第136回
写真で見るGW

ゴールデンウィークです。今年は休日が分散していて、暦通りの休みしか取れないと、なんとも中途半端な黄金週間になってしまいますね。別にどこにも行く予定がないので無問題なのですが、それならと自宅で楽しむ為の物品を色々と買い漁ってきたので、それをネタにちょろりと語ってみたいと思います。

まず、前回の更新で買うと宣言していた『THEビッグオー』のDVDボックスを無事ゲットしました。『スーパーロボット大戦Z』に出ると判って狂喜乱舞し、「これを機に速やかにボックスも手に入れてしまおう!」と勢いで原作アニメのDVD購入に踏み切ったわけですが、購入した後になって、「これで良かったのかな・・・?」と若干後悔の念も沸いてきました。とりあえず4月末の休み中に全話視聴しましたが、総じて楽しめたのは確かなのですが、やはり心に引っかかるものがありました。もちろんその最大の理由は最終話のオチの着け方にあります。放送当時も賛否両論渦巻く大激論バトルに相成った非常に難解な結末で、どちらかというとこのオチに納得できなかった当方は、以下のような罵詈雑言をその頃公開していたHPに載せていました(ネタバレがあるので興味のある方は反転させて見てください。かなりヤバ目の表現も使っていたのですが、そこは直しました)。

■ 『THE ビッグオー』最終話感想。

やっと冷静になってきたので感想というより毒吐き。最終話を見た直後はあまりに頭に血が上って、発狂寸前だったものでね・・・。結局一番のぶち壊しは、ラストに出てくるテレビ局っぽい場所で、画面を見て泣いてるエンジェルの場面ですよ。なんやねん、お前は!と。これがなければ、ゴードンやシュバルツのセリフも意味のあるモノになった筈なのに、それすら無に介して更に言うに事欠いてTVセットオチですか! おめでてーな。エンジェル=天使=神だから物語の創造主って事かい・・・・・・いやはや小中さん、あんたは凄いね。
これから単純に考えれば、今までの世界はエンジェルの創造の産物で、気に入らなければ消去。ただ消去過程で物語の中のロジャーに止められて・・・止められて??? というより演者のロジャーにリテイクでも食らったのかな? で、物語当初までリセットして作り直し。こういう事でしょ。エンジェルの脳内の話を第1話から、しかも3年も間をはさんで延々と見せられてきたのかと考えると、「なに躍起になって見続けてきたのだろうなぁ」とただただ情けなくなってくる。もちろん、別の解釈もあるとは思うけれど(某大手掲示板の専用スレでも討論されてはいるが)、もうどーでもいいです。おしまい。

ネタバレを薄くして語るとして、とにかく卓袱台返しとしか思えないような納得できかねるオチを見せられて混乱しまくったのは確かでした。某大手掲示板にも随分噛り付いて色々な方のED解釈を読みましたが、心から納得できる意見にはついぞ出会えなかったような。後年になってキャラデザとコンセプトワークを担当していた、さとうけいいち氏もあのオチに不満を述べられていて(今回購入したDVDボックスにも結末に関して似たような言及がありました)、この方が参加されていたら現行とは違った、おそらくもっとスッキリした形の結末を見せてくれたのではないか?と考えるだに、あの難解なオチで締めた当時のアニメ製作陣に憤りを覚えてしまうのです。特に小中千昭氏はコレが為にアニメ関係者の中で2番目に嫌いな方になりました。凄く面白いシナリオ(特にベック絡みとか)も幾つも書いたのに、なんで最後になってあんな不可思議なオチにしたのだろう?

今回の全話視聴でもやはりラストオチは納得できませんでしたが、それでも楽しめなかった訳では決してありません。やっぱりやっぱり、ロジャーとドロシーのコンビは最高です。上の写真は第9話のラストシーンなのですが、大画面でこのやりとりが見れるとは本当に良い時代になったものです。もうニヤニヤしっぱなしでした。この2人の絡みが我が家で何度でも拝見できると考えれば、2万円分のポイントを使っての今回のDVDボックス購入も全くの無駄ではなかったのだと無理矢理に脳内を納得させました。そう、カッテヨカッタノダ!!

『スーパーロボット大戦Z』でようやく据え置き機にも参入が決まって、少しは世間の『THEビッグオー』に対する認知度が上がるやもしれず、これ幸いとサンライズには、さとうけいいち氏こみで第三期を創って欲しいものであります。外国の後押し無しにね。

アニメネタはこれぐらいで次は音楽ネタ。といっても2枚ともニコニコ動画が絡んでいるのですが。1つは平沢進氏の『映像のための音楽〜平沢進サウンドトラックの世界』。この作品の「白虎野の娘」のPVをボーカロイドで創ってニコニコにアップしている方がいて(しかも台湾の方)、あまりの出来栄えに感動してつい購入。こういう形での国際交流も素晴らしいなぁ。( ゜Д゜)ドー

もう1つはユーミンの『Neue Musik』。ニコニコで「VOYAGER〜日付のない墓標」を聞いて妙に気に入ってしまい、購入するならどのアルバムに入っているのか調べてみた所、『Neue Musik』というベスト版にしか入っていない事が判って少し躊躇しました。このベスト版に収録されている曲は過去に聞いた事があるような有名な作品ばかりで、買うにしてもこの「VOYAGER」1曲の為に3000円ちょいは流石に高いかなぁと思ったのです。で、しばらく職場近くの中古CD店を見て廻ったのですが、全く見当たらなかったので結局は新品で購入しました。まぁ軽く流すには丁度良いアルバムです。ユーミンに興味があってアルバムをほとんど購入した事のない方には特にオススメです。実はこのベスト版に収録されている「DOWNTOWN BOY」という曲は当方が今まで聞いてきた音楽(950枚入りのCDラックからCDがこぼれるほど所持していますが)の中でNO.1です。残りの人生でこの歌を超える作品に果たして出会えるのか・・・。

次は書籍関連。書籍といっても漫画とライトノベルですが。『月姫』の移植決定に伴い、それに関係する本を幾つか購入しました。『TYPE−MOONエース』は確かになかなかの読み応えでしたが、『Fate』にこれっぽっちも興味が無くなった当方には時節柄やはり退屈な本ではありました。『空の境界』も原作は読みましたが映画まで見たいとは思わず(っていうか橙子の声、喜久子さん17歳じゃないってダメダメやん)。口直しに『月姫』絡みのアンソロ本も幾つか購入。流石にDNAのアンソロも22巻ともなるとネタが詰まらなくなってきました。早いところ移植版『月姫』を出してアンソロ界にテコ入れをしてもらわないと。それと写真では見辛いですが『FORTUNE ARTERIAL』の4コマアンソロが出ていたので即購入。『よあけな』はアンソロ展開が無かった気がするので、4コマでも早々と出してくれたエンブレに感謝です。ただ、メインヒロインなのにゲーム同様アンソロでもちっとも目立っていない瑛里華に同情の念が・・・。

ライトノベルでは『ミスマルカ興国物語』が面白かったです。最近2巻が出たので読むのが楽しみ。確かに掴みを派手にやり過ぎた分、大風呂敷を無事に畳めるか心配ではありますが、その辺も含めて今後どう転んでいくのか期待です。『らじかるエレメンツ』は先ほど読み終わったのですが、デビュー作でこの面白さなら本物かも。実名で笑いをとるのは反則だと思いますが。とりあえず三巻まで出るらしいので、こちらも続きを楽しみに待ちたいと思います。ティーガーメインの話も1つぐらい見たいかな。

さて肝心のゲームの話。『戦場のヴァルキュリア』、前評判通りの面白さです。あまりにハマって、第5章に入る所で遊撃戦闘でレベル上げばかりやっています。現在、全ての兵科がLV8。LV11になってクラスアップするまで頑張る予定です。当方はどこぞのペネージュさんではありませんが、蹂躙戦が大好きなもので、鍛えに鍛えまくって帝国どもを蹴散らしてやるのです。げへへへへ。因みにロージーは俺のもの。俺のもの。2度言ったので叶う筈だ。

一応、限定版を手に入れたので中身を写真でチラリと。出来はパッとしませんが、まぁこんなものでしょう。ただ、エーデルワイスの電池が初めから切れているのはどうかと思いましたが。わざわざ新しく電池を買うのもなぁ・・・。フィギュアのアリシアもイマイチではありますが、本編ゲームのアリシアは予想以上に可愛かったです。ほっぺを膨らますシーンはいくら魂をロージーに捧げている当方でもクラクラしましたね。トゥーン技術のあまりの進化にビックリです。他にも魅力的なサブキャラが何人もいて(全部で50人)、自分好みに小隊を組み直せる事も本作の楽しみの1つとなっています。自ら選んだキャラを戦場で使い続けていると愛着も妙に沸いてしまうので、主人公ウェルキンとのシンクロ具合も相当なもの。この辺りの「キャラ設定に重点を置く」作りは流石サクラ大戦チームと言った所なのでしょうか。これだけキャラが居るとプレイヤーによってはお気に入りに随分差が出るかもしれませんね。当方が個人的に気に入っているのは現時点ではロージー以外だとジェーン・ターナーとキャスリン・オハラの2人です。男キャラはほとんど使っていませんが、ヤンだけはなんとなく・・・。とにもかくにも限定版を買ってまで期待した本作でしたが、予想通りの面白さでホッとしました。しばらくは当サイトも『戦場のヴァルキュリア』ネタでいくことになりそう。積みギャルゲー崩しはしばらくお休みです。

『戦場のヴァルキュリア』にハマっていて何ですが、ついフラフラっと『MHP2G』も買ってしまいました。『MHF』がもうソロでは先に進める気がしなくなって、気軽に猟団に参加するほど時間にも余裕が無さそうなので、ソロであってもそこそこ先に進めそうな『MHP2G』にモンハンプレイをシフトする事にしました。ただ、やはり読み込みに時間がかかるので、2Gのメモリーを買ってきてゲーム内のデータをそちらに移して読み込みを軽くしてみました。おかげで随分快適にはなりましたが、あまりこちらに時間を取られると『戦場のヴァルキュリア』が進まなくなるので、プレイ自体はホドホドにします。オトモアイルーはやっぱし可愛いね。

【 2008/05/03 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)