第177回
にくいあんちくしょう

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。因みに、「あけおめことよろ」って短縮するヤツはぶっ飛ばす。1年の始まりをたった8文字で済まそうとは何事か! ちゃんと「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。」と○を含めて32字で言うべきである! ・・・だが、それを正月から13日も経ってから言うのも只の馬鹿野郎なのでありますが。本当に遅れまして申し訳ありません。悪いのは『MAG』です。にくいあんちくしょうのせいです。いやもー、めちゃくちゃ面白かった。あまりに面白かったので、1月に買う予定だった『バットマン アーカム・アサイラム』と『エンド オブ エタニティ』はしばらく見送ることにしました。1月は『MAG』1本に絞ります。もちろん画像にありますように既にネットで予約済み。という事で、本年一発目の更新はこの『MAG』について語ります。

『MAG』のオープンβは1月5日から11日の午後5時まであったのですが、その間、暇さえあれば欠かさずプレイしていました。その結果が上の画像です。結局、レベルは29で時間切れ。ヘタクソFPSプレイヤー(しかも衛生兵が大好き)の当方からして、ここまでレベルが上がるとは驚きでした。流石に256人もプレイヤーが一堂に会しては、なかなか経験値も貰えないだろうと思っていたので、これは嬉しい誤算(?)でしたね。本作『MAG』の素晴らしい所は、裏方稼業に邁進しても経験値が稼げる所にあります。なにせ、普通に相手を倒すと経験値が5貰える所、味方を蘇生するとその倍の10も貰えてしまうのですから。本作はリスポンポイントが固定になっている為、最前線に出向くまでかなり時間がかかる仕様になっていますから、前線での兵力維持の観点からして衛生兵の存在価値がとても高いのです。また、以前までプレイしていた『キルゾーン2』では、前線での復活を快く思わない方もいて、衛生兵の肩身が狭い部分もありましたが、本作は瀕死の方がその場復活の有無を選べるので、回復させる側も安心して対処できるのも大きいですね。周りの兵士から重宝がられ、且つ、経験値も倍! 衛生兵プレイが大好きな方には、まさにここがパラダイスなのであります。もう1つ、画像のレベルの横に「支援兵」となっていますが、この支援兵は衛生兵の役割の他に工兵の仕事も担っています。この工兵は、壊れたバンカーや迫撃砲などの攻撃拠点を修理したり、A〜H拠点の周りに展開する門を直したりと、制圧作戦で防衛側に回った時に大活躍する裏方さんです。これも非常に面白かった。壊れた門やらを工具をピカピカ光らせて修理するのですが、修理中は無防備ですから敵にバンバン狙い撃ちされます。それでも「もうちょい、もうちょい」と思いながら、他の支援兵連中と完全修理を成し遂げた時の高揚感といったら! この喜びを共有できるのも、大人数オンラインならではの特性ですね。ヘタすると衛生兵プレイよりも充実感が得られるかもしれません。経験値もそれなりに稼げるので、前線兵士よりポイントが上回っている事もしばしばです。あまりエイムが得意ではない当方のようなプレイヤーにも、役職によっては遣り甲斐がある分、「FPSって楽しいなぁ」と思わせる事に成功しているゲームだと思いますね。

逆にプレイしていて気になった点は2つ。1つは少々飽きやすいこと。本作は3つの陣営から1つに所属してプレイする事になるのですが、いったん所属してしまうと、MAPの配置も固定されてしまいます。例えば、当方はセイバーに所属していたのですが、妨害作戦で防衛側に回ると、いつも決まったシルダリヤアップリンクMAPで、リスポン場所も2ヵ所と少ない為、同じ風景ばかり見せられて飽きを感じてしまうのです。せめてMAPは固定にするにしても、攻防逆(奪還作戦)にして利用するのも手かと思うのですが・・・。CGも特に美麗という訳でもないので、長期間プレイヤーを引きとめるには魅力薄な点でもあります。流石に製品版はMAPが少しは増えているでしょうから、βほど飽きやすくはなっていないと信じたい所ですが、果たして? もう1つ、これは個人的に感じた事なので人によっては気にならないかもしれませんが、とにかくTK(チームキル)が多いのです。本作はデフォルトで”FFあり”に設定してあるので、味方に攻撃されるとバッチリ体力が減ります(最悪、死にます)。開幕TKなぞ可愛いもので、ポイントを稼ぎたいのか爆弾設置中の味方をわざわざ殺して自分で爆弾を設置する馬鹿もいたりします。製品版では悪質TKも幾らか減るとは思いますが、早々と飽きたプレイヤーがTKプレイに走る可能性も否定できません。FF無しが難しいのであれば、悪質TKに何かしらペナルティが課せられるよう対策を取って欲しいものです(ネームが赤色になるとか)。いくら面白いゲームといっても、当方の性格からして、悪質TKに何度も会ったらアッサリ辞めかねないからなぁ。

兎にも角にも、裏方稼業が厚遇される珍しいFPSゲームだと思います。役割分担がキッチリしているので、FPS初心者プレイヤーにも受けが良いかもしれませんね。興味がある方は是非是非。大人数でプレイするほど楽しい本作ですし、どこか良いクランがあったら入ろうかな?

『MAG』にハマるまではもちろん『ときめきメモリアル4』をプレイしていました。エリサに続き、今度は語堂さんをクリアしました。左がエンディング直前の評価。なぜか今回は皐月先輩が一切出てこなくて、夏の海でのイベントも語堂さんと星川さんが誘われたので、ラストまで登場ヒロインを2人のみに抑えられました。楽勝過ぎてつまらない? で、このつぐみんですが、ヒロインとしては少々微妙。とにかく必殺の”ツン”攻撃でヤル気を下げまくるので、ほっぺぽよぽよ状態になってもあまり嬉しくないのです。”心の開錠術”で1枠取られる分、主人公の育成が難しく、もう色々微妙すぎ。彼女自身はなかなか良キャラなのですが、”ツン”システムのせいで悪いイメージばかり先行した感じです。個人的には、この人はツンデレというより、ただ価値観がガッチリし過ぎなだけな気もしますね。なので、デレを期待してプレイすると肩透かしを食うかも。

このつぐみんプレイで卒業後の進路が”文系専門大学”とあったので試しに狙ってみたのですが、あと50ばかり足りませんでした。覚えていない有用特技を利用すれば問題無く文系500は達成できそうだったので、つぐみんクリアの後に2週ほど特技稼ぎプレイをしました。おかげで上位特技の”優等生”と”真理の解明術”以外はすべて開放できました。これで今後のヒロイン攻略が楽になりそう。因みに現在の周回プレイを箇条書きすると以下になります。

1週目 ハルノート
2週目 エリーは俺のもの!
3週目 エリーのイベントCG集め
4週目 つぐみんゲット
5週目 特技稼ぎプレイ
6週目 同上
7週目 響音さんプレイ中

7週目プレイは響音さんを選択。某アニメの綾波さんぐらい愛想が無いのかと思ったら、意外と受け答えがソフトで好感が持てました。ほっぺぽよぽよ状態になったらどうリアクションするのか楽しみ楽しみ。『MAG』の発売は1月28日ですから、それまでになるべく多くのヒロインを攻略したいものです。やっぱり都子さんは最後かなぁ・・・。

【 2010/01/13 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)