第164回
スーパースターの死

マイケル・ジャクソン氏が亡くなってしまいました。ただ只管に合掌。最近なぜだか某動画サイトでマイケル氏のPVを見まくっていたのですが、これはもしかして”虫の知らせ”というヤツだったのでしょうか? 今でもちっとも見劣りしないPVの凄さ、完成度の高さに興奮しまくりでした(特に『smooth criminal』は神がかっています)。TVやビデオデッキが一家に一台はある時代に登場した、最初のスーパースターでしたね。なんでも近々イギリスで公演が予定されていたとの事で、映像として残る最後のライブになるかもしれないなぁと思っていたのですが・・・とにかく残念であります。心よりご冥福をお祈りいたします。ライブDVDでも買うかな。

気を取り直して。『ファイアボール』のドロッセルお嬢様のfigmaが届きました。以前から言及している通り、オタク媒体でもフィギュア系にはあまり興味が湧かない質なのですが、このフィギュアだけはどうにも欲しくて欲しくて堪らなくなってしまったのです。元のアニメが面白かったからというのが最大の理由ではありますが、「ロボットもの」という事で通常のアニメキャラのフィギュアよりも購入するに抵抗が少なかったから、かもしれません。最近のアニメキャラ(特に女性キャラ)のフィギュアは造詣が凄すぎて、かえって買いづらい(置きづらい)から・・・。

パッケージから出して普通に立たせてみました。写真の撮り方がヘタクソなものでボヤっとした画像ですが、本当に良く出来ています。可動部分も多く、ほとんどアニメと同じポーズが取れるのではないでしょうか。

ということで、ドロッセルお嬢様ファンなら必ずやるであろう飛行ユニットバンザイポーズを取って頂きました。イカす〜。そのうちカポエイラポーズもやってもらおう。

しっかし出来が良くてファンとしても大満足の買い物でした。これは是非にも同寸大のゲデヒトニスも出してもらって、並べて飾っておきたいものです。アニメの方も8月に全話入りDVDが出ますし(すでに完売らしいのですが、受注生産の追加注文受付が今月から始まるそうです)、この勢いで2期製作が決まったら誠に万々歳なのですがね。

さてゲームの話。先週『ロロナのアトリエ』が届きまして、早速プレイしてみました。簡単な感想ですが、やはりガストの看板ソフトだけあって完成度の高さは折り紙つき。ほとんど詰まることなく2年目の夏まで進めましたが、やり応えがありますし育成部分も楽しいです。ビジュアル面は目を見張るほどの美しさはありませんが、率なく纏まっていますし、音楽もOPが『ロロナ』の世界観にピッタリの曲で実に印象的でしたね・・・などと当たり障りのない感想をさらさら述べてみましたが、本作の最大のキモは間違いなく、くーちゃんです。くーちゃんの可愛さが『ロロナ』の全てと言っても過言ではありません。くーちゃんを中心に世界がまわっているのです。タダほど高いものはありません。メインヒロインはくーちゃんです。くーちゃんを崇めよ! くーちゃん万歳!

だが、アストリッド。てめーはダメだ。

【 2009/07/01 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)