第163回
欲しいゲームが無い時は

先週ひさびさに『ファミ通』を購入してこの先3ヵ月に欲しい新作ソフトが幾つあるか調べてみたのですが、驚く事に、今月発売するPS3『ロロナのアトリエ 〜アーランドの錬金術士〜』と来月ようやく出る360『Gears of War2』の2本しかありませんでした。現時点で8月も気になるソフトが見当たらなかったので、しばらくは上記2本と積みゲー消化に邁進する事になりそうです。以前の更新で取り上げた『キルゾーン2』や『信長の野望【革新】』も絶賛プレイ中なので、遊ぶソフトが無くて暇になるという事態はまず無いと思いますが、それにしても少々覇気が足りないゲーム業界につい、不安視をしてしまうのですが。予定表、すっかすかやもん・・・。

上の画像は『キルゾーン2』の階級章です。とうとう准将になってしまいました。残りは大将と最高司令官の2つですが、さすがにこれ以上の出世は難しいと思われます。何故なら、将軍以降まわりのレベルが急激にアップした為か、ほとんど上位に入れなくなったからです。それ以前は、攻撃力の足りない衛生兵でもミッションポイントプラスでなんとか上位に食い付いていけたのですが、将軍になってからは殆どのプレイヤーが無駄の無い動きをするので、敵は倒せない、逆に敵に倒される、ミッションポイントは敵に奪われる、もしくは味方が先にゲットしてしまう等々、こちらがポイントを手に入れる隙がまるで見当たらないのです。順位も中盤に入れば良い方で、流石にミッション最初からプレイしていてビリになる事はありませんが、それでも下から数えた方が早いくらいの位置にいる場面が多くなりました。あまりの不甲斐なさに頭にきてコントローラーをブン投げた日もありましたが、一方、「当方の腕ではこの辺りが限界なのかなぁ」と思わないでもありません。先が見えてきた分、流石にやる気を維持するのが難しくなってきましたが、だからと言って「順位が落ちてきたから止める」というのもあまりに短絡的な気もするので、今後はランクアップや順位は意識せず、少しでも味方の役に立てれば御の字と思って気楽にプレイしていく事にしました。本作は当方初のFPSゲーながらお気に入りの1本になりましたし、それだけに止める時も納得した形で締めたいですしね。スカーミッシュ(ウォーゾーンのCPU対戦版)で練習すっかな。

並行してプレイしている『信長の野望【革新】』ですが、伊達家で全国統一した後、織田家、上杉家でも同じく全国統一しました。伊達家に比べると立地は今一つながら序盤から優秀な家臣がゴロゴロいるので、大して苦労もせずに統一できました。で、続けての4回目プレイでは今度は西から攻めてみようと島津家を選択。武将の数は少ないものの、一門に統率の高い家臣が何人かいたので(特に統率105の島津義弘が光ります)、序盤から内政はそこそこに周りの敵城に攻め入って九州地方をアッサリ統一。地盤を固めつつ、その勢いで近畿地方まで一気に領土を拡大していきました。方や、関東から東を手中に収めた武田家も近畿地方に迫ろうとしていました。過去3回のプレイでここまで強国同士の総力戦になった事が無かったので、最初はワクワクして事の推移を見ていたのですが、流石に敵の最前線の城に10万の兵が逗留されていると辟易します。しかも統率や知力が高い強烈武田武将が大量に配置されているので、計略が掛かりづらく、ほぼガチ勝負になるのも大変でした。この場合、他の方ならどう対応するのか分かりませんが、当方の場合はとりあえず戦闘で捕虜にした武将を全て問答無用で切りすてて、相手武将数を総体的に減らす作戦にでました。ここまでくると捕虜を味方に引き込むのは難しいので、逆にどんどん切りまくって敵城に配置される武将の数を減らす事で、兵数が10万相手でもこちらの精鋭武将が率いる5万の兵でトントンになると考えたのです。実際この作戦は大当たりし、次第に武将も兵も減ってジリ貧になっていく武田勢を東北地方に追い詰め、所持兵数が極端に少なくなった所で降伏。全国統一と相成りました。流石に武田信玄は逃走確実の馬を所持していたのか最後まで捕まらず、掃討戦でも奇襲をかけてきてウザい事この上なかったのですが、終盤に浪人として上杉謙信が流れてきたので(武田相手だと嫌悪武将になって引き抜かれないらしい)、専ら信玄が出張ってきたら謙信に相手をさせてその隙に他の武将で城攻めする作戦に切り替えました。ゲームでも巧みに2人の天敵っぷりが表現されていて、色々な意味で感心しましたね。

因みに上の画像ですが、以前161回目の更新で小田原城の防御力を最大まで上げた事を画像付きで載せたのですが、どうやらイベントで更に改築する事が出来るらしく、今回の島津家プレイ時に武田が小田原城改築イベントを起こして最硬にしてしまいました(数値でいうと当方が改築した時の倍、4万の耐久値に。青ラインも2本になっています)。どうやってこのイベントを起こすのかネットで調べてみたのですが見つかりませんでした。築城Sのキャラを何人か配置すれば起こせるような気もしますが、次回プレイ時に検証してみます。ただ、何故か武田が小田原城を最硬にしたにも関わらず兵数も武将もろくに配置していなかったので、こちらの精鋭部隊でアッサリと陥落してしまったのですが。人のいない城なんてこんなものかもね。

話は変わり、以前の日記でPS3の『civilization revolution』をプレイしている事を書いたのですが、最近は上記ゲームにかまけてあまり遊ばなくなりました。一時ハマっていた「ゲーム・オブ・ザ・ウィーク」の文化勝利チャレンジも、追加パックを買ったもん勝ちになる気がしてヤル気が削がれてしまいましたし。ただ『civilization』のシステムの面白さの一旦はこの『civrev』で十分堪能できたので、今なら本家本元のPC版『civilization4』を買っても複雑過ぎて投げ出す事もなかろうと、試しに幾らぐらいで購入できるのかネットで調べてみました。すると『civ4』本編の他に追加シナリオ2本を含めて9500円で売られているパッケージを発見。この商品を掲載していたお店のポイントが5000円分溜まっていたので、「4千ちょっとで買えるなら」とつい購入してしまいました。まだインストールしていませんが、既にドキがムネムネしています。『civ3』は結局クリア出来ずに売り払いましたが、『4』ではそんな事がないと良いのですが・・・。

さて、最近ネタにもしていないギャルゲー関連ですが、2009年になってからまだ1つもプレイしていないのですから深刻です。今年購入したのも、画像にあります『夜明け前より瑠璃色な−Moonlight Cradle−』と『アマガミ』ぐらい。当然(?)プレイしていません。当方のゲームライフでは初と思われるほどギャルゲー氷河期に投入している訳ですが、8月28日に『@HoneyComing RoyalSweet』と『真剣で私に恋しなさい!』 の2本が出る予定になっていますので(両方予約済み)、この辺りから反撃の狼煙があがるのではないかと。360で話題の『ドリームクラブ』も同じ頃に出ますしね。一応、当方はこの『ドリームクラブ』は様子見なのですが(”ピュア”という言葉がなんだか胡散臭くて・・・)、ただ、このぐらい話題性のあるオリジナルギャルゲーが360クラスで出るのは、ギャルゲー界にとって良い事だとは思います。最近少し”ギャルゲー”というジャンルが下火になっている印象がありましたし、何かこう起爆剤的存在が欲しい時期でもあります。それが『ドリームクラブ』なのかは分かりませんが、少なくとも販売時期は申し分ありませんね。あとは内容如何。しっかし、胡散臭いんだよなぁ〜。

【 2009/06/18 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)