第160回
旅行でリフレッシュ

ゴールデンウィークは青森まで旅行に行っておりました。思ったよりも暖かくてジャケットもいらないぐらいでした。一応、旅行のお目当ては新鮮な海の幸を堪能する事だったので、八食センターという所にいきまして某店で三色丼なるものを食してきました(画像)。大変美味しゅうございました。やはり新鮮なお刺身って美味しいですよねぇ。東京都心で反り返ったイカの乗る回転寿司ばかり食べている身には背筋に電流の走る(?)旨さでした。また行きたいものです。因みにこの三色丼、お値段4500円なり。目の前にいた知人もビックリ。

旅行中は結構ひまな時が多かったもので、近所の本屋で漫画本を数冊買い込んで読んでいました。軽くその感想。『3月のライオン』は『ハチミツとクローバー』(未読)の羽海野チカ氏の新刊で、書店員がお薦めするほど面白いとのオビ文句に惹かれて読んでみました。正直、当方には合いませんでした。なにせ主人公の両親の死の表現が心に突き刺さる突き刺さる。ギャグ展開が変にハイテンションだったりするので、鬱展開におけるショックの振り幅が異常に大きいのです。人気があるのも何となく分かりますが、少々人を選ぶ漫画という印象でした。おそらく続巻は購入しないと思いますが、ただ1つ、この作品に二海堂という超カッチョイーキャラが出てくるのですが、こいつが桐山を叩き潰す話があったらそれだけ読んでみたいかも。『神太刀女』は『月姫』アンソロで結構好きだった方が作画をしているとの事で読んでみました。若干、序盤の展開がツメ込み過ぎで、主人公の戦うまでの決意の流れが性急過ぎる印象がありますが、キャラデザインが非常に好感が持てる事と主人公の決意がこの先どう転ぶのか気になったので、こちらは2巻以降も購入予定。もしアニメ化したら”一”さんの声は折笠愛氏じゃね? 『さいたまチェーンソー少女』は駄作。せっかくのチェーンソーがまるで生きていない。とんでもSFで纏めるぐらいならばフツーにスプラッタで切株ってくれた方が良かった気がします。んで夕日に向ってチェーンソーを振り回してエンドみたいな(そんな漫画は電撃から出ないか)。いろいろ残念。『ヴンダーカンマー』は最近の西川氏の漫画では久々のヒットでした。別にエロとフェチくさい内容で勝負しなくても十分面白い作品が描ける方だと思うのですが、そちらに傾倒してしまうのも西川氏の性(さが)だとしたら難儀やなぁと。『屈折リーベ』が一番好きな当方としては本作ぐらいの展開で丁度良い感じ。もしかしたら『なつめヴルダラーク!』や『怪物さん』とリンクしているやもしれず、先の展開が楽しみです。『ねこめ〜わく』もとうとう6巻ですか。好きなシリーズなのでいつまでも続いて欲しいと思う反面、マンネリ化打破の為だけに登場人物を増やすのもどうかなぁと思わないでもなく(マデリンまでは予定通りらしいですが)。個人的には百合子とヘンリヒと猫達でぼんやりした日常を描いてくれたらそれでOKなのですが。いつもながら、表紙の絵や中の扉絵はシュールで好き。早く『いろ3もの』買わないとな。

さてメインのゲームの話。某動画サイトで「特産物の野望」という動画(オススメ!)を延々と見ている内に妙に本家がプレイしたくなって、旅行出発の前日にAmazonで『信長の野望【革新】PK』を購入しました。実は以前の日記でもちょっと触れた事があったのですが、ノーマルの『革新』は中古で購入済みだったのです。ただ、色々と積みゲーがある中で本作をプレイする予定がなかなかつかなかったもので、先年の9月ぐらいに行った大掃除でつい『天下創世』とともに売り払ってしまいました。勿論、今になって動画の影響でプレイしたくなっても手元に無い訳で、仕方なくPK付きの新品を購入する事に相成りました。中古でも決して安くなかったのに、なんだか色々と勿体ない。

で、上の写真が現在の状況です。『信長の野望』の全国版が出てからは必ず最初のプレイは伊達家で始めているのですが(理由は単に当方が仙台生まれだから)、難易度を初級にしているからなのか、意外と初プレイでもトントン拍子に領土を広げていって、3日程で東北関東あたりまで手中に収めました。伊達家で始めると必ず立ちはだかるのが上杉家(軍神持ちの謙信)なのですが、今回は武田家が頑張って上杉の侵攻を阻んでいたおかげで春日山城ぐらいしか城が無かったのが幸いでした。しかもこちらが春日山城近くまで軍を移動させている時に武田がこの春日山城を攻めていたので、横からソロソロと兵を近づけていき、城の兵数がかなり減った所で一斉に攻め入って春日山城を陥落せしめる横槍卑怯プレイが大成功! 上杉謙信ほか有能な家臣が山ほど手に入ってウハウハ状態でした。この辺りがリアルタイムSLGの醍醐味ですね(5万ほど引き連れて必死に攻略せんとしていた武田からしたら憤激ものですが)。謙信が味方に付いてからは南進する度に連戦連勝。さすがにチートキャラと言われる軍神だけあります。いつのまにか武田信玄が死んでいたので、武田家もそう苦労すること無く滅亡させて更に内部強化を図り、武力だけなら既に全国制圧は確定状態です。まぁ初級ではこんなものでしょうか。3日程プレイしてみての『革新』の感想ですが、評判通りの面白さでした。『三国志11』のような只管だだっ広いマップではRTSがイマイチ面白さに直結していなかった印象でしたが、日本のマップの大きさと点在する城の数を丁度良いバランスに設定した事で、リアルタイムの戦闘が巧く機能したように思います。内政部分も見た目こじんまりとはしていますが内政好きにも十分楽しめる出来でしたし、貿易も金稼ぎの新たな手段としては面白いシステムでした。逆に気になったのは諸勢力の存在意義。PKで導入されたこの諸勢力、敵にすると腹ただしいのに味方にすると旨みが少ないのが困りもの。例えば、懇意の大名に特産品や家宝を献上するとか敵対勢力の邪魔をする等々、もう少し目に見える活躍をして欲しかった所です。現状で気になったのはこのぐらいで、兎にも角にも大変に評価のできるソフトでした。シリーズ最高傑作との呼び声も納得の出来です。初心者でも初級でプレイすればそれほど難しくないレベルだと思いますので、『信長の野望』をこれから遊ぶ予定のある方には昔の単純なシステムの頃の『信長の野望』よりも『革新』をお奨めします。今は『戦国BASARA』等の影響で歴女ブームなのだそうですが、女性にも是非プレイして欲しいですね。・・・別に謙信が女性の容姿にはなっていませんが。政宗も馬鹿英語を喋ったりしませんが。幸村がわざわざ信玄に殴られに駆け込むこともしませんが・・・。『信長の野望』の新作、大丈夫かな?

【 2009/05/14 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)