第182回
たぶん完全復活?

更新復活です。毎週1回は更新する予定です(できるかな?)。まずは最近ハマっているものについてアレコレ。何故か昭和特撮の製作裏話が読みたくなって、色々と関連本を収集している所です。別に本を読んで特集されている特撮番組をDVD等で見ようとか、そういう意図は微塵も無く、ただ製作における苦労話や面白い話が読めればOKぐらいな感じ。特にTVが一般家庭に普及しだした頃、特撮番組が隆盛になる前の時代に、如何にしてリアルな特撮を生み出すかを試行錯誤された製作スタッフの秘話を、なんだか知りたくなったのです。で、色々と読んでみたのですが、中でも一番面白かったのが、佐原健二氏の『素晴らしき特撮人生』でした。佐原氏というと当方の印象では、再放送の回数が多かった為か、『ウルトラセブン』のタケナカ参謀役が一番ピンとくるのですが、この本を読んだ限りでは『ウルトラQ』に大変強い思い入れがあったようですね。『Q』は数話しか見た事がないので、万城目の印象も薄かったりするのですが、佐原氏の語る裏話はどれも面白く、急に『Q』が見たくなる程でした。もちろん楽しい話ばかりではなく苦労もされたようなのですが、おかげで「本作での製作スタッフの苦労がなければ、後の『ウルトラ』シリーズの成功もなかったのでは?」と思わせるものがありました。他にも、円谷英二特技監督や本多猪四郎監督、金城哲夫氏や満田かずほ氏などなど、当時の特撮を支え続けた製作スタッフの”人となり”を巧みに本の各所に織り込んでいたのも印象的でした(特に金城氏のプリンス事件が凄い!)。佐原氏はもちろん、当時の製作スタッフの志の高さ、面白い特撮を作ろうという凄まじい熱意がこれでもかと伝わってくる良本でした。別の目線で昭和特撮が見れる事うけ合いですよ。それと、この本は裏表紙にも味があります。特撮ファンなら是非、手に取って見て欲しいなぁ。

最近買ったCDですが、若干、特撮にも関連しています。1枚、チャールズ・ミンガスの『Pithecanthropus Erectus』は『怪奇大作戦』で牧史郎を演じた岸田森氏が一番愛したアルバムなのだそうです。試しに購入して聞いてみましたが、どうもハード・バップは当方には合わないようで・・・。岸田氏は普段は意外にも陽気な方だったらしいので、ジャズ関連もモダン系よりはファンキーな曲を愛聴したのかもしれませんね。その他、mingussはもちろん”ミンガス”繋がり。

さて、ここからは肝心のゲームの話。前回『MAG』について再度こちらで語ると明言していたのですが、なんでも6月中に大きいアップデートがあるようなので、そのパッチが当たってから色々感想等のせる事にしました。恐らく、今度のアップデート程度ではPMCの勢力図が変わる程の変化は無さそうなのですが、ナイフでのTK(チームキル)が不可能になるのは素直にありがたいですね。爆弾設置TKは本当にウザかったからなぁ。過疎化も相当ヒドイ事になっていて、夜の9時ぐらいにインしても”制圧”に誰もいない事が普通にありますので、このアップデートがプレイヤー増加の起爆剤になってくれる事を祈るばかりです。いやもうムリか。写真は3PMCカンストの証。

『MAG』の感想を次回にずらしたので、今回は最近のゲームプレイ状況をチラホラと。現在は以下のゲームをプレイしています。

第3次スーパーロボット大戦α:現在36話。
ANNO1404:現在キャンペーン6章。
信長の野望 天道:武田家で再度。
ときめきメモリアル4:のこり3人。
ファイナルファンタジー9:1枚目終盤。
怒首領蜂:PSNで見かけてつい。
アンチャーテッド2:たぶん終盤。
ゴッドオブウォートリロジー:2をプレイ中。
セイクリッド2:プラチナでレベル上げ中。
MAG:4週目はベイラー。

少々、手を付け過ぎました。どれもちょっとづつしか進んでいません。しばらくゲームをプレイしていなかった反動が一気に出てしまった感じです。感想もそれぞれクリアしましたら此方で述べる予定ですが、この中で今1番気合いを入れてプレイしているのが『ゴッドオブウォートリロジー』です。とにかく別格の面白さ。『1』は本当に名作だと思いますね。何故に発売当時にプレイしなかったのか、過去の自分を問い詰めたい気持ちで一杯です。洋ゲーだからといって敬遠してはいけませんね。正直、現在プレイしている『2』は『1』の焼き直しのようで新鮮味があまりないのが残念な所ですが、本命はもちろんPS3版『3』ですから、それをプレイ出来る日を楽しみに、まずは『2』のクリアを目指す所存です。しかし、この世界の神って利己的で自己中だよなぁ。クレイトスも大概だけどさ。

話は変わってゲームの新作情報に関して。今月にE3があるからなのか、ここ最近になって新作情報が大量に出てきてゲームファンとしても嬉しい限りです。当方は『キルゾーン3』と『インファマス2』の新作情報に注目しています。特に『キルゾーン3』は『2』を何百時間とプレイした身からすると、期待しすぎて暴れまわる(?)程の新作です。オンに関する情報には特に大注目ですね。希望としては64人対戦にも対応して頂きたいのですが、難しいかなぁ。もちろんオフの続きも気になりどころですが、公開された画像を見るにリコが『2』に続いて参戦するようですね。個人的にはISA最大の癌だと思っているので、彼には『3』で正直なんとかなって欲しい。死ねとは言わんが、どうにかなって欲しい。頑張れヘルガスト! セブも頑張れ?

最後にギャルゲーに関して。『ときメモ4』をまたプレイし始めて、全ヒロインクリアまであと残り3人になりました。中には期待の都子さんも残っているので、プレイにおけるモチベーションも十分。なんでも今度の漫画化で、メインヒロインに都子さんが選ばれたそうなので、その漫画が単行本になる前には必ずクリアしたい所です。その他のギャルゲーでは『処女はお姉さまに恋してる 〜二人のエルダー』に期待しています。前作が非常に完成度の高いゲームだったとはいえ、流石に同じ環境で続編を作るにしてもマンネリは避けられないだろうなぁと、当初はあまり注視していませんでした。ところが、先日公開された体験版をプレイしてみると、みょーに面白かったのです。前作同様、序盤における怒涛の連続イベントの勢いで、プレイヤーをスッと物語に引き込んでしまうのです。その強烈な牽引力は『2』でも健在でした。また、この体験版が非常に気になる展開で終わってしまうもので、「この先どーなるの!?」と思った瞬間にAmazonで本作をポチってしまいました(画像がその証拠)。あー、嵩夜あや氏はなんと恐ろしい。気になるのは、前作の貴子さんのようなごっついツンデレキャラがいない事でしょうか。淡雪がそうなのかな? 何にしても楽しみな新作です。購入後即、積みゲーにだけはしたくないぜぇ・・・。

おまけで『信長の野望 天道』の画像でも。おそらく過去のノブヤボを通して初めて統率100の姫武将ができました。政治も90で適正が騎馬Sとか凄すぎます。信玄が親父とはいえ、ホントに珍しい・・・。

【 2010/06/07 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)