。氏の更なる飛躍に心から期待します。

で、今現在まさにファンディスク『フォセット』をインストールしている最中です。やっと「里伽子抄」がプレイできると思うと嬉しいような寂しいような? 兎にも角にも『この青空に約束を−』をクリアして直ぐに『フォセット』がプレイ出来る今の自分の環境をただただ嬉しく思ってこのFDに戯れたいと思います。因みに上の写真ですが、まだ『パルフェ』をプレイ中に「これらの作品のアンソロ本はないものか」と秋葉を徘徊していた所、某店の古本棚に置いてあった本です。この時はまだ『この青空に約束を−』をプレイするかは決めていなかったのですが、『ショコラ』『パルフェ』の面白さからして、この作品もそうガッカリする出来ではないだろうと判断してソフト本体よりも先に購入していました。古本アンソロでは普通はありえない2100円という値段がついていたのも、購入のキッカケにはなりましたが(後から知りましたが、これはオフィシャルでのみ発売されたアンソロだったのですね。故に普通の書店では手に入らない分いくらかプレミアが付いたと)。そして予想に違わず『この青空に約束を−』を楽しんでクリア出来た今、ネタバレが怖くて読むのを封印していたこのアンソロ本をやっと読む事が出来て・・・やはり気分は嬉しいような寂しいような?

もうしばらくは自分の中で戯画フィーバーが続きそうです。

【 2007/04/22 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)