第145回
いろいろネタ

1つ前の更新が少しパンピー風味だったので、今回はオタ全開でいきます。と言ってもいきなり微妙ネタ。前回の更新で竹本泉氏の最近の作品をドドンと購入した話をしましたが、この時に1冊だけ送付が間に合わなかった本がありまして、それが今週になって届いたのですが、パラパラとめくって見た所、1ページ斜めに破けているページを発見。今まで色々な本を買ってきましたが、このような事態は初めてです(見た感じ、元から欠損のある紙に漫画を印刷した様子)。最初は「出版会社に文句を言って取り替えてもらおう」と連絡先を控えたのですが、後々になって「珍しいから記念に取っておくかなぁ」と方針転換。1ページ丸ごと落丁というのは話によく聞きますが、ページ半分破けているのはなかなか無い気がして(それに竹本氏の漫画はコマ割りが大きめなので、欠損部分があっても話を予想しやすいですし・・・)。実害が少ない且つネタにもなったので、今回はこのまま保管することにしました。しかし次は許しまへんでエンブレさん。うじゃ。

夏休みに盛岡に行った話を前回しましたが、そこにあった古本屋で『こみっくパーティー』のアンソロ本が1冊105円で売られていたのでまとめ買いしました。8冊購入しても1000円いかないのですから安い安い。『こみっくパーティー』は作品自体”同人”を元にしている為か、アンソロでも同人作品でも面白い漫画が多いのです。今回も全冊楽しませてもらいました。特に詠美ちゃん様ネタが秀逸。またソフトをインストールしてプレイしたくなりましたよ。流石に今これらアンソロ本を定価で買うとなると躊躇うと思いますが、古本屋で安く売られている場合は、本編をプレイした方になら問答無用でオススメします。なんだかアニメも見返したくなってきた。

CDネタ。とうとう『花と太陽と雨と』のサントラを購入。ずっと1曲目の「Gymnopedie#1」が聞きたかったのです。この曲をアレンジした作品は世の中にゴマンとありますが、当CDのコレが一番、聞き易かったです。リピートプレイにすると心地よく眠れますよ。『花と太陽と雨と』はゲーム的に荒削りな部分が多いのですが、音楽だけはハイクオリティなので(GHMはいつもそうですが)、ファンならずともリラックスできるBGMをお求めの方にオススメします。あと、そのGHMからハガキがきていて、何でも10周年記念で9月にイベントを行うそうです。本当、51氏は洋ゲー好きねぇ。出不精の当方はスルーしますが、ファンの方は是非。そういえば今度、三上氏と組んでホラーアクションゲーを作るそうですが、『Killer7』と何かしら関わりがあるのでしょうか?

先週は更新を休みましたが、理由は弟家族が夏休みで遊びに来ていたからです。しかもPSPを持って。当方のPSPは旧型なのですが、弟のは2000番台のモノで試しに持たせて貰った所、あまりの軽さにビックリ! 何だか少し大きい”かまぼこ板”を持っているような感じで、今にも「パキッ」と割れそうな程に軽いのです。しかも充電池も旧型よりずっと持つみたいで、常時、充電器から出るコードを付けてプレイしている当方には羨ましい限りでした。流石にこれは「買い換え時かもしれん・・・」と唸る他ありませんでしたね。ニュースで『10月に液晶の輝度が向上した3000番台が発売される』との情報が出ていましたが、このタイミングを”天啓”とみて購入に走るかもしれません。その時はこちらでネタにします。因みに弟とは『MHP2G』を延々とプレイしていました。弟はすでにG級クリア済みだったので、手伝ってもらって当方もG級クラスにランクアップ。ソロで250時間かけてやっと集会所の上級がクリア出来そうだったのですが、その弟と組んだ所、上級どころかG級クエストまでも驚くほど早く消化できたので(G級クエを半分ぐらいクリア)、協力プレイの有難さを痛感しました。時間の無い社会人にこそ、一緒にプレイできる仲間が必要なゲームなのかもしれませんね。その仲間を見つけるのが学生なぞよりも実に大変な訳ですが・・・。

据え置き機では相変わらず『P4』をメインにプレイ中です。現在75時間かかって直斗くんを救出した辺り。しかし、前作に比べてSPの消費が激しいと感じるのは気のせいでしょうか? すぐにSPが無くなってしまうので、吸魔持ちの仲魔にチクチクと敵のSPを吸ってもらいつつ、他のメンバーには打撃メインで攻撃を指示する”省エネ戦闘”に終始するほか無く、自然と戦闘が長引いてしまうのです。流石にこのままだとプレイ時間が大幅に伸びそうなので、他のコミュキャラそっちのけでキツネさんのご機嫌取りに励む毎日です。このキツネさんには是非、前作のコロマルのように仲間になってもらいたいのですが・・・。ストーリーは今のところ可も無く不可も無くといった所。真犯人探しも現時点では迷走していますが、ただこの紆余曲折が、判断力のまだまだ未熟な学生達を上手に表現している感じです。少なくとも前作より目線がちゃんと学生寄りになっている事に好感が持てますね。恐らく主人公達の中に死人が出る可能性は無さそうな雰囲気ですが、『P3』の事を鑑みると油断は出来ません。最後まで心に保険をかけてプレイする所存です。次いで、アトラス絡みで写真にありますように『葛葉ライドウ対超力兵団』を購入しました。もちろん10月発売予定の『葛葉ライドウ対アバドン王』をネットで既に予約したからです。確かにオマケに吊られた感も多少ありますが、やはり本編だってちゃんとプレイしたいですからね。前作をクリアしておいて『アバドン王』に備えます。何時ごろプレイ出来るのかは、ニンともカンとも。

最近ネタにすらなっていないギャルゲー関連ですが、先週おどろくべきニュースが飛び込んできました。そう、あのオーガストの名作『夜明け前より瑠璃色な』のFD発売が決定したのですヤッタ。しかも当方がプレイしたPS2版の後日談というから嬉しすぎます。エステルさんとの後日談・・・鼻血モノですよ? 実際、本編クリア後に見れる後日談的オマケシナリオの充実度が非常に高い作品でしたから、新作FDともなれば本編にも劣らない面白い作品になるのではないでしょうか。ひたすらドタバタラブコメでも全くOKです。Hシーンもモチロンゲフンゴフン・・・。頑張れオーガスト。他のギャルゲーでは9月26日発売予定の『ピリオド −SWEET DROPS』と10月10日発売予定の『FairlyLife』が既に予約済みです。『てとてトライオン』は体験版をプレイしてみましたが、ちょっと好みに合わなかったのでスルー。まぁ、しばらくは家庭用ハードのゲームで欲しい作品が大量に出るのでそちらに目がいってしまいますが、『あけるり』FDのおかげで冬辺りにまたギャルゲー愛好熱が再発するかもしれません。そしたら積みギャルゲーを消化するんだ。

【 2008/08/23 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)