第169回
決別の赤札

欲しい新作ゲームがあるとツイ買ってしまうのですが、いざプレイしようと思っても時間が無くてしばらく放置してしまい「あーまた積みゲーが増えた〜」と嘆く。ゲーマーならよくある事象です。時間が無い理由は、仕事や学業が忙しくてゲームプレイにまで手が回らない場合がほとんどだと思いますが、中には、以前買ったゲームが面白すぎて他のゲームをプレイする暇が見つからないという場合もあります。現在当方が陥っているのは後者の方で、こちらで何度も言及している通り、『キルゾーン2』のウォーゾーンモードばっかり遊んでいる為に、期待の新作になかなか手が出せないのです。『マジコイ』だって『ガンダム戦記』だってはたまた、今週末に出る『信長の野望・天道』だってプレイしたい! しかし『キルゾーン2』は止められない。社会人には嬉しすぎる9月の5連休もすぐそこまで来ています。この5連休で積みゲーを幾らか消化したい! しかし『キルゾーン2』は止められない。さて、どーしたもんか・・・。

そこで考えたのが、何か大きな実績(トロフィー)を取って達成感を覚えれば、満足して止められるのではないか?と。もちろん、生半可なトロフィーでは踏ん切りがつくほどの達成感は得られないでしょう。『キルゾーン2』全トロフィーを調べてみて一番ゲットするのが大変そうなのは、ゴールドトロフィーの1つである戦果大十字章。なんといってもオンラインの週間ランキングで、上位1%以内に入るつまり赤札をゲットするのは、当方の力量からいってあまりに至難の業だからです。それだけに達成できればその満足感も相当なモノになるハズですし、『キルゾーン2』を止められる切っ掛けにも十分なりそう・・・。「よっしゃ!」という事で、実際に赤札を手に入れるべく、そして『キルゾーン2』に決別するべく先週頭から実行に移しました。

まず赤札ゲットに必要なポイントを調べてみた所、大体8000ポイントぐらい稼げるとほぼ確実に世界の1%に入れるようでした。以前こちらの日記で灰色札を取った事をネタにしましたが、確かその時で2000ポイントを少し超えたぐらいだったと記憶しているので、端的に言えば「4倍頑張れ」という事になります。普通にプレイしていてはまず無理です。平日は当方も仕事をしていますし、夜だけプレイともなると得られるポイントも限られてきますから、とにかく月〜金曜の夜プレイで合計3000ポイントは稼いておき、後は週末で一気に5000ポイントをゲットして、なんとか赤札に必要な8000ポイントを手に入れようと計画を立てました。まぁ、計画なんて古今到来まもられた試しがないものでありまして、実際、月〜金で得られたポイントは2000ちょっとでした。これでも相当に頑張ったのですが、”ポイント”というのはもちろん、敵を倒したりミッションを完遂するに貢献した時に得られるものですから、テクニックに乏しい当方では得られるポイントに限度があるのも至極当然な話です。正直「やはり赤札は無理かなぁ」とも思ったのですが、とにかく週末に全てをかけました。土日は朝の9時からプレイを開始し、食事と就寝をした以外はすべて『キルゾーン2』に費やしました。上記に書きました通り、普通にプレイしてはポイントを稼ぎづらいので、1試合が短時間で終わる殲滅戦オンリー部屋でひたすら対戦を繰り返す戦法に切り替えました。1試合で得られるポイントの少なさを数でカバーする訳です。プレイするマップも、当方は常に衛生兵なもので(動きがトロく、所持するARも中距離以上は扱いも難しくなるので)広いマップではそれほど活躍できませんから、ほどほどの狭さと仕切の数が多い事で相手との距離が詰めやすい”ラデックのアカデミー”と”サルシスの物資集積所”の2つに絞りました。それと、数をこなしていくとその部屋で巧いプレイヤーが誰か分かってくるので、その方の居る部隊から誘いがあれば積極的に参加しました。チームが勝利すると得られるポイントも1.5倍になりますから、できれば巧い方に付いていった方が旨みがあります。ハイエナみたいであまり褒められたプレイではありませんが、赤札の為です。とにかくひたすらひたすら殲滅戦を繰り返しました。日曜の午後辺りになるとあんなに楽しかった『キルゾーン2』プレイが流石に色褪せてきました。ポイント稼ぎの為だけにプレイしていれば飽きがくるのも自明の理。ただ、この時点で6000ポイント近く稼いでいたので、もう後には引けません。残り2000ポイントの為に延々と稼ぎプレイを続けました・・・。

ぷぎゃー!!! 赤札取ったどー!!! いやもう嬉しかったですねぇ〜。実は日曜の夜の7時ぐらいで疲れきってプレイを止めてしまったのです。その時でポイントは7771だったので確実視されていた8000には届かず、無事に赤札が取れるか戦々恐々でした。次の日、ネットで赤札がゲットできたと知るや仕事場でガッツポーズの筆者でした。本当に嬉しかったぁ。

とにかく満足しました。これで『キルゾーン2』と決別できます。ただ、満足感で『キルゾーン2』を止めるというよりも、あまりにプレイしすぎて「当分見たくない」というのが正直な気持ちですが。今回の無茶プレイのおかげもあってか、ウォーゾーン総プレイ時間が200時間を超えました。随分やりこみましたね。これぐらい遊ばないと決別できないというのは、ある意味、良ゲーの証なのかもしれません。しばらくは他の積みゲー消化に邁進できそうですが、無理に吹っ切った分、1月後ぐらいにまたやりたくなる可能性も否定できません。通常、オンラインゲーは課金が切れるとそれが止め時になるのが常ですが、『キルゾーン2』の場合はソフトがある限り、そしてサーバーがある限り延々とタダでプレイできますから、プレイ復活も容易く出来てしまうのです。いつまで再プレイしたい誘惑に耐えられるか? 来月あたりネタにしたら負け。

【 2009/09/16 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)