第142回
足の裏

プリンタを買い換えました。いわゆる複合機と言われるものです。一応値段的には上から2番目に高いのを選んだのですが、それでも3万円代ですから、本当に安くなりました。ただ、試しに仕事で使う資料を50枚ばかり印刷したら、黒インクだけ既に半分近く減ってしまいました。現行機はインクの消費量が格段に増えているのでしょうか。以前使っていたHP(ヒューレットパッカード)のプリンタではそんな事なかったのに。本体の値段を安くしてインク代で元を取ろうとするエプソンの策略? DVDレーベル印刷もしてみたいのですが、コレではちょっと様子見ですかね。無線LANで繋げられるのは大変に便利なのですが。

今週の3連休に何か読む本でも買おうかと本屋に入ったものの、あまりピンとくるものが無く、上の写真のような寂しい結果に。桑田乃梨子氏は、白泉社メインで漫画を執筆していた頃から大ファンで、出ている単行本は全て所有しているほど。絵は特別上手とは思えないのですが(むしろ雑)、とにかく話のシチュエーション作りが巧いのです。ありがち学園ラブコメでも妙な設定を付加させて、稀有な展開に強引に持ち込む手腕は、一時期少女漫画ばかり読み漁っていた当方にはある意味衝撃的ではありました。正直、メインターゲットであろう女性読者には向かないのではないかと心配になるぐらい。実際は『おそろしくて言えない』は4巻まで出ましたし、CDドラマにもなったぐらいですから、固定ファンはかなりいたのでしょう。時期的にも、今はそれほど漫画の作風に「男性向け」「女性向け」のようなハッキリとした垣根が無くなってきていますから、氏の独特な作風も読者には受け入れやすかったのかもしれません。でも、ここまで独自芸風を貫く女性漫画家もそうそういないとは思うけれども(肩を並べる作家だと川原泉氏とか遠藤淑子氏ぐらい?)。今後もこの作風を続けていく限り愛読していく所存です。早く2巻が読みたし。しかしこの新刊『楽園番外地』の連載されている雑誌の名前、『ウンポコ』というそうな。なんて投げやり且つ斬新な名前の雑誌でしょう。そのうち買おう。

さてゲームの話。『P4』をちょこっと始めました。流石にネットの評判を見ていたら、放置してしまうのは勿体無い気がしてきたのです(まさか売り切れ続出、初週21万本も売れるとは予想外)。やはり学園モノは強いですね。で、さわりプレイの感想ですが、確かに雪子は可愛い。実に可愛い。雪子は俺のもの、雪子は俺のもの。二度言ってしまうほど可愛い。ので、この連休3日でなんとか雪子ダンジョンをクリアして俺のものにする。するったらする。

あとはそれほど『P3』との変化は感じませんでした。まぁ『P4』が出るまでそれほど間がありませんでしたから、システム面が似たり寄ったりなのはむしろ当然なのですが。そうは言っても、「そろそろ悪魔デザインは変えて欲しい」と思うのは当然の欲求のハズ。今回のデザイン流用も仕方なしとはいえ、もし、「金子氏が『真・女神転生4』を作っているから」等の理由だったとしたら大いに納得なのですがね。『真4』頼むから出てくれよ!

今月はAmazonで予約しているソフトが1本あります。PSPの『インフィニットループ 〜古城が見せた夢〜』です。ファミ通での点数が思いのほか良かった為か、予約があちこちで殺到して今はAmazonでも予約を打ち切っている状態だそう。あらかじめ予約しておいて良かった良かった。何故に当方がこのソフトを前から予約していたかというと、キャラ絵に惹かれたからです。もちろん、ゲームそのものも面白そうだったのですが、まず印象に残ったのがキャラクターデザインでした。意外とネットでの前評判を見ていると、この不破大輔氏のキャラ絵に好感が持てない方が結構いるみたいですが、当方には好み直撃でした。といいますか、正直、とある同人作家の絵に似ているなぁと思っていたのです。あんまり声を大にして言えないジャンルで有名な方で、某大手掲示板でもキャラクターデザインの名前が”不破大輔”にはなっていますが、「コレはその同人作家さんの別のペンネームではないか」との意見もあって、当方も「その可能性もあるかもしれないなぁ」とは考えつつ確信が持てずにいました。ただ、その意見が実は正しかった事が、上の写真にあります『電撃PSP VOL.424』に載っていたのです。『インフィニットループ〜古城が見せた夢〜』の紹介記事のあとに不破大輔氏のイラストコラムが掲載されているのですが、そのイラストで同一人物である事をハッキリと確信しました。間違いなく、イラストで”特定危険部位”を描かせたら世界一でしょう。商業誌でやるとはゲリラ過ぎる。でも、この方のセンスある絵が同人やエロゲンガーで終わってしまうのはあまりにも勿体無いと感じていたので、今回の商業ゲー参戦は大賛成なのであります。日本一とどう契約しているのかは分かりませんが、それこそ、『ディスガイア』の次の作品で原田氏を押しのけてメインデザイナーになるぐらい頑張って欲しいものです。応援しています。でも”特定危険部位”を描くのは控えた方が良くね?

【 2008/07/20 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)