第175回
久々のWiz

以前、ネットで予約していた「ねんどろいど」ドロッセルお嬢様が届きました。元々、頭が大きいのが売りのシリーズですが、飛行ユニットを付けると更に大きくなって、立たせるだけでも一苦労。お得意のバンザイポーズも、腕が頭に引っかかって途中までしか上がりません。でも、そこが堪らなく可愛いです。ガッチリ体を固定すると、重さがあるので震度3ぐらいの地震がきてもピクリとも動きません。流石はお嬢様でございます。

さて、ゲームの話。ここ最近ずっとハマってプレイしていた『大航海時代オンライン』の拡張パックが発売されました。10月に予約していましたから、発売日に無事、手に入れられたのですが、問題なのはその本数です。上の写真の通り、2本ありますね。実は10月にプレイしていた時は冒険レベル上げの真っ最中で、なかなかソロプレイですと効率よくスキルアップが出来なかったもので、「いっそ、2垢でもすっか!」とオンゲー廃人まっしぐらな事を思い立ちました。2つのPCで2キャラを同時操作する2垢プレイですが、ソロプレイヤーの多い『DOL』では結構な数で存在します。特にレベル上げが大変な冒険のスキル上げに2垢は良く利用されます。当方も早く冒険レベルを上げてクリッパー(拡張パック発売前は2番目に速い船)に乗りたかったので、大枚を叩いてでも短期間でレベル上げができるならと拡張パックを2本予約した訳です。ところが予想に反して、発売日(12月15日)の2日前に冒険レベルがクリッパーに乗れる52になってしまい、2垢にする必要が無くなってしまったのです。流石に2日前に予約キャンセルするのも躊躇われたので、そのまま購入しましたが、今からすると「早まった買い物をしてしまったなぁ」と後悔しました。クリッパーに乗れた事で確かな目標が無くなってしまい、プレイ意欲が激減したのも予想外でした。今やプレイしようという気力が湧きません。もともと飽きやすい部分のあるオンゲーですし(実際、当方も昨年の年末から半年ぐらい課金しませんでしたから)、大体3ヶ月ぐらいプレイすれば、ある程度満足してしまうソフトなのかもしれません。拡張パックを買った手前、しばらくは細々と続けますが、この年末以降は家庭用ハードの新作で面白そうなゲームが山ほど出ますし、嬉々として課金する事は当分ないかも。きっと、また半年後ぐらいに集中プレイしたくなるんじゃね?

『DOL』のプレイ意欲が減退したので、それなら『ときメモ4』をプレイしまくるかと思ったのですが、フト、PSNで『Wizardry』が追加されたというニュースをネットで見たのを思い出して、「モノは試し」と落としてプレイしてみたのです。まぁ、体質的にハマりやすいのでしょうね。30時間がアッと言う間に吹っ飛びました。現在、パーティーの平均レベルは40を超えています(上限は50)。イベントを全く進めずに深層に潜ってはアイテム漁りの毎日です。本作の『囚われし魂の迷宮』ですが、過去の『Wiz』の根本はキッチリ抑えつつ、遊び易さを上手にアレンジした良作です(特に、寺院での”お布施”でレベルが上げられるシステムは、今時のプレイヤーには受けが良いかもしれません)。何より、2,000円でこれだけ遊べれば文句も出ませんよ。RPGファンなら是非。『BUSIN』の新作とか出ないかなぁ。

『Wiz』の煽りを食らって少々停滞気味の『ときメモ4』ですが、ファーストプレイは大失敗に終わりました。ヒロインを出しまくって爆弾処理が追い付かなくなったのが敗因ではあるのですが、特技システムを上手く活用できなかったのも問題でした(途中まで体力系統以外の存在に気づかなくて・・・)。ただ、最後には、とあるヒロインに告白だけはしてもらいました。ネタバレになるので名前は伏せますが、隠しヒロインの1人です。正直、いろいろと言いたい事があるのですが、詳しい感想はそのうちレビューします。上の画像は男友達の小林くん。本作の『4』は男キャラの設定がなかなか良好です。この小林くんは真面目そうに見えて女好き、もう1人、相方の七河くんはチャラ夫かと思いきやド真面目という、相反した性格設定が面白いです。先生も楽しいおっさんですし、伊集院家の門番も相変わらず。前作の『3』は主人公まわりの人物配置に相当難があったので、その点、『4』は好感が持てますね。現在、また最初から初めて2年目に到達。ここまでヒロインも星川さん以外誰も出していません。今度こそエリサは俺のもの。でも、「〜けろ」って仙台の人、言うかなぁ???

価格は200円〜♪、かと思ったら600円でした。

【 2009/12/21 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)