第178回
価値ある3800円

先週、『戦場のヴァルキュリア』のアートワークス本を買いました。3800円という値段に少々躊躇いつつも、当方が初代PS3を買うキッカケになったソフトですし、今後の『戦ヴァル』シリーズの更なる発展に寄与するつもりで購入。いざ手に取って、そのあまりのデカさと重さにビックリ。コレで殴ったらタンコブだけでは済みそうにない程の分厚さです。中身を拝見しますと、膨大なイラストとそれに付与された細かい説明文でビッシリ。その充実ぶりを見るに、「3800円でも安いかも?」と思わせるものがありました。まずもって、『戦ヴァル』ファン必携の書物であることに間違いありません。本庄雷太氏のファンも言わずもがな。以前から氏の同人誌における設定イラストの緻密さは目を見張るものがありましたが、このアートワークス本でも健在です。特にアリシアの設定画の量と質が凄い(中でも、花嫁姿のアリシアは本編でも見たかったなぁ)。面白い事に、アリシアもロージーもバーロットも女性キャラは大体、初期設定画の方が好みでした。没にするにはあまりに勿体ない可愛さです。『3』以降に別キャラとして是非つかって頂きたいもの。個人的希望はともかく、3800円の値段に十分見合う素晴らしい本でした。不満点なぞ、イーディ様の設定画が無かった事ぐらい(何故だ!?)。ファンなら是非一読をお奨めします。『2』も『ときメモ4』の後でプレイ予定。

『MAG』発売まで少し間があったので、積みゲーでも消化しようと『バイオハザード5』を初プレイしました。写真にあります通り、カプコン通販でリミテッドエディションを買うほどに期待していたのですが、発売後の評判の悪さにガックリきて放置していたのです。で、いざプレイしてみましたが、なるほど、微妙な出来でした。問題なのがクリスの相方であるシェバの存在。邪魔くさいったらありません。ほとんどの道がそれほど広く設定されていないので、シェバが傍にいるだけで閉塞感が常に付きまとってくる感じです。これでシェバが敵をスマートに倒すのであればまだ我慢できるのですが、敵が少数の時に無闇と弾を消費したり、肝心のボス戦でまったく攻撃しなかったりと、アホの子っぷりを存分に発揮してくれます。一応、”カバー”と”アサルト”でシェバの動きをコントロールできるらしいのですが、目立って「役に立つなぁ」と思った事なぞ一度もありませんでした。これならまだ、『4』にあった「ウェイト!」命令でジッとしていてくれたアシュリーの方が可愛げがあります。この程度のAIでは間違いなく邪魔なだけなので、シェバが扱えるのはオンライン(2人用)のみにして、オフラインではクリス1人にした方がなんぼかマシだった気がしました。他にも、持てるアイテムが少ない、ザコ敵が硬すぎ、売り買いのバランスが悪い、謎解きの奥が浅い、肝心のストーリーがツマラナイ、等々、マイナス点がてんこ盛り(一応、過去のシリーズとの比較での評価なので、本作が初の『バイオ』という方にはソコソコ面白いゲームになるかもしれません。ただ、初プレイで選ぶなら『4』の方が確実に楽しめるとは思います)。あえて良かった点をあげるとすれば、CGが美麗な事ぐらいでしょうか。アホの子シェバですが、CGデザインは一番見栄えがしました。キリっとした凛々しさが特に印象的。これで賢く立ち回ってくれたら言う事なかったのですが・・・。兎にも角にも、過去『1』〜『4』と『ベロニカ』をプレイした当方からすると、『5』はシリーズ初の駄作と評価するほかありません。やはり、あの方のいない『バイオ』に過去作以上のモノを期待しても無理な話なのかもしれませんね。一応、続編が出れば買いますが、発売日に即、手に入れる事はもうないでしょう。なんだか残念。

『MAG』発売までに出来るだけ多くのヒロインを攻略しようと頑張った『ときめきメモリアル4』ですが、結局、前回更新からクリアしたのは、響音さんと前田さんの2人のみでした。『バイオ5』なんてやるんじゃなかった・・・。簡単なキャラ感想ですが、響音さんは現時点で好感度NO.2です。エリー程ではないですが、かなりレベルの高い萌えヒロインでした。ホッペポヨポヨ状態になってからの言動が凄まじく萌えます。音楽一辺倒の超然キャラから恋する乙女に変化する様を巧みに表現して魅せてくれました。素晴らしいぞコナミ! で、もう1人の前田さんですが、こちらは正直イマイチでした。メインイベントで彼女の魅力を十二分に発揮できていなかった印象です。試合に勝った負けたばかりでなく、彼女の身の回りの事をもっと話題にしても良かったかも(バイク改造イベントから派生させるとか)。ギャルゲーでスポーツが絡むとストーリーも画一化しやすいからなぁ・・・。ところで、上の画像はその前田さんのエンディング直前の評価なのですが、総勢6人もヒロインを出したのには理由があります。それは特技の”清廉潔白”がどの程度の効果があるのか知りたかったのです。前田さんが2年目の夏にホッペポヨポヨ状態になったのを機にこの特技を付けてみた所、説明にある通り、他のヒロインにほとんど爆弾が付かなくなりました。大体、3年終了時までに1ヒロインに爆弾1個ぐらいの割合だったでしょうか。凄い特技です。”清廉潔白”があれば爆弾処理に迷走する必要が無くなるのですから、実に有益。今後のシリーズにも是非”清廉潔白”を!

【 2010/01/25 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)