第146回
ペルソナ4の感想

とうとう『狼と香辛料』のDVD最終巻が発売されました。これが出るまでに二期製作発表があると信じていたのですが・・・。DVDの売れ行きが悪いのでしょうか? ファンとしては是非にも二期を製作していただいて、DVDの7巻以降が発売される事を心から願うばかりであります。原作の方も9月10日に新刊が出ますね。作者の言う「格好良いロレンス」が見れる事を大いに期待したい所です。

さてゲームの方ですが、『P4』プレイが終了しました。以下に感想を載せましたのでお暇な方、覗いてみてください。キャラクター評以降、若干ネタバレがあります。

システムについて

基本は前作と同じシステムですが、主人公のステータスが3項目から5項目に増えた為に、ステータス上げが若干、面倒になりました。特に今回はコミュレベルを発生させたりレベルアップさせるのに主人公の能力がキーになる場合が多々あり、コミュ上げばかりに捕らわれると先に進めなくなってジリ貧状態になりがち。当方の場合、直斗のコミュが全く育たず(加入するのが後になる事に加え”勇気”レベルが5になっていないとコミュが発生しない)、戦闘で使えるキャラで唯一LV10まで上げられませんでした。印象では前作よりも”知識”に対する重要度は減った感じなので(上げる機会も他の項目より多いので)、日常生活で上げる機会の少ない”勇気”や”伝達力”を序盤から率先して鍛えるのが有効な気がしました。

それ以外は特に気になる変更はありません(黄色のデザインが目に痛いぐらい)。『P3』経験者ならばスンナリ本作に溶け込めると思います。

戦闘に関して

こちらも前作を踏襲している為、目新しい点はありませんでした。もともと戦闘システムは完成度の高いモノでしたから、下手に弄るよりかはマイナーチェンジに留めたのは正解だと思います。特に前作では主人公以外はAIで動いていたのを、今回は直接指示できるようになったので更に戦闘が快適になりました。また、前作でほとんど使用しなかったミックスレイドを廃止し、全員参加の”総攻撃”をそのまま残したのもナイスチョイスです。ただ、それでも気になった点が幾つか。1つはSPの維持が非常に困難になった事。これは前回の日記でも触れましたが、とにかくSPが減りやすく回復させる手段も少ない為に直接攻撃をメインにするほか無くなり、1つの戦闘にかかる時間が増えてしまうのです。本作では店でSP回復アイテムが置かれておらず、自販機で購入できるSP回復用のジュースも回復量が微量なので、結果、戦闘で魔法を使わない”省エネ戦闘”の繰り返しにならざる負えず、かなりストレスが溜まりました。キツネのコミュ上げがもう少し楽だったら・・・。この辺りのバランス設定はもう少しプレイヤーライクにして欲しかった所です。もう1つ気になったのは、ダンジョン徘徊時に持てる武器が大剣で固定になってしまった事。3Dダンジョンで且つ道が狭く設定されている為に、大剣で戦う場合はだいたい奥に敵を置いてそちらに向かって切りかかる手段しかありません。そうなると、現在の描画クオリティでは敵との遠近感が取りづらく、こちらの攻撃が空振って敵に先制攻撃されがち。やはり前作のようにプレイヤーの好みに併せて、振り幅の少ないレイピア系や遠距離に攻撃できる弓などが選べるシステムにした方が本作には合っている気がしました。

特に気になったのは以上の2点ですが、個人的に頭に「?」が付いたのがシャッフルタイムの難易度がUPした事。回転は速すぎるし、シャッフルというより「スロットじゃねーか」みたいな揃えるのが難しいゲームもあるしで、せっかくのペルソナ集めの手段がただ困難になっただけという実に残念な変更でした(アルカナチャンスもイマイチ活用する気になれないし)。本作の製作スタッフはせっかくの遊びやすい戦闘部分にストレスの溜まる”枷”をプレイヤーにハメ過ぎです。もし次作があるならばこの辺り、是非にも再考を願いたいものです。

ペルソナについて

正直、今回のメインキャラに付属するペルソナのデザインは個人的にイマイチでした(後期ペルソナも同様)。前作もそれほどピンとくるペルソナがありませんでしたし、コレに関しては別の方にデザインして貰った方が良い気がしました(金子氏とか金子氏とか金子氏とか)。他は御馴染みのペルソナばかりで新鮮味はありませんでしが、変に改変されるよりは現状維持で十分かと。今回も100体近くペルソナが存在するのですが、降魔できるのはやはり主人公だけでした。本当に勿体無い。もうほとんどのペルソナが作ったらそのまま全書行きになるだけで、使用する事なぞ1度も無いのがザラ。せめて他のキャラにもアルカナの合うペルソナぐらいは降魔させて欲しいものです。さすれば、レベルも上げられて使用スキルが増える分、合体で継承できるスキルも色々と選べて更に有用になるのですが。難しいのかなぁ・・・。

因みに個人的にお気に入りのペルソナはヨシツネとサタンです。ヨシツネはもちろん”八艘飛び”が凄すぎます。ラスダンの中ボスクラスをほぼ一撃で倒します。レベル上げが面倒ではありますが、マガツマンダラを主人公1人で潜れば結構すぐに上がります(”ぐれぇとキング稼ぎ”を使えば更に効率的)。ラスボスを楽に倒したい方には必携です。それとサタンですが、3身合体でかなり強いサタンが出来たので(以下の写真)ラスボス戦までずっとメインで使っていました。

マハダイン4系統にメギドラオンにSP回復用の”吸魔”&”大気攻”と隙無しです。元からマハラギダインと”大気攻”を所持しているので、合体の際に他の3系統と吸魔を持ったペルソナを用意できれば(あとは頑張って試し合体を繰り返せば)、時間はかかりますが上記サタンが出来るハズです。前述の通り、本作では魔法を主に使う場合はSP回復手段が無いと直ぐにジリ貧になるので、”吸魔”&気攻系は是非にもペルソナに付与させたい所です(”勝利の息吹”でも良いかもしれませんが少々中途半端な印象。”勝利の雄叫び”はルシファーLV99でしか手に入りませんから、狙うにしても現実的ではありませんし)。終盤でどのペルソナをメインにしようか迷っている方、サタンはオススメですよ。

キャラクター評

軽くキャラクターの感想を付けてみたいと思います(若干ネタバレあり)。

主人公

最初の印象は「なんだか地味」。前作の主人公と同様、最強魔人ではあるのですが、ハデハデしさが無くどこか落ち着いた風情のあるキャラクターでした。やはり堂島家の人々との絡みがそう印象付けたのかもしれません。優しいお兄さん風味? 悩み多き友人達を時には優しく、時には叱咤激励する姿はまさに特別捜査隊を束ねる頼もしき兄貴(リーダー)といった印象でした。皆が彼を頼るのも分かる気がします。ラストの駅で主人公を見送る場面ではプレイヤーの視点が何故か見送る側に立ってしまい、残った友人達と一緒に「戻ってこいよ〜」とか寂寥の想いに駆られる筆者でした。

花村陽介

『3』のテレッテと同じ立ち居地の賑やかしキャラかと思ったのですが、意外にも陽気さと生真面目さが同居したような好感の持てるキャラでした。序盤の陽介の”影”とのイベントを見たせいもあるのでしょうが、主人公との絡みや様々な難事を解決していく中で成長していく彼を見守るのも、また『P4』の主題のようにも思えました。あと、自分で「サポート役に向いている」みたいな事を言っていましたが、主人公の”参謀”とは確かに言いえて妙だったかも。ただ、ラストの病室での重要な問答でミスリードを誘うのも彼だったりして、考えを巡らす事に関しては得意とは言い難い気もしますが。

里中千枝

『3』の立ち居地でいうとゆかりになるのでしょうか。ゆかりに比べれば断然、好感度がUPしています。猪突猛進ぶりといい頭の抜け具合といい、実に愛すべき馬鹿な子でした。馬鹿な子ほど可愛いものです。雪子イベントでの彼女の”影”の言動がなかなかに考えさせられますが(個人的にも思い当たる節がチョロチョロと)、それだけに吹っ切れた千枝が雪子を救い出した件は見所がありましたね。きっと一生、雪子とは友達でいる気がします。一応、千枝とは恋人関係で進めましたが、イマイチ浪漫が無いのも彼女らしくて良いか?

天城雪子

当方にとって一番好感を持ったヒロインではあるのですが、コミュ関連のイベントでは普通の受け答えをするのに、通常イベントでたまに「?」が出てしまう程に不可思議なリアクションを取る時があって、なんとも掴みづらいキャラでもありました。とは言え、ほっぺポヨポヨ状態の彼女が当作品の最強最萌へキャラであるのは確か。主人公の嫁は雪子で決まりです。間違いなく彼女ならば、ラストイベントのあと主人公を追いかけていくハズ。「あなたと越えたい天城越え」とも言うしな!

クマ

山口勝平氏の偉大さを知らしめたキャラ。「勝平の声はもう聞き飽きた〜」と思った御仁ほど感銘を受けたハズ。まさにプロ中のプロ。クマ自体はまるまんま能天気な性格の着ぐるみ人形(中は美形)なのですが、それ故に、奈々子が病院に入った辺りからの一連のクマの心情の吐露は泣かせます。周りから必要とされる事がどれほど重要であるかを如実に知らしめる好例的な役所でした。きっとラスト以降も例の場所から抜け出してジュネスで笑いを振りまいているのではないでしょうか。

巽完二

男キャラでは一番好感が持てました。巷で彼の”影”のイベントが良くネタにされていますが、あんなのは飾りです。彼は本質的には、優しさと思いやりを兼ね備えたナイスガイなのです。小さい時のトラウマで不良の格好と振る舞いをしていますが、これも飾りです。主人公達に会ってから自分の誤魔化しに気付き、そして自分のやりたい事に真に気付いた時に、彼は本当の漢になります。人形を作って子供にあげた時の恥ずかしそうに(且つ嬉しそうに)していた彼が印象的でした。将来、稲葉市で無くてはならない人物になる気がしますよ?

久慈川りさ

うーん、少々評価が微妙になりますね。やはり芸能人キャラは心根が見えにくい印象があって、本心で主人公に纏わり付いているのか、その場しのぎのフェイクではないのか等々、色々と勘ぐってしまいます。彼女専用のコミュも芸能界ネタが主としてあるので恋愛話に直結しにくく、結局、友情ルートにしてしまいました。いっそスッパリ芸能人をやめて豆腐屋で頑張るぐらいの立ち居地にした方が、好感は持ちやすかった気がしますね、個人的に。

白鐘直斗

すみません。全然話が進められなかったので感想もあまりなく。加入時期が遅すぎます。性別は予想通りでしたが、それだけに、もしコミュ話で○○姿があったら・・・。2週目するか?

堂島遼太郎&奈々子

本作では(元々近い親類ではありますが)、擬似的にこの2人との”家族”関係が体験できます。これがとても大きかった。友情ばかりではない、2人と交わした家族愛がどれだけ主人公の力になったかを、非常に分かりやすくプレイヤーに印象付けた父娘でした。特に奈々子は主人公の事を兄のように慕ってくれるもので、プレイヤーとしても好感を持たないハズも無く、生田目に連れ去られた時など、いつになく気合が入ってプレイしている自分がいました(この後の病院イベントでは一瞬、血の気が引きましたよ)。本当に元気になって良かった良かった。個人的に『ペルソナ』シリーズは”友情”がメインテーマになっているイメージでしたが、それに”家族愛”をプラスするのも『ペルソナ』の作風には合っている気がしました。達哉と克哉兄ちゃんもそうか。

イゴール&マーガレット

マーガレットさんは驚きましたね。ラストにあんな直接的表現を持ってくるとは思いもしませんでした。まぁ1つの記念という意味合いもあるのでしょうが、いっその事もっと突き詰めて、個人的に主人公の嫁と思っている雪子と主人公を取り合ってくれたら・・・萌え転がれるのになぁ。イゴールさんは相も変わらず。

キツネ

最後の辺り、読み飛ばしてしまったので正確には覚えていませんが、あの神社は取り壊してしまうのでしょうか? せっかくあんなに苦労したのに・・・。ただ、きっとキツネさんが頑張って神社を守ってくれるもの信じます。子供と一緒に。

一条&長瀬

今回のプレイではサッカー部に入ったので長瀬メインでした。主人公とこの2人のコンビはリアル等身大の友人っぷりが巧く表現されていて好感が持てました。しかも過去の恋愛を引きずる長瀬を一条と二人で発破をかける件は、まさに甘酸っぱい高校生活を想起させるに充分のネタ話でしたね。感心しました。この一条というキャラは飄々としている割に友達想いの熱いヤツで、長瀬の為にいろいろと苦心する所が妙に泣かせます。彼のストーリーも1度は見てみたいものです。

まとめ

最後にストーリーについて。前作のような「身近な人の死」を主題に絡める事なく、面白いストーリーを作った事に関しては手放しで賞賛します。特に上でも触れていますが、友情ばかりでなく家族愛をも付加して主人公達の強い繋がりを印象付けたのも素晴らしかったです。そういう意味では『女神異聞録ペルソナ』や『ペルソナ2罪・罰』を上手に昇華した作品だと思います。前作『P3』ではシステム面で評価はされつつもストーリー等で随分と叩かれた部分がありましたから、本作の出来を見る限り、スタッフは相当頑張ったのではないでしょうか。ただ1つだけ、個人的に気になった事があります。かなりのネタバレになりますので、未クリアの方は見ない方が懸命です(ご覧になりたい方は以下を反転して見てください)。

本作は連続殺人事件の謎を主人公達で解いていく側面もあるのですが、これが相当に難しいのです。とくにヒントらしいヒントも無いまま12月3日のイベントで陽介から6回質問が繰り出され、そこで全て正しい答えを選ばないとバッドエンド直行です。当方も選択肢を間違えて、あれよあれよという間に3月21日にすっ飛んでしまってエンディングが流れた時は、「なんじゃこりゃ!?」と叫びましたよ。慌ててネットで攻略サイトを探し出して、ラストがマルチエンディングになっていると知った時は心底ホッとしました。あのオチではどう考えても納得できませんから・・・。で、あまり時間も無いので、コレ以降は攻略サイトを見ながらプレイしました。上の選択以外にも12月5日にまた別の選択肢があり、ここで間違えるとまたバッドエンドです。たとえ巧い事ここを通過でき、禍津稲羽市+マガツマンダラを攻略したとしてもコレで終わりではありません。真エンドを見る為には3月20日にあるイベントをこなさなければなりません。これがまたエラく複雑で、恐らく当方一人ではクリアできなかったでしょう(ジュネスのエレベータを”2度”調べるというのがまず無理)。流石にキツ過ぎます。何十時間とプレイしてきたのに、最後の選択肢を1つ間違えただけでバッドエンドに直行とは、誰だって凹みます。結論として一番言いたいのは、「ラストに至るまでの過程でヒントをもっと開示すべきだ」という事に尽きます。真犯人に関してはまだ良しとしても、黄泉比良坂に至るまでの道順ぐらいはあからさまで無くとも情報としてもっと提示してしかるべきだと思うのです。やりなおしの面倒なRPGならば尚更。兎にも角にも、自力でクリアできなくてガッカリしきりのエンディングでした。

ネタバレ以外で気になった点は特にありません(コミュのイベントぐらいはフルボイスにして欲しかった所ですが、まぁ瑣末な願い事ですし)。とにかく大変に面白いRPGでした。130時間があっという間に吹っ飛びましたが、『P3』の時のような後悔もありません。アトラス、グッジョブであります。メガテンファンばかりでなく、RPGファン、ジュヴナイルファン、ギャルゲーファン等々、様々な愛好家達に満足できるゲームになっていると思います。心よりオススメします。『P5』以降も是非、この路線で突き進んでいって欲しいものですね。

おまけ

上の方でチラっと触れていますが、”ぐれぇとキング稼ぎ”というのがあります。詳細は省きますが、ラスト近くでのペルソナのレベル上げやお金稼ぎに有効な裏ワザです。試しに当方もやってみた結果が以下。

経験値は特にUP用装備を持っていなかったので上限が65535でストップしてしまうのですが、お金だけは延々と増え続けるので、試しに夜の9時から次の日の朝9時まで放置してみた所、200万ばかり溜まっていました。上の感想で触れていませんが、本作は普通に戦闘をこなしているだけだとお金があまり貯まらないので、常に金欠に陥りがちです。なので、ラストでこのワザを使ってお金を稼いでペルソナを作りまくれば、1周目でも90%以上の悪魔全書が作成できる寸法です(もし全コミュクリアしていれば100%も可能?)。まぁ裏ワザの類なので強くはオススメしませんが、プレイする時間に余裕が無くて且つヤリコミが大好きという当方のような方に、ちょこっとオススメいたします(やり方の詳細は攻略サイトを検索してください)。

という感じで『P4』の感想でした。やはり貶すレヴューは書いていても詰まらないものです。『P3』の時はおかげで嫌々書いた覚えがありますが、本作に関しては出来が良かった事もあって本当に楽しくレヴューできました。アトラスに感謝。返す刀で『葛葉ライドウ対超力兵団』を始めました。あまり良い評判を聞いた覚えがありませんが、とにかくラストまでプレイする所存です。金子絵はやっぱりかっちょいいなぁ。

【 2008/08/31 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)