第158回
『アトリエ』シリーズにハマる

最近、少しづつ活気が出てきたPS3陣営。ハードの売り上げも好調との事で、このままの勢いでPS3が売れ続けてくれると、SCE側も気を良くしてPS2との互換機能を復活してくれるのではないかと、つい淡い期待を抱いてしまうのですが。この機運が高まるPS3から6月に『ロロナのアトリエ 〜アーランドの錬金術士〜』というソフトが出るとの事で、それ関連の記事をチョロチョロと拝見した所、ゲーム画像は大変美麗ですしキャラクターデザインも個人的に好感が持てたので、期待先行で早々とAmazonでこのソフトの限定版を予約してしまいました。ただ、予約した後になってから『アトリエ』シリーズを1本もプレイしていない当方からして「本当に8232円(現時点価格)分、楽しめるのかな?」と不安になってきたので、プレステ内のゲームアーカイブスからシリーズ1作目の『マリーのアトリエ』を600円で購入。PSPに入れてプレイしてみました。

結論から言うと意外な面白さにビックリでした。PS時代のソフトですからクオリティは現行ソフトに遠く及ばないのですが(1プレイも8時間ぐらい)、肝である調合システムが良く出来ていて、新しいアイテムを作っては図鑑を1つ1つ埋めていく作業が楽しくて楽しくて。収集癖の強い方ならばハマる事まちがいなし。RPGで言う所のキャラの育成が少し甘めになっていて、ちょっと旅に出るだけでもレベルがパカパカ上がっていくのですが、おかげでアイテムが集めやすくなって、調合や酒場の依頼クリアに集中できるのも好印象でした。600円でこの面白さならお買い得です。次いで『マリーのアトリエ』の続編『エリーのアトリエ』もゲームアーカイブスで発売されていたので、『マリー』クリア後に即購入。こちらも一心不乱にプレイしてしまったもので、「こいつは『ロロナのアトリエ』が発売される前にシリーズ全部やっちまうか!?」と変に意気込んで、PS2で出た3作目の『リリーのアトリエ』と値段が安かった通算で6作目になる『イリスのアトリエ エターナルマナ』も併せて購入。もちろん、他の作品も今後購入する気マンマンですが、この『アトリエ』シリーズ、Wikiで調べてみると現時点で12本(?)あるそうで、流石に『ロロナ』発売までに全てプレイするのは無理そうな気配です。とりあえずソフト収集だけは継続する予定。

ただ、相変わらず積みゲーは山ほどあるのですが(更新お休み中にクリア出来たのは『葛葉ライドウ対アバドン王』ぐらい)。最近では『バイオハザード5』やら『アマガミ』が積みゲーの仲間入り。どうしよう。

全く関係ない話。以前サイト探訪をしていた時に、「自分が思い浮かべたキャラクターを見事に当てるサイトがある」との記事を読んで、興味を覚えて試しにチャレンジしてみました。当方がギャルゲーヒロインで1番好きなキャラを念頭に置いて、サイトから発する幾つかの質問に答えていった所、本当にバッチリ当たってしまったのでビックリ(上の写真)。言語の内容からして外国のサイトと思われるのですが、日本のキャラ(しかも18禁ソフトのキャラ)でも当ててしまうとは恐れ入りました。どうやら質問の内容で統計を取って一番アクセスの多かったキャラを優先して選び出すシステムみたいですね。世界には面白い事を考える人がいるものです。もし興味がありましたら、暇つぶしがてら、該当サイトにアクセスしてみてはいかがでしょうか(Akinatorで検索を掛けると引っかかると思います)。

【 2009/04/19 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)