第150回
海が俺を呼んでいる

先週の東京ゲームショウで発表された情報をちょろちょろと見ていたら、「『大航海時代Online』がPS3に移植される」というニュースがあって、若干興味を覚えて、現行で運営されているPC版『大航海時代Online』のオフィシャルサイトを拝見。なかなか面白そうでしたし、『ウルティマオンライン(UO)』を引退してから手軽に遊べるオンラインゲームを探していた事もあって、どんな感じのゲームなのか試しに体験版を落としてプレイしてみました。

3連休が吹っ飛びました。

システムが初心者にも分かりやすくて好印象でしたし、一人でプレイできるのも社会人にはありがたい。交易がとにかく楽しくて、『ルナティックドーン』に面白さを見出せた方なら相当にハマるはず。オンラインゲームの楽しさを上手に表現してるゲームに見受けられました。ただ、課金してまでプレイするかどうかは迷い中です。3日間遊んでみて、気になった事が2点。1つはプレイしやすいのは良いのですが、全体的な造りとして、『UO』に比べると少し底が浅い印象がありました。具体的に何が足りないのかはまだハッキリとしないまでも、スキル上げ等の面倒臭い部分をうまく”やり甲斐”に繋げられていないような、そんな感じを受けました。コツをある程度つかんでしまうと急激に飽きがきそうな気配がします。もう1つ気になったのは(これは1つ目に挙げた事にも関連するのですが)、2005年に運営を開始したにしてはプレイヤー人口が少ないという事。ネットで『大航海時代Online』の情報を仕入れようとしても、大して引っかからず、引っかかったとしても更新停止しているサイトがイヤに目につきました(印象では2006年辺りで引退宣言している方が多かったでしょうか)。つまり、このゲームに飽きてしまってプレイを止めた方が大勢いるという事で、1つ目に挙げた”底の浅さ”の証明にもなっているのではないかと(実際、町の中ではゴザを敷いて行商をしている人ばかりで、アクティブな方は少ない気がしました)。もちろん、遊んで3日目の当方が感じた事なので、内実はもっと盛り上がっているのかもしれませんし、まだ何とも言えませんが、とりあえず今週末まで体験版をプレイしてみて、これといって意欲が減退するような事もなければ、1回ぐらい課金してみようかと思っています。その際、当サイトの更新がしばらく滞るかもしれませんが、ご容赦の程を。今週には新型のPSP−3000が届くのになぁ・・・。

【 2008/10/14 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)