第135回
テンション上がったり下がったり

なかなか仕事が落ち着かず、ただ土日はちゃんと休めるようになりました。寝てばかりいますが・・・。一応、ヒマな時に春から始まったアニメを一通りチェックしてみましたが、正直これといって面白そうなのはありませんでした。『マクロスFrontier』は確かに別格のクオリティでしたが、それも今後のストーリーの転び方次第という感じで様子見。『かのこん』は良くここまで原作に忠実にエロくしたものだと感心しますが、主人公の声に少し違和感が。ショタ好きにはかえって好感が持たれるかも? 他の作品も続けて視聴するには心惹かれるものがなかったのですが、『絶対可憐チルドレン』だけは荒削りながら先が少し気になる展開だったので原作を数巻かってみた所、なんだかエラくハマってしまいました。ギャクパートのアホらしさ加減は相変わらずの椎名節でしたが、日頃の仕事で疲弊している当方の心にはコレぐらいが丁度良かった模様。最大のオチが容易に想像できてしまうのが難ですが、それまでは面白可笑しい話で楽しませてくれる限り読み続ける所存です。アニメは意外とオリジナルな部分もありそうなので、そちらにも期待します。

さて、ゲームの話。今週はビックリするような新作情報が2本あって、当方のテンションも急上昇でした。1つは『月姫』移植の話。正直、TYPE−MOONにはもうピクリとも興味が無くなって、かなり前に情報として公開された『魔法使いの夜』も一応『月姫』との繋がりがあるのは判っていても、購買意欲にはとんと結びつかなかったのですが、流石に本家本元の『月姫』が移植されるとなれば話は別です。なんといってもギャルゲーヒロインで当方が2番目に好きなキャラである遠野秋葉の雄姿(?)が再び、しかもクオリティもアップして見れるのですから、そりゃあテンションも上がるってものです。もちろん、ファン待望のさっちんシナリオが追加されるのも嬉しいニュースでした。どうやら実際にプレイ出来るのは来年以降になりそうですが、それでも発売されるまでは心から期待して待ちたいと思います。あ、『歌月十夜』はデフォルトで本編に付いていますように。

もう1つ嬉しい情報が『スーパーロボット大戦Z』。過去日記の第20回で据え置き機に出て欲しいと書いていた『THE ビッグオー』がなんとこの作品に参戦する事が決定したのです。やたぁ! もう既にビッグオーをフル改造する気マンマンです。もちろん搭乗するのはロジャーとドロシーの2人ですよね? ですよね? ビッグオーの動きが遅いのはおそらく確定事項でしょうから、加速持ち要員にドロシー付属という事でバンナムさんヨロシクたのんますたのんますよ? いやはやテンションが上がりすぎて『THE ビッグオー』のDVDボックスまでも買ってしまいそうです。フルハイビジョンTVを購入した時にポイントが幾らか付いたのでそれを利用すれば・・・・・・(ゴクリ)。DVDボックスが売り切れていなければ、次回の更新は『THE ビッグオー』ネタでいきます。

ギャルゲーは今はほとんどプレイしていません。ヤル気もあまりおきず。ゴールデンウィークで頑張って”積みギャルゲー”を減らす予定ですが、『戦場のヴァルキュリア』があるのでなんとも(実は今更ですが『信長の野望・革新』を買ってしまってそちらもやりたいし・・・)。少なくともHOOK新作が出る前に『LikeLife』はクリアしたいもの。『恋姫†無双』も出来れば。ギャルゲーに関してこうもテンションが下がり気味なのは、『ToHeart2 AnotherDays』のまーりゃんシナリオがクソだったから。だったから。二度言ってみた。

【 2008/04/20 】

日記アーカイブ ゲームレヴュー
アーカイブ

管理者 :
ビーフストロガノフ(屠絵 味噌)