第167回
忙しい夏なんです

毎年この時期、仕事は暇な方なのですが、なぜだか今年は妙に忙しいです。先週は残業しまくりで涙目状態でした。しかも夏休みもこの忙しさの為に後送りにされてしまい、おそらく8月の終わりか9月頭までズレ込みそうな気配。早くまとまった休みが欲しいなぁ・・・。そういう訳でして本サイトの更新も少しサボり気味なのですが、今月は日記を書くネタも時間も無いので、前回の更新から今回の更新までの間に購入した物品をさらっと紹介して終りにいたしとうございます。来月は頑張る・・・予定です。因みに上の画像も最近購入したコードレスヘッドフォンです。「コードが無い」というのは本当に楽。音楽を聴きながらチョロチョロ部屋の中を動き回っても、コードに引っ張られて外れる心配が皆無なのが素晴らしいです。ただ、やはり少し「シャー」っという雑音が聞こえたり、トランスミッターから離れ過ぎると音が途切れる事があるので、クリアな音を楽しむという観点でいうと若干もの足りないのでした。1万ぐらいじゃこんなもん?

まずはCD関連。今頃になってサザンオールスターズのファースト、セカンドアルバムを購入しました。『KAMAKURA』までのアルバムは全て揃える気ではいるのですが、何故かなかなか購入の踏ん切りが付かなくて。中古で出回らないからでしょうかね。しかし桑田氏の若い頃ってかっちょいいなぁ。今は陽気なおじさんってイメージが強いので、そのギャップにビックリです。この2枚のアルバムで一番好きな曲は「ラチエン通りのシスター 」。渋い。

くるりの「愉快なピーナッツ」のPVは確かに驚いた。ストレートに表現されるとかえって色々と深読みするよなぁ。

続いてDVD関連。なんだか買いまくりです。これら全てブルーレイでも出そうな気がするのですが、つい・・・。『日本のいちばん長い日』、ようやく購入に踏み切りました。当方が見た中で2番目に好きな邦画です。本当は色々と語りたいのですが、時間が無いので1つだけ。黒沢年男氏がもの凄い演技をしています。最近の”のほほ〜ん”としたオジサン像が軽く吹っ飛ぶ狂気ぶり。昭和期を代表する名優がこれでもかというぐらいに出演している映画なのですが、その中でも頭2つぐらい飛びぬけています。この鬼気迫る演技を是非にも堪能して頂きたく『日本のいちばん長い日』を強くお奨めするものであります。8月15日、もうすぐです。

やすきよ漫才、始めてみましたが面白いなぁ。漫才って”ボケ”と”ツッコミ”がハッキリしているものだと思ったのですが、この2人の漫才はその辺りが自由自在と言いますかリバーシブルな関係になっているので、壇上でのやり取りが激しいわりに、普通の日常会話の延長線上にある感じで親しみやすいのです。ネタをやっている感も全くありませんしね。おかげで今見てもすんなり楽しむ事ができました。ただ、きよし師匠がやすし師匠の事を思いっきり叩くのにはビックリしました。イメージでは逆だと思っていたので・・・。仲の良さの現われ?

さて本と雑誌関連。ゴチャゴチャあるように見えますが、冊数は大した事ありません。藤子・F・不二雄大全集なるものが発売されると聞いて真っ先に購入したのが『パーマン』です。F先生の本では一番好き。でも本当は漫画よりもアニメの方が好きなのですが。だってパーマンとパー子でほのラブ話があるからよ! アニメDVD欲しいなぁ。Amazonで検索かけても引っかからなかったので、まだDVDは出ていないのでしょうか。発売希望です。因みに当方にとって増山江威子氏と言えば峰不二子よりもパー子なのです。パー子万歳。

ポツーン・・・・・・。なんだか寂しいですが、前回の更新から購入したゲームは『GOW2』の1本のみ。しかも封を切っただけでプレイしていません。ダメじゃん。ゲームをメインに扱っているサイトとしてあるまじき行為ですが、それほど購買意欲に結びつく新作が8月上旬に無かったので、以上のような結果に。月末はギャルゲー関連で期待の新作が数本でますから、流石にこのような寂しい事にはならないハズです。特に『真剣で私に恋しなさい!』 は気合いを入れてプレイする予定ですので(久々にレビューも書きます)、少しは当サイトもゲームネタで賑わっていると思います。乞うご期待。

ゲームプレイの方も仕事が忙しくてあまり芳しくありません。『GOW2』は出来ればまとまった時間が取れた時に一気にやりたいので、夏休みまでは保留となりそう。だいたい仕事から帰ってきたら相変わらず『キルゾーン2』のオンライン対戦プレイをしていますし。本当に飽きませんね。自分でもビックリです。上記画像はプレイステーションSTOREにある『キルゾーン2』の追加マップです。もちろん全て購入済み。このような追加サービスがプレイ意欲の減退を阻止している一要因である事は間違いありません。同時に当方の薄い財布から小銭が巻き上げられているとしても、ファンの心理からすれば別に痛くも感じません。むしろ今後も継続して追加サービスを充実していって貰った方が、個人として楽しめるのはもちろん、更なる『キルゾーン2』ファン発掘にも寄与すると思うのです。ゲリラ側としては続編『3』も大事かもしれませんが、せっかく掴んだ日本のファンを離さない為にも、追加マップ等のサービスは今後も是非続けていって欲しいですね。

【 2009/08/11 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)