第161回
日本一の伊達男

先週から始めた『信長の野望【革新】PK』ですが、伊達家で無事に全国統一が果たせました。やはり北から南進する場合は織田家を倒すとほぼ難敵もいなくなって、残りは頭を一切つかわない只の作業と化しますね。あまりに暇だったので、築城技術を最大にして小田原城を最硬にしてみました。見た目がイマイチなのが残念ですが、その辺の統率60〜70程度の武将相手なら1万ぐらい兵を置いておけばまず落ちない頑丈さです。今回は北条家があまり伸びていなかった事もあって、上杉謙信ほか我が強烈武将の前に瞬殺でしたが、伸びた時の北条の強さは半端無いですね。まさに小田原城など鉄(くろがね)の城。くろがねで思い出した。全然関係ありませんが、ブレストファイヤーより光子力ビームの方が強いんだってさ。そんなイメージなかったなぁ・・・。

上の画像がクリア直前のマップです。伊達の家紋が光ります。全部の城を最後まで自ら管理していたので、ラスト辺りは戦闘よりも内政が大変でした。別に金も米もあり余っていたのですが、やはり内政大好き人間としては、キッチリ城下整備をしていないとなんとなくスッキリしないのです。無駄な作業とはいえ、結局は富国強兵だしね。天敵は台風。おまえいらねえよ、夏。

クリアまでのプレイ時間はだいたい過去のシリーズと同じぐらいだと思うのですが、ゲーム内時間はどんどん進んでしまい(RTSだから?)、伊達政宗が元服してしまいました。流石に能力値は父・輝宗を軽く凌駕していたので(信長や家康と比べても遜色ないのが凄い)、輝宗には隠居してもらい政宗に家督を相続。これ以降の戦はすべて先陣を切って戦ってもらいました。やはり政宗は花がありますね。顔グラも別格の凛々しさですし能力の高さも折り紙つきなので、人気があるのも当然という気がします。当方のプレイ時のテンションも輝宗の時より高かったかも。ただ、上記画像はエンディングでの会話なのですが、全国統一で一番頑張った(苦労した)のは輝宗なので、お父さんも顔出しぐらいはするのかと思ったら、全く出番が無くて少々寂しかったです。しかも、エンディングでの政宗の会話相手が片倉景綱ならまだしも、記憶に乏しい家臣(名前が思い出せない)だったのが更に興ざめでした。もう少しエンディングの見せ方には一工夫ほしい所ですね。

エンディング後、ネットにプレイ結果を登録するか聞いてきたので試しに登録してみました。本作ではネットに攻略結果を登録するとプレイヤーの傾向を統計グラフで見る事ができます。例えば上の画像はプレイヤーが選んだ勢力を多い順に並べたグラフです。流石に『信長の野望』なだけに織田家でプレイする方が多いようですね。当方が選んだ伊達家も6番目ならばなかなか良い順位ではないでしょうか。政宗人気もあるのでしょうが、東北は序盤のシナリオですとそれほど強い武将が周りにいませんし土地も豊富なので、拡張志向の強い方にも内政志向の強い方にも選びやすい勢力なのかもしれません。それよりも、この表を見て驚いたのが真田家が3位に入っている事。ネットで調べてみた所、オリジナルシナリオでは最初から大名扱いになっているらしく、加えてある条件を満たすとイベントで真田十勇士が出てくるそうな。これはプレイしてみたい! ちょうど某所で公開されている『やる夫が真田家に生まれたようです』にハマっている所なので、時間があれば真田家でいっちょプレイしてみっかな!

【 2009/05/22 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)