第223回
2014年はSteam元年?

信長創造PK

2014年最後の更新です。現在プレイしているゲームの事をチョロっと語って2014年の締めにしようかと思っていたのですが、個人的に衝撃的な年末になったので、それについて語ってみたいと思います。そもそもの始まりとして、『信長の野望 創造PK』をインストールをするのに「Steamを導入する」という事から端を発します。当方は既に『Skyrim』や『civilizationV』をプレイする為にSteam自体は導入済みだったのですが、それでも、今回の『信長の野望 創造PK』のSteamを絡めたインストール作業は、分かりづらくて大変に面倒でした。Steam未導入の方なら尚更でしょう。「本体を購入してインストールしただけでは遊べない」という事実は、発売前から予めユーザーに伝えておくべきでした。確かに、PCゲーでの割れ対策としては効果的ですし、アップデートも自動認識で行ってくれるので、発売元にとってもユーザーにとっても有益なツールである事は間違いないのですが、何より、Steamが日本語にガッチリ対応しているとは言い難く(サポートに対する問い合わせも、もっぱら英語で行うそう)、過去にクレカの個人情報流出問題がありましたから、セキュリティの面でも、いま一つ安心して利用できない印象があって、やはりSteamには懐疑的でした。

Steam支払方法

ところが、『創造PK』絡みでSteamを立ち上げる回数が増えたもので、チラチラとコンテンツを見ていたら、ソフト購入における代金の支払い方法の中にWebMoneyがあってビックリ。以前はクレカでしか支払いが出来なかったと思うのですが、上で挙げたような個人情報流出事件が変更のキッカケにでもなったのでしょうか? 兎にも角にも、支払方法に関して、ユーザーに様々な選択肢を持たせたのは、英断と言わざるおえません。しかも、WebMoneyはコンビニで手軽に購入できますし、既に『大航海時代オンライン』や『ニコニコ動画』の支払いにも使用していて、個人的に安心して利用できるのも強みです(個人情報を付与する必要もありませんし)。それならばと、試しに残っていた2500円分のWebMoneyをSteamに反映させてみました。

円表記になった

上の画像が反映させた後のものです。¥19になっていますね。つい、使っちゃったぜ。まぁ、詳細は以下で述べるとして、とりあえず、無事にWebMoney2500円分をSteamウォレットに反映できました。反映させて気づいたのですが、お金の単位がドル表記から円表記に変更になっていました。こちらも良い変更ですね。コレのおかげで買い物がし易くなって、日本人のSteam利用に拍車がかかるかもしれません(ただ、円表記になったおかげで、値段が上がったソフトもあるそうで、以前のユーザーからすると一概に万々歳とは言えないかも?)。

ホリデーセール

さて、無事に反映できたとあっては、使わずにはいられません。しかも現在、年末年始のホリデーセール中で、ソフトの値段が驚くほど安くなっているもので、『信長の野望 創造PK』プレイをほったらかしにして、それこそ血眼になって、ソフトの物色に勤しみました。で、結果が以下。

Crusader Kings2

まず手始めにゲットしたのが『Crusader Kings2』。めちゃくちゃ難しそうなストラテジーゲームです。以前からプレイしてみたかったのですが、Amazonでアホみたいな値段がついていて、流石に手がでなかったもので、それが995円だったら、英語版オンリーでも買うしかありません(本作に関しては日本語化は不可能であるらしい)。某動画サイトでプレイ動画が幾つか挙がっているので、それを見て勉強します。

Banished

つづいて『Banished』。のんびり牧歌的な『シムシティ』みたいなゲーム。こちらも某所のプレイ動画で興味を覚えて購入(単体で手に入れるには日本ではSteamが一番てごろな模様)。792円なら例え出来がイマイチでも文句はありません。Modで日本語化が出来るようなので、さっそく導入して、システムに慣れねば。

Stronghold

こちらも以前からプレイして見たかった『Stronghold』シリーズ。RTSゲーの中では、初心者でも取っつきやすいゲームなのだそう。画像は『Stronghold Collection』のモノで、実際に買ったのは『HD』です(画像が見つからず)。そのお値段、なんと299円でした。安っ! 最初からテキストが日本語に対応しているので、システムを覚えるのは楽かもしれません。

Age of Empires II

最後がRTSゲーマーなら誰もが知っている『Age of Empires』シリーズ。とりあえず、セールをしていた『II』を購入しました。今でも大変に人気があるゲームだそうで、それが395円なら大満足であります。試しに触りだけプレイしてみましたが、テキストから音声まで日本語に対応しているので、取っつきやすさはピカイチでした。

Steamのクーポン?

以上、Steamで購入した4本の簡単な紹介でした。これら全てが2500円で買えてしまうのですから、いやはや凄い世の中だ・・・。やはりネックは、日本語に対応しているソフトが極めて少ないという事で、敷居の高さは相変わらずですが、WebMoneyが利用できたり、円表記になったり(上画像にありますように、ソフトを幾つか購入する(?)と該当ソフトが安く買えるクーポン券が配られるサービスもあったり)で、すこしづつ日本人に身近になった感じもするSteam。PCゲーライフの力強い味方になってくれるよう、上手に利用していきたいですね・・・・・・ってなところで、本年の更新はこれで最後。

来年もよいお年を!

【 2015/03/27 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)