第183回
MAGのお奨めプレイ方法 その2

最近、『殿といっしょ(殿いつ)』という漫画を読むようになって、自分の中で真田家がブームになっています。元々は去年から某所で公開されている『やる夫真田家』で興味が湧いたのですが、この『やる夫真田家』で主人公になっている真田信幸が非常に面白いキャラクターなのですね。で、実際に史実ではどのような方だったのか調べてみると、弟の信繁(幸村)のような派手さはないものの、”実直”を絵に描いたような精勤さでもって真田家存続に尽力した傑物でした。上田合戦における遅参で第二代将軍の秀忠にかなり嫌われていたらしいのですが(その辺り『殿いつ』でもネタになっています)、それでも自身の器量と人脈を駆使して取り潰しをなんとか回避し、93歳という長寿を全うするまで真田家を守り抜いた”忍耐”の人でもありました。個人的には最後の大立ち回りで名を成した信繁よりも、巧みな政治手腕で戦国の世を生き抜いた信幸の方に好感を持ちます。とはいえ、裏方に徹した感のある信幸を現代のクリエーター達は単に”地味”と捉えてしまうのか、信繁を主人公にした作品は数あれど、信幸に関しては皆無に等しい扱いになっていますね。『殿いつ』はその点、真田家ネタでは珍しく信幸をメインに据えているのでファンとしても嬉しい限り(妻の小松がメインって話もありますが)。この小松と信幸の馴れ初め話は色々と逸話があるようなのですが、『殿いつ』4巻における馴れ初め話が一番すきかも。まげや髭を引っ張る話より此方の方が断然、萌へるしな! 来月に『殿いつ』がアニメ化する際には、是非是非この馴れ初め話を入れて欲しいものです。ついで、先週末に『真田太平記』を古本屋で7巻までゲット。しばらく真田一色になりそうな。

さてゲームの話。前回更新でも述べた通り、最近の『MAG』におけるPMCごとの傾向とお奨め武器について語ってみたいと思います。興味のない方は読み飛ばしてください。以前、第179回の日記でもお奨めプレイ方法を語っていますが、その後のパッチ等でかなりバランスが変わっていますので、これからプレイする予定のある方はこちらも参考にしてみてください。因みにプレイ時間は画像にあるのがサブ垢のものでして、メイン垢でのプレイ時間をプラスすると330時間を超えました。『キルゾーン2』よりもプレイしている事になります。なんやかや言ってもハマっていますな。

●セイバー

某所におけるネガティブキャンペーンの為か、日本人プレイヤーが多い21時〜深夜における勝率が激減しているセイバー。マップの有意性そのままの状況で、ここまで負け先行になってしまう理由は、有名クランのベイラー・レイブンへの移籍にありそうです。判官贔屓の気質甚だしい日本人ならではの傾向ですね。とはいえ、世界的にみるとやはり一番人気はセイバーのようで、外国人プレイヤーの多い時間帯をセイバーでプレイすると、ほぼ負けなしですが。血の気の多いセイバー故にTKも頻出していたのですが、パッチが入って設置TKが難しくなりましたし、ソロ専でも幾らか居心地が良くなりました。初心者ソロプレイヤーで日本時間の午前中にプレイできる余裕のある方ならば、セイバーをお奨めします。

お奨めの武器ですが、直近のパッチでARとSMGが使いやすくなりました。特にSMGは発売直後の使用感に近くなった印象です。流石に初期の頃の様な弾道がビームのように飛んでいく感じはありませんが、近・中距離での打ち合いでもHSを常に意識すればそうそう負けません。SGも次いでに開放して装備に色々なパターンが組めるのも『至近距離技能』の強みですよね。個人的にはセイバーならば『至近距離技能』1本でOKと思っています。

●ベイラー

サブ垢4週目でプレイしているベイラーですが、ここ最近の日本人タイムでの勝率はだいたい6:4と言ったところです。負け相手のほとんどがレイブンで、セイバーは以前に比べると押しが弱くなった印象です。やはりクラン数の差が出ているのでしょうか。ただ、土日に外国人タイムでプレイすると相変わらずの弱さを露呈するベイラー。とにかく勝利に対する意欲が3PMCの中で一番低い印象で、負けると分かった時点で戦闘の途中で抜けてしまう人の多さでは断トツです。抜けないにしても、燃焼塔やバンカーに突っ込むでもなく、遠くから芋ってプシュプシュ撃っているだけという消極的プレイヤーばっかり。おかげでジッとしているのが大っきらいな当方が1人でどんどん突っ込んでは敵の的になって、常にデス>キルになること夥しいです(ベイラーにくるとデスキル率がビックリするぐらい下がります)。以前の日記で「ベイラーは初心者にお奨め」と書きましたが撤回します。初心者は極力ベイラーには行かないように。行くとしても、まずは他のPMCでカンストして「勲章集めでもやるかなぁ」ぐらいの緩い気持ちで参戦すれば、それほどストレスも感じないでしょう。今は日本の有名クランが幾つか在籍しているので、日本人タイムをメインにプレイするのも良いかもしれません。

お奨め武器ですが、LMG1本で良いと思います。ARは使った事がないので不明ですが、SMGは弾数が少ないので、乱戦で結構つまづきます。ベイラーのLMGは3PMCを回った中で1番使いやすく、直近のパッチで幾らか扱いにくくはなったものの、相変わらず乱戦で1人無双できるぐらいの使い勝手はあります。突撃属性のある方にこそLMGがお奨めです。

●レイブン

新しいパッチが当たってから急激に強くなったレイブン。理由は有名日本人クランの参戦にあるようで、いかなマップの酷いレイブンであっても、人の質と量で克服するという、まさに判官贔屓日本人気質を存分に満たしてくれるPMCと言えましょう。ただし、これは日本人タイムに限った事と言っても過言ではなく、外国人タイムでのレイブンの弱さは相も変わらず。やはりマップの造りが最悪です。当方もレイブンに所属するまでは「屋根くれ、屋根くれ、うるせぇんだよ!」と嘲っていたものですが、いざ所属すると「同情するなら屋根をくれ」の意味がよーく分かりました。おそらく、リスポン地点からアルファベット拠点まで移動する間に3連続で空爆で死ねるのはレイブンだけです。相手に銃やナイフで倒されるならまだしも、空爆で死にまくる事ほど腹ただしいものはありません。おかげで対空砲の防衛がレイブンにとって死活問題になるのですが、この対空砲が攻めやすくも守りにくい所に配置されている為、一度落ちれば空爆うたれ放題まちがいなし。せめて対空砲だけでも、もそっとリスポン地点に近づけてくれないものか・・・。とにかく、常に制圧マップの不利が足を引っ張って勝利も覚束ない訳ですが、それでもレイブンに所属している人の勝利への拘りは3PMCの中で一番強い印象がします。途中抜けがベイラーよりも格段に少なく、部隊にデス>キルのプレイヤーばかりでも芋る人が少数なのが理由の1つ。もう1つは部隊参加やクラン参入への”お誘い”がビックリするぐらい多い事にあります。大して巧くもない当方の様なプレイヤーにも、レイブンでプレイしていた時は、ほぼ毎日お誘いがありました。あまりに多くてソロ専メインと断るのも面倒くさくなって、結局1人クランを作ってごまかしてしまいましたが、とどのつまり、それだけレイブンのプレイヤーは「勝ちたい」のですよね。1人でも多く気心の知れた仲間を作って、レイブンを勝利に導こうと・・・その熱意を感じられただけでも、レイブンに所属した甲斐がありました。当方が一番、気合いを入れてプレイしたPMCだった事は間違いありません。「FPSは遊びじゃないんだ!」と真剣にプレイするタイプの人にこそ、レイブンをお奨めいたします。

お奨めの武器ですが、在籍していた当時はLMGメインで十分と思っていたのですが、パッチで精度が少し落ちた分、サイトの見難さもあって、少々扱いづらくなっているかもしれません。噂によるとこのパッチでSMGがかなり使いやすくなったそうなので(実際、レイブンと対戦してSMGで倒される事が多くなった印象)、近接メインならばSMGでも良いのかもしれません。SGも使えますしね。

以上、最近の『MAG』におけるPMCごとの傾向とお奨め武器について語ってみました。ほぼ語りつくされている事ばかりなので、プレイしている方には面白味もなかったかもしれません。とはいえ、『MAG』の最近のプレイヤー数の減少には危機感を覚えずには入れらませんし、出尽くした情報でもネタにしてUPすれば、多少興味を覚えてプレイしてくれる方が出てくるやもしれず・・・。『MAG』の面白さは個人のエイムの巧さとはよほど遠い所にあって、集団での陣取り合戦に重きを置いている分、「如何に味方を生かす(活かす)か」に特化しているゲームと言えます。FPSに興味が無い方にこそ是非プレイして欲しいですね。

最後に当サイトの表示について。実はサイト内の数ページをCSSとXHTMLで記述してみました(TOPもそうです)。色々と軽くなって管理もし易いとの事で移行作業をしてみたのですが、当サイトの内容からしてあまり意味が無かったような。とりあえずIE8とFirefox3.5で表示確認をしましたが、それ以外のブラウザや以前のバージョンですと表示がズレている可能性があります。その場合は恐れ入りますが、以上2つのブラウザで見て頂くか、ブラウザのバージョンを上げて頂ければと思います。よろしくお願いいたします。

【 2010/06/18 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)