第185回
おとぼく2の感想

以前の日記で特撮の関連本を読み漁っている話をしましたが、その中でちょろっと目を引いたのが、ジャイアントロボのデザインでした。今からするとシンプルなフォルムですが、それでもいやに「かっちょいい」のです。ロボの造詣も横山光輝氏の原案に非常に近く、当時の着ぐるみ製作の技術力や再現率の高さにも驚きです。そんなジャイアントロボのフィギュアが『特撮リボルテック』シリーズの1つとして発売されると知るや、速攻でネットでポチリ。で、購入したモノが上の写真です。試しに最初のカキン!のポーズを取ってみました。実に味がありますね。その後のカキン!→マ”ッ!までの一連の動作もさせてみては、一人でキャーキャー言っとりました。手触りはソフトなのに、見た目でここまで重厚感があるって、リボルテックってすげーなぁ。ジャイアントロボファンは是非、購入に走るべし! と、言いつつ、当方は1967年に放送された『ジャイアントロボ』は1話も見たことがありません。某動画サイトで予告とOPを見た限り。そのうちDVDをレンタルで借りようとは思っています。一応、1992年にOVA化された『ジャイアントロボ THE ANIMATION −地球が静止する日』は全話見た事があるのですが、あのズングリムックリーなジャイアントロボには何の好感も持てませんでしたね。やはりスリムな特撮版が1番かな。OVAで良かったのは、衝撃のアルベルトの格好良さがガチだった事ぐらい?

さてゲームの話。何と2回連続でギャルゲー批評を更新しました。今回は『処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー 』です。少々、前作と比して辛口批評になっています。ファンの方は見ない方が良いかも・・・。当方はもちろん自分の感性の赴くままにレビューを書いていますが、他のレビュアーの方の感想と正反対の意見になっている事が多々あります。『FORTUNE ARTERIAL』もその1つ。個人としては「イマイチだなぁ」と思ってマイナス批評中心のレヴューを書いたのですが、後で他のサイト様の批評を見ると、絶賛意見ばかりでビックリ。「俺って見る目ねーなー」と思って、ガッカリしてしばらく批評を控えた覚えがあります。まぁギャルゲー自体、あまりプレイしなくなったせいでもあるのですが・・・。そんな『FA』のCS化がついに発表になりました。なんとPS3に移植ですよ! オーガスト(?)もチャレンジャーですねぇ。それだけ自信のある証拠なのかもしれません。マイナス評価をした当方を凹ますぐらい、神ゲー移植になっているよう、心から願うものであります! 予約するする。

【 2010/07/08 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)